トレンドアフィリエイト

競合サイト・ライバルブログがいても「記事を書くべき」ケース

トレンドアフィリエイトでも、アフィリエイトでもそうですが、検索エンジンで上位表示することを目的に記事を書くことがあります。

そのとき狙うキーワードで上位表示できるかどうかライバル記事のチェックをします。

特にトレンドアフィリエイトをやってる方に多いのは、狙うキーワードでリサーチしたときに・・・

  • 検索結果にライバル記事を見つけたらそのキーワードは狙ってはいけない
  • 誰も狙っていない穴場キーワードを探さなければいけない

のように考える人が多いです。

この考えは間違いじゃないのですが、心が疲弊しやすい考え方なので、もう少し楽に考えてもいいです。

穴場だけを狙うと疲れてくる・・・

リサーチをかけたとき、ライバル記事がいたら狙うのをやめる。誰も狙ってないキーワードを狙う。

たしかにこの考えもありだし、トレンドアフィリエイトだったら話題のネタを狙うので、「おいしいキーワード」が見つかることもあります。

でも逆もおおいにあります。

特に初心者の方は探しても探しても「おいしいキーワード」が見つからないこともあります。

穴場キーワードがない!ここにもない!ここは?ない!こっちは?ない!・・・ない、ない、ないないないない・・・

みたいになって、ナーバスになることがあります。

そこで「適当なネタを使っててでも、書かないよりは数倍マシか!」って思って記事を書け人は、まだいいです。

実際、数倍マシだと、僕も思います。

でもずっとキーワード探しに時間を取られて、結局1記事も書かないという日が続くようなら、ほぼ間違いなく挫折の道を着々と進んでいるということです。

これは絶対避けなければいけません。

【判断基準】ライバル記事に勝てるかどうか?

だからこそ、リサーチしたときにライバル記事の有る無し「だけ」で、記事を書こうか辞めようかを判断するのはよくありません。

大事なことはライバル記事に勝てるかどうかで判断すること。

例えば

「仕事 行きたくない 人間関係」

というキーワード。

このキーワードを狙ってるブログ・サイトはたくさんありますが、上位表示されてる記事よりも、自分のほうが良い記事が書けそうだなって思ったら書くべきってことですね。

上位表示の捉え方は人それぞれかもしれませんが、僕的には上位3番目ぐらいまでと考えています。

需要の高いキーワードだったら「1ページ以内」が上位表示と捉えています。

力を入れた記事は上がる傾向にある

検索順位はブログの強さで決まることもありますが、記事の質でも決まることがあります。

  • ユーザーが満足できるような記事
  • ユーザーが納得できるような記事

はGoogleから評価されやすい傾向にあります。

いくら良い記事を書いても、投稿直後はすぐに評価されないこともあります。

でも数カ月ぐらい経つと、力を入れた記事は順位が少しづつ上がってくる傾向にあるんですよね。

上位表示されてる記事を真似する

じゃあリサーチをした後

俺(私)のほうが良い記事をかけるかもしれない

と思ったとき、どんなことを意識すればいいかって話です。

まずやっちゃいけないのが、オリジナルティを出すこと。

ライバル記事との差別化を図るためにオリジナルティを出すことは大事なことです。

でもそのオリジナルティはGoogleに評価されるかどうかはわかりません。わからないことに力を入れても無駄ですよね。

それよりも現在上位表示されている記事をチェックしてみることが大切。

Googleに評価されているからこそ上位表示されているわけですから。まずは上位表示されている記事がどういう内容を書いているか知ることが先決です。

そうすると上位表示されている傾向が見えてきます。その傾向を踏まえながら記事を書くほうが効率的です。

「上位表示の記事を真似する」+「オリジナリティ」だったらOK

それプラス、オリジナルティだったらありだと思います。

・・・オリジナルティじゃ難しいと思う人は、上位表示されてる記事が書き忘れている「穴」を探すってことを意識してみてください。

キーワードリサーチ中こういう「穴」に気づいたら狙ってもいいし、気づかないなら狙わなくてもいい、ってことは一つ言えると思いますね。

このあたり詳細は以下の記事をご覧になってみてくださいませ。

記事作成では上位表示させるために「真似」&「超える」を意識する「タイトルに沿った内容を書く」ということが記事作成において忘れてはいけない大事なことです。 あなたの記事に訪れるユーザーは、検索結...

ミニストップのソフトは朝6時がおいしい

上位表示している記事をチェックするのは本当に大事です。

これをやらないと自分の書きたいことを優先してしまうので、検索意図を無視した記事に仕上がってしまうんですよね。

例えばこの前驚いたのですが、なにげなくミニストップのことを調べていたら

ミニストップ ソフトクリーム 時間

っていうキーワードがありました。

僕はそのキーワードを見たときに、

  • ソフトクリームができあがるまでの時間はどれぐらいか?
  • ソフトクリームが食べられる時間は何時までか?
  • または24時間食べられるのか?

ってことを知りたい人が検索するキーワードのかなって思いました。

たしかにそういうことが書かれている記事もあったのですが、1位に表示されてた記事は

朝に注文するソフトクリームがめちゃくちゃうまい!

っていう内容でした。

簡単に説明すると、お客さんの少ない時間帯は5時とか6時なので、そのぐらいの時間にソフトクリームの機械を殺菌処理するらしいです。

その直後のソフトクリームがめちゃくちゃうまいから、朝6時ぐらいのソフトクリームがすごくおいしいみたいです。

早起きして食べてみたくなりますよね?

こういうのは実際に上位表示されてる記事をチェックしてみないとわかりません。

自分の予想だけで記事を書いてしまうと、検索意図とずれたことを書いてしまうことがあります。

ときどき予想できない検索意図のキーワードが見つかることがあるので、上位表示している記事をチェックするという癖をつることにしましょう。

やってみなくちゃわかりません

ライバル記事がいるから即狙わない、と決めつけるのはもったいないです。

ライバル記事がいても「勝てるかもしれない」って少しでも思ったらチャレンジしたほうがいいです。

狙ったキーワードで100%確実に上位表示できたら嬉しいです。でも100%はないです。やってみなくちゃわからない。

そう、SEOはやってみなくちゃわからないという性質があるんですよね。

記事を書けば必ず稼げるわけじゃない。でも稼げる人は記事を書き続けた人。記事を書くのはそれなりに時間がかかります。 ネタや内容によって30分以内書けることもありますが、ほとんどの場合は1時間以上かかるは...

だからこそ「いけるかな?」って少しでも思ったら積極的に書くようにすることをおすすめします。

ちなみに個人的には

  • わかりやすさ
  • 読みやすさ
  • 見やすさ

とかも、他ブログとの差別化になってきそうに感じます。

ブログ記事やアフィリエイトで使える「人を動かす」文字装飾のやり方ブログ内にある文章以外で目に留まりやすい順位といったら 画像 > 見出し > 文字装飾 > 普通の文字 かなと思っています。...

記事の質以外にも、視覚的なことを強化することで上位表示されやすくなるなんてこともあるような気がするんですよね。

このあたりは研究中です!

『無料PDF配布』&『無料メール講座』

5年以上ブログで稼ぎ続けている経験を元に、「月収1万円を稼ぐことに特化したブログノウハウ」を作ってみました。お気軽にダウンロードしてみてください。
ダウンロードしてみる
月収10万円以上稼ぎたい人への「メール講座」もやってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です