アフィリエイト

記事を書けば必ず稼げるわけじゃない。でも稼げる人は記事を書き続けた人。

記事を書くのはそれなりに時間がかかります。

ネタや内容によって30分以内書けることもありますが、おそらく1時間ぐらい・・・はかかるはずです。

場合によっては3時間以上かかるなんてこともあるかもしれません。

僕はこれまでにトータルで1000記事以上は書いてきました。

そのおかげで初心者の頃から比べると、記事を書くスピードも少しは早くなったかなって思います。

ただ最近は時間をかけることは気にしてません。

最近だったら「書くべきこと」を時間がかかっても書くようにしています。

そのため2時間とか3時間とか、あるいは5時間とかかかることは普通です・・・

しかし・・・。

僕もそうでしたが、初心者の頃は記事を書くのに時間がかかるほど、それなりのリターンを求めてしまいます。

こんなに力を入れて書いたんだから、この記事がそれなりに稼いでくれないとなぁ、みたいな。

記事書くのに頑張った時間=リターンとしての報酬

というものを求めてしまうんですよね。

でも、このイコールは成り立たちません。ある程度の記事数を書いたことのある人ならわかるはずです。

アフィリエイト初心者は、記事を書き続けた「あるタイミング」でこの事実に気づきます。

そのことで戸惑ってしまうことが多くなり、やがて

  • 「なんでこんなに頑張ってるのに稼げないんだろう」
  • 「じゃあこれからどこに力を入れたらいいんだろう」

と不安な気持ちがわいてくる、と。するとこれまで躊躇なく記事を書けたのにそれができなくなったり。

  • 「この記事書いてもアクセス集まらないんじゃないか」
  • 「こんなに必死に書いても誰も読まれないんじゃないか」

みたいな気持ちが湧いてきたり。

こうなるとだんだん記事を書くことにブレーキがかかるようになります。

記事を書けば必ず稼げるわけじゃない。でも・・・

そもそもアフィリエイトは「これをやれば必ず稼げる」という法則みたいなものはありません。

もちろんノウハウはありますよ。こういう行動をすれば、こんな結果になるというノウハウが。

ただ結果というゴールは1つでも、そこまでたどり着く道のり(行動)はたくさんあるんですよね。

月収10万円稼げた人が10人いれば、10通りの稼げた行動があるわけです。

誰一人同じ行動で稼げた人はいません。

アフィリエイトってサラリーマンとかバイトの逆なんですよね。

サラリーマンとかバイトって、月給とか時給でお金がもらえます。これだけ仕事をすれば、これだけのお金が必ずもらえるという。

でもアフィリエイトは違います。

会社に雇われてるわけじゃないので、会社からお金をもらえるわけじゃありません。

「頑張って記事書いてくれたからお金をあげるよ」なんて優しい言葉をかけてくれる人もいません。

だからこそ稼ぐためには記事を書かないといけないわけですが、記事を書いたからといって、必ず稼げるとは限らない。

・・・なんか、こう書くと絶望的な気持ちになる人もいるかもしれません(笑)

ただここが稼げる人と稼げない人に分かれる大事な境目だったりします。

稼げるというチケットを持ち続ける

ここで忘れたくないことは、

稼げるようになった人は、記事を書き続けた人である

ということ。

記事を書けば必ず稼げるわけじゃないですが、「稼げる」というチケットを手に入れることはできます。

記事を書かないと、このチケットすら手に入れられません。

アフィリエイトをやる人は、まずはこのチケットも持ち続けることを大事にしてほしいなって思います。

そうすれば初心者の頃は成り立たなかった

記事作成を頑張った時間=リターンとしての報酬

というイコールが少しづつできてきます。最初はイコールにならなかったのに、イコールに近づいてくるんですよね。

完全にイコールになることは無いですが、記事を書くことで稼げる確率を高めることはできるんです。

行動するべき「GOサイン」の判断基準

僕は今では、

「この作業をこれぐらい続ければ、おそらくこれぐらい稼げるようになる」

という数字が少しづつ見えるようになってきました。

もちろんそれは100の行動が、100の結果に繋がるわけじゃありません。

失敗することだってあります。

「この記事書いたら、こんな結果になるんじゃないかな」というワクワクと同時に少し不安もあります。

でも現実は、やってみないとわからないことばかりです。

例えばトレンドアフィリエイトだって、雑に書いた記事が爆発することだってあります。

いつも1時間かけて記事を書くのに、
15分ぐらいでササッと書いた1記事で10万円以上稼げてしまうとか(笑)

でもその15分の時間を、書くか書かないかということで悩んでいたら。

「書いても稼げないかもな~」という不安で記事作成を躊躇していたら。

その稼げたはずの10万円を手に入れることはできません。

  • 書いてみないとわからないから!と思って行動する人。
  • 書いてもきっとダメなんだろうな・・・と思って行動しない人。

この差はすごく大きいです。

もちろん僕だって「書いてもきっとダメなんだろうな」って思うこともたくさんありますよ。

たぶん稼げないだろうなと予想できるものもあります。

でも

「書いてもきっとダメなんだろうな」という気持ちのなかに、少しでも

「いや、もしも書いたら稼げるかもしれないな」

という気持ちがある場合。

それは、GOサインだと思ってます。絶対行動したほうがいい、と。

「書いてもきっとダメなんだろうな」と
「いや、もしも書いたら稼げるかもしれないな」

という2つの気持ちがあるというのは、悩んでいる証拠です。

この悩みを解決するには、記事を書いたあとの結果を知る必要があります。

書かなかったらずっとその悩みを持ち続けることになるし・・・

それってなんか気持ち悪いですよね^^;

とりあえず書いてから悩む

僕が大事にしてる言葉に、

やったからこそわかることがある、やらないとわからないことがある

というものがあります。

行動を大事にする人の強みってこれだと思うんです。行動したから得られる学び、というものがあるんですよね。

ここを大事にしたほうが絶対伸びます。

もちろん行動だけじゃなく、知識だって大事です。

でも知識を大事にする人は、それを手に入れればすべてがうまくいくと信じてる傾向があるかもしれません。

テストや受験だったらそれでいいと思います。でもアフィリエイトはそれじゃダメなんですよね。

知ってるのと腑に落ちてるのは違います。
知識だけを集めても稼げるようになりません。

例えば、僕はアフィリエイトで稼ぐのに、本屋で売ってるノウハウ本を買う必要はないと思います。

稼げるようになったらアリかもしれませんが、少なくともアフィリエイト初心者は必要ないんじゃないかなと。

アフィリエイトで稼ぐことを「お勉強」にしちゃいけません。

アフィリエイトで稼げる知識のほとんどは「記事を書く」という行動から学ぶことができます。

だからこそ・・・迷ったら、とりあえずでいいです。

とりあえず記事を書きましょ。

その後にまた迷ってもいいし、悩んでもいいので(笑)

そして少し迷ったり、悩んだりしたら、また記事を書く。

アフィリエイトで稼ぎたいなら、記事を書くという行動を大事にしながら1日を過ごしてほしいです。

誰にも読まれない記事を書いたとしても、まったく行動しないよりは全然マシなので。

行動できたという事実は、次の行動に絶対繋がるし、それを続けていけばいずれ稼げるようになります。

だって記事を書くというのは、稼げるという切符を手に入れてるんですから。

切符は常に持ち続けるべきです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です