top3

記事内の好きな位置にアドセンスを置けるAdSense Managerの使い方と設定

Pocket

トレンドアフィリエイトを実践している人はもちろんですが、ブログにアドセンスを張っている人は多いかと思います。基本的なアドセンスの貼り方として、記事の上下やサイドバーに貼るという人が多いでしょう。


記事上などはクリック率(CTR)が高くオススメの位置なんですが、最近ではスマホユーザーがPCユーザーよりもはるかに増えました。


その結果、スマホ画面のファーストビュー、つまりページを開いた状態の最初のページにアドセンスがドンッと見えてしまうことがGoogle的にNGと言われるようになってきています。

主に300×250レクタングル、336×280レクタングルのアドセンスについての指摘です。320×50モバイルバナーを記事上に表示させるのはOKです。


確かに、クリックが高い場所にアドセンスを配置するのはいいですが、ファーストビューでアドセンスがドンッと表示されるのって、ユーザーにとって有益とは言いがたいです(年々、Googleはユーザビリティを重視するようになってきてますよね)。


短縮コードでアドセンスを簡単に貼る

そこでオススメなのが記事内にアドセンスを貼るということです。


しかし、毎回毎回、アドセンスコードを貼り付けるのは面倒だと思うので、AdSense Manager(アドセンスマネージャー)というプラグインを使い、アドセンスコードを短縮させてしまうことをオススメします。


また、記事内の「moreタグ」にアドセンスを挿入できるMaster Post Advertというプラグインもとても使いやすいですよ。

アドセンスは一つのページに3つまでしか表示できないということも覚えておきましょう。



AdSense Managerの使い方と設定方法

,まずはワードプレスにAdSense Managerをインストールすることから始めましょう。


プラグイン→新規追加→AdSense Manager→インストール→有効化、という流れで進みましょう。プラグインのインストール方法自体がわからない場合は、ワードプレスにプラグインを導入する方法を参考にしてみてください。

                  

,次にアドセンスの広告コードを取得(コピー)しましょう。
782977aeb26ee3ff8a0b4efc6cdada48
                  

,広告コードを取得(コピー)したらワードプレス画面に戻り、「投稿」→「Ad Units」と進みましょう。そうすると下のような画面が表示されます。

「設定」→「AdSense Manager」ではないので注意!!
koukoku
                  

,Add your ad!(広告を追加!)という枠に、アドセンスコードを貼り付けます…が、その前に広告コードに「スポンサードリンク」をつけることをお忘れなく。貼り付けたらImportをクリック。

45aaccaadee9d0d7bccdd1ed83066c1b
                  

,Importをクリックしたら、以下の画面になったと思いますが、大事な箇所は「Display Options(どのページに表示するか)」です。「On Posts(投稿ページ)」だけをYESに変えれば大丈夫です(5つすべてYESに変えても問題ありません)。


終わったら、「save changes(変更内容を保存する)」をクリック

ccaff12a42e5820abc1c783f43fb7050
                  

,そうすると下のような画面になり、これは先ほどのアドセンスの広告コードが「co-1」に変換されたということです。
d19cdffbb4dd4fc6a5db7331499efa82

そして、記事作成画面でアドセンスを表示箇所に

[ad#co-1]

と挿入しましょう。


「co-1」というのは、先ほどの設定した名前(任意の名前に変更可能)なので、ここが「co-3」の場合は【ad#co-3】、「アドセンス」と変えた場合は【ad#アドセンス】と記事内に挿入します。

                  

,それでは実際に記事作成画面で[ad#co-1]と入力してみると・・・

dbd28d5e02ba6780063f67c2345e3988
                

b1d421453df13630af4855746b9fdd09
ちゃんと表示されているようになりましたね。



AddQuicktagに登録しておくと便利

作った[ad#co-1]はAddQuicktagというプラグインに登録しておくのが便利です。

5bdf99296da7e6bfb92150c9aee66f45
AddQuicktagはHTMLエディタにボタンを追加できるプラグインなので、AddQuicktag(アドクイックタグ)の使い方|反映されない?を参考に設置してみてください。


メモ帳などに[ad#co-1]をメモしておくという方法でもかまいませんが、面倒ですしね・・・



AdSense Managerをもっと効果的に使う

AdSense Managerにはさまざまな広告タイプを登録しておくことをオススメします。それによって記事によってどこにどんなタイプの広告を貼ればいいのか、ということを考えることができるからです。


もちろん、自分の好みのデザイン的にとか・・・記事内容によって広告のタイプを変えるとか・・・という方法で使えますが、一番の利点は広告タイプによってCTR(クリック率)を図れることにあります。


どの広告をどこに貼ったらいいのか、というのはだいたいの数字が判明されているようですが、自分でやってみることによって意外な発見があったり、以前よりもCTRをグッと高めることもできるので、是非チャレンジしてみましょう。

2 Responses to “記事内の好きな位置にアドセンスを置けるAdSense Managerの使い方と設定”

  1. ふちがみ より:

    ジョイさんこんにちわ。

    [ad#co-1]をAddQuicktagで登録するとき、開始タグ、終了タグはどう入力したらいいのでしょうか?

    • ジョイ より:

      ジョイです。

      [ad#co-1]は開始タグに入力し、
      終了タグのほうには空欄のままで大丈夫ですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ