プラグイン

ワードプレスにプラグインを導入する方法

自分で契約したサーバー内にワードプレスをインストールすれば、すぐにブログとして使うことができます。

ただそれだけじゃ

「素人でもオリジナルなブログを簡単に作れる」

というワードプレスの最大の強みを活かすことができません。

その強みを活かすためには、プラグインという拡張機能を入れる必要があります。

プラグインとは、スマホでいう「アプリ」のようなものです。

スマホも買っただけじゃ電話ぐらいしか使えませんが、アプリを入れることで便利さは広がります。

ワードプレスもスマホと同じように、プラグインを入れて「オリジナルブログ」を作っていきましょう。

プラグイン導入の基本操作

ここでは「AddQuicktag」というプラグインの導入方法を例に説明してみたいと思います。

プラグインをクリック

ワードプレスのトップ画面の左にある「プラグイン」から「新規追加」をクリック

0ba3d6b19675db522d336b6bdf7eba58

インストールするプラグインの名前を入力

今回はAddQuicktagというプラグインをインストールするので、検索窓に「AddQuicktag」と入力し「プラグインの検索」をクリックします。

9af28382595cb70fe900d20d3ff3cd15

プラグインをインストール

そうすると、AddQuicktagが一番上に出てきましたね。

(WordPressアップデートの関係で、表示される画像が違う場合があります)

インストールしたいプラグインであることを確認できたら「いますぐインストール」をクリックします。

9b9a4774a08bb6a86951466dc7ad1ceb

プラグインの有効化

プラグインが正しくインストールされると以下のような画面に変わります。

表示されたら「プラグインの有効化」をクリックしましょう。

プラグインをインストールしても「有効化」しないと使えないので注意しましょう。

b8e3b747738891ca7ff30d003bc1ca11

すると「プラグインを有効化しました」という文章とプラグインの一覧画面にAddQuicktag表示されていることが確認できます。

dad5c1e2fa52a547bc8fe593b3e1865f

プラグインのインストールはこれで終了です。

ただプラグインによって

  • 有効化するだけで使用可能なもの
  • 有効化後に設定が必要なもの

と2種類あります。

導入したいプラグインがある場合は、このあたりを把握した上でインストールすることにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です