作業効率化

記事を書く作業や勉強に集中できない…をバイノーラルビートで解消する

8a00906dbf3ee9c5f40008b6e1e41d1c

世の中で最も大事にしなければいけないことは時間です。お金は頑張れば稼ぐことができますが、時間は皆平等に与えられているし、限られていますし。

強制的に集中状態を作る

アフィリエイトをしている人は、それなりに継続して作業をする時間が必要になってきます。もしくは、空いた時間をみつけてコツコツとPCに向かうことを続けます。

しかし、「時間はすごく大事なものだ」とわかっていても、いざPCの前に座っても集中できないことがあります。

頭ではわかっていても、体がいうことを聞いてくれないことはよくあることですよね^^;

そんなときは強制的に脳を集中状態にもっていきましょう。そのために必要なのがバイノーラルビートです。

バイノーラルビートを聞くことによって、集中力を自然と高めることができます。強力ですので、使いすぎには注意してください・・・。


バイノーラルビートとは?

バイノーラルビートを簡単に説明すると、ヘッドホンやイヤホンで左右違う音を聞くことで発生する「うねり」(音のズレ)を作るということです。

この、うねりを聞くことによって集中力が生まれるわけです。

具体的に説明します。

アルファー波とかベータ波って聞いたことありますか?人間の脳には周波の段階がそれぞれあります。

  • デルタ波 ⇒ 0.5~4ヘルツ(熟睡している状態)
  • シータ波 ⇒ 4~7ヘルツ(浅い眠り、瞑想状態)
  • アルファ波 ⇒ 8~14ヘルツ(リラックス・集中している状態)
  • ベータ波 ⇒ 14~30ヘルツ(緊張・イライラ・深く考えている状態)
  • ガンマ脳波 ⇒ 30ヘルツ以上(興奮している状態)

気持よく寝てるときと、イライラしてる時の感じの違いはわかりますが、「あ、今10ヘルツくらいかな?」なんてことは当然わかりません(笑)

ただ、脳波には段階があって、それは自分の精神状態と大きくつながりがある、ということだけわかればOKでしょう。眠ることがどれだけ大事なことかも、わかりますよね。

で、上記の通り作業に集中している状態というのは、アルファ波にあることが理想なわけです。

では、どうやって8~14ヘルツの状態を保てるのかということなのですが、そこでバイノーラルビートを利用します。

さきほど、左右違う音を聞くことで…と言いましたが、その音の差で8~14ヘルツの状態を作ってしまうということです。

例えば、左耳に100ヘルツの音、右耳に108ヘルツの音を流していると、8ヘルツの差が生まれます。

脳がこの8ヘルツの差を埋めようと頑張っている状態が「集中」というわけです。

使い方

使い方は、単純に聞くだけです。

聞くだけなんですが、ポイントが2つあります。

1つ目は、ヘッドホンやイヤホンを使うということ。


左右のうねりを擬似的に作るので、スピーカーで聞いてしまうとうねりを認識することができません

それに周りの雑音によって、聞こうとしている音を消されてしまう可能性もあります。

ちなみに、YouTubeの音だと左右違う音で聞き取れないので、意味が無いように思えますが、実際には効果がありました。

左右別々の音じゃなくても、2つの異なった音を聞くことができていれば、すんなりと集中状態に入ることができます。

ただ、それでもイヤホンかヘッドホンは必須でしょう。

2つ目は、なるべく小さな音で聞くこと。


バイノーラルビートとは、自分から意識的に聞くのではなく、無意識に聞いている状態が望ましいと言われています。

BGMって基本的に音楽を聞いているようで、全然聞いていないような感じがしませんか?

あれと同じで、聞いてないようで聞いている状態が理想です。

認識はしていなくとも、自分の耳から振動が伝わって脳に作用していることは間違いありません。

注意点

使ったことのない人は、はじめ気分が悪くなってしまうかもしれません。

脳が疲れるというか…。そんな時は、すぐに使うことを辞めましょう。

使い続けていると慣れてきて、心地よく感じてくるということもありますが、適度に、少しずつ使う時間を長くしていくほうが望ましいと思います。

どこで聞ける?

YouTubeだと日本語で検索するのもいいですが、英語で検索したほうが音源がたくさんみつかります。

Binaural Beats

この単語で検索をかけてみてください。

また、YouTubeの音源じゃなく、ちゃんと左右別々の音で聞いてみたいという方は以下のサイトから、無料でダウンロードしてみましょう。

⇒ http://jetcityorange.com/binaural-beats/japanese.html

アルファ波やシータ波などの名称やヘルツが書かれているので、どの周波で聞きたいのか選べるのが嬉しいところですね。

また、スマホアプリではGeniLaxが使いやすいと思いました。
アンドロイド版もあります)

c9a6f93c1c004737d3b30a16c8492439

僕は毎日使っているわけではないですが、集中力が足りないと感じた時は即使うようにしています。

バイノーラルビートでもなんでもいいですが、「集中力が入るスイッチ」を自分で作っておくことで、作業効率が大幅に上がります。

作業には集中力が絶対必要なものなので、日頃から集中力を養うために努力をする…という考えをもつのは、とても有意義なことだと思いますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です