作業効率化

いらなくない?ブログ記事に画像・写真を貼るのがめんどくさい!

ブログ記事を書くときには当たり前のように画像を貼ります。

僕もブログ記事を書き始めたばかりの頃はそうでしたが、「みんなが貼ってるから俺も貼る」という感覚だったことを覚えています。

画像探しって面倒だし、けっこう時間が取られるんですよね。

記事に合うような画像が見つからないと30分以上画像探しをしてるときもありますし。

そう考えると時間の無駄だと思いません?

画像探しが時間の無駄だと感じる3つ理由

なんで「画像探しって時間の無駄だな~」って感じるんでしょうか。

前から思ってましたが、たぶんこんな理由が関係してるはずです。

理由1:いろんな画像サイトがありすぎる

画像サイトってめっちゃたくさんあるんですよね。

多くても10サイトぐらいかなって漠然と思ってたことがありましたが、その10倍以上ぐらいはあるんじゃないですかね。

海外のサイトを含めるともっとあります。

また画像の他にも、写真もあるし、イラストもあるし、シルエットもあるし。

・・・とそんな感じでたくさんありすぎて選ぶのに時間がかかってしまいます。

だからといって使いやすい有名フリー画像サイトを使うと、周りの人とかぶることがあるし。

有料の画像ならかぶることは圧倒的に減りますが、フリー画像サイトがたくさんあるのにわざわざ有料使いたくないしな~なんて思ってしまいますし^^;

理由2:他のことに時間に使ったほうが効率的

ここでの効率的という意味は早く稼げるようになるという意味です。

ブログの場合、大事なのは文章です。画像はサブ的な役割です。

画像を選びに時間をかけても収入が増えることはありませんが、記事をたくさん書いて投稿すれば収入が増える可能性は上がります。

稼ぎたいなら収入に直結するような作業を増やして、不必要なことを排除しなければいけません。

そう考えると画像選びは、収入に直結するような作業とは言えないかもしれません。

理由3:ユーザーは文章を読みに(情報探しに)きてる

先程の話と繋がりますが、ユーザーはブログにある情報を求めて訪れます。画像を見に訪れるわけじゃないですよね。

そう考えると、文章だけでもいいんじゃない?ということになります。

ユーザーに求められてないことを提供しても、ユーザーは喜ばないですからね。

画像を使わないデメリットはそんなにない

とはいえ画像を使わないとデメリットはたくさんあるんじゃないかなと思うかもしれません。

・・・でも少なくともブログ記事においてはデメリットってそんなにないんですよね^^;

だいたいこの2つぐらいじゃないでしょうか。

デメリット1:少し読みづらくなる

文章だけのコンテンツだと読みにくいと感じることがあります。それを防ぐために記事に画像を入れて読みやすくするわけですね。

たしかに画像にはそういう役割はあると思いますが、でも逆に言うと、読みづらくなることを防げればいいわけです。

じゃあ画像じゃなくてもいいわけです。

例えば、

  • 段落や改行をとる
  • 1文を短くする
  • 文字装飾を使う
  • 枠やボックスを使う

などを意識するわけです。

こういうことを意識すれば、画像がなくても読みやすいコンテンツは作れますよ。

デメリット2:少しわかりづらくなる

例えば、道案内が必要な記事なのに、地図の画像がなければわかりづらいはずです。

そういうときは絶対地図(画像)は必要だと思うんですよね。

関連記事

【画像の使い方】アフィリエイトやブログで効果的な3パターンを紹介

でも多くの方が使うような、アクセントとしての画像とかイメージさせるための画像(画像サイトにあるような画像・写真・イラストのことですね)となると「必要不可欠」ではないはずです。

こういう画像はなくても記事として成立するし、文章だけでもわかりづらくなることはないと思います。

もし、文章だけでわかりづらくなるであれば、その文章(伝え方)に問題があるんだと思います。

時短できるテンプレート画像の作り方

ただ、画像を貼らなくても大きなデメリットはないけど、貼らないよりは貼ったほうがいいわけです。

貼ったほうがコンテンツとしての総合評価は高まるはずなんですよね。貼ったほうが読みやすく見やすくなるんですから。

でも画像探しに時間をかけるのは嫌だし、めんどうだなって思ってしまう、と。

そんな人は、「画像テンプレート」を作っておくことをおすすめします。

作っておくと、記事を書いてるときに「今回はこんな画像テンプレートを使おう」という感じで、時間をかけずに貼ることができるようになります。

やり方はこんなステップで。

  • step1:ジャンルによって決めておく
  • step2:使い回す

step1:ジャンルによって決めておく

トレンドアフィリエイトだったら芸能ネタで使う画像、季節ネタで使う画像のようにあらかじめ決めておきます。

特定の芸能人じゃなくちゃ使えない画像、特定の季節ネタじゃないと使えない画像じゃ意味がありません。

どんな芸能人でも使える、どんな季節ネタでも使えるという汎用性の高い画像を作っておきます。

1つだけじゃなくて、いくつかパターンをつくっておいても構いません。

季節ネタだったら春夏秋冬それぞれ2パターンづつ、合計8パターン用意しておくとかです。

その他にも、アドセンスの記事だったらこの画像、WordPressの記事だったらこの画像…という感じで準備をしておきます。

step2:使い回す

画像を準備しておくことができたら、あとはそのジャンルに合う画像を使い回すだけ。

画像を使い回す人ってけっこう少ないと思うんですよね。

前に書いた記事で使った画像は、次に書く新しい記事で同じ画像を使っちゃダメという意識があるのかもしれません。

例えばトレンドアフィリエイトのようなリピーターが付きにくいブログだったら、記事に訪れるほとんどは新規ユーザーです。

新規ユーザーにとって見れば記事内で使われてる画像が別の記事に使われてることはわかりませんし・・・

使い回すには2つのやり方があります。

(1)同じ画像をそのまま使い回す

step1で用意した画像をそのまま使うやり方です。加工もする必要ありません。

もちろん使う場所は変えてもいいと思います。

記事タイトルの下で使ってもいいし、見出しの下で使ってもいいし、アクセント的に使ってもいいし。使いたい場所に使えばOKです。

(2)少し加工しながら使う

画像は用意しておきますが、少しだけ加工して使います。

一番メジャーなやり方は、画像に文章を加える方法です。

例えばこの記事では、以下の画像を使ってますよね。

記事を読むともっとわかりますが、吹き出し内の文章を変えるだけで何度もこの画像を使ってます。すごく楽です(笑)

あと、見出しの文章を「見出し下に画像化」するっていうのも楽です。

同じように例えば花火大会の記事を20記事ぐらい書くなら、花火大会の画像を1枚だけ用意しておきます。

そして記事ごとに画像内の文章を変えます。それだけで20パターン作ることができます。

加工するのにほとんど時間はかかりません。1分ぐらいあれば終えることができるはずです!

画像探しは暇なときに探せばOK

画像が必要なときに探すのもいいですが、時間に余裕があるときや、作業に集中できないときや、やる気がでないときとかに一気に作っておくのがいいですよ。

決めるときは「どのジャンルで、どの画像を使うか」というルールをハッキリ決めておくことがポイントです。ここだけ忘れないようにしておきましょう。

ちなみに僕はジャンル関係なくフリー画像サイトで

  • 使えそうな画像
  • 面白そうな画像

を、探してストックしておくのが好きでときどきやってます。

息抜きに最適だし、どんな画像が見つかるのかわくわくして楽しいですよ。趣味に近いかもしれません(笑)

学生時代に古着のTシャツが流行った時期があって一点物を探すのがわくわくしましたが、あんな気持ちですね。

さいごに

ブログにおいて画像は必ず必要なものじゃありません。

画像がないと成り立たない記事もありますが、ほとんど記事は画像なしで成り立たせることができます。

とはいえ画像はないよりはあったほうがいいのは間違いありません。

ご紹介したような画像テンプレートを作っておけば、画像を貼り付ける作業も短縮させることができます。

かなり作業時間を短縮できるし、効率的な進め方だと思うのでぜひ取り入れてみてください。

ブログで使う画像・写真のサイズはこのぐらいがベストです。

次の記事>>>ブログやアフィリエイトで使う画像・写真の最適なサイズ・大きさを知る方法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です