グーグルアドセンスの違反には警告、停止、アカウントの無効の3種類がある

Pocket

custom-google-adsense-logo

アドセンスを使うということは、それなりにルールがあるためにそのルールから外れてしまった場合は罰則が課せられることになります。

つまり、アドセンスを使うことができなくなるということです。


しかし、それは「一回目は許すけど、何回も同じことをしたら許さないわよ!」と叱る段階があるのと同じようにアドセンスの違反にも段階があります

具体的に言うとアドセンスの違反には3種類(3段階)あり、警告停止無効があります。

警告が軽く、無効が最も重い罰という意味です。


違反の連絡が来てしまった場合は、現在はどの段階なのかを自分で把握し、早急に対処するようにしましょう。

Googleは違反に対してどのような判断をするのか?


下記の動画はGoogleの社員の方が違反について説明している動画です。



この中に違反をした場合にどのような対処をするのか、ということを話しているので、まとめてみます。

29分24秒あたりからはじまる、【ポリシーチームのアクション】という説明をみてみましょう。


・・・


この中で印象的なことは「そんなに簡単にはアカウントを無効にしませんよ」ということです。

よくアドセンスを利用している人のなかには「知らないうちにアドセンスが無効になったらどうししよう」とビクビクしている人も多いと思いますが、グーグルが提示する期間内に修正をすればそれほど怖くはありません。

動画を見ていただければわかるとおり「そんなことする人もいるの?」というちょっと驚くような悪意のある行動をしない限りは大丈夫かと思われます。


もう一つは違反にも種類があるということなので、その種類である警告、停止、無効の3つの特徴を比べてみましょう。

これらの違反はサイトに対するものなのか?アカウントに対するものなのか?と、2つに分けられますのでこれも覚えておきましょう。

警告


ますは3段階のなかでも最も軽いのが警告です。

これはあるときアドセンスが表示されなくなったとか警告メールが届いた、などでわかるかと思います。


警告の特徴は72時間以内に指摘された箇所を訂正する、ということです。

72時間以内にサイトを修正できたと自分で判断すれば、「ちゃんと修正をしました!」という報告はしなくてもOKです。

グーグルが問題なしと判断すれば、72時間を過ぎてから自動でアドセンスが表示されることになるます。


しかし、72時間以内に修正が確認できないとなると第二段階での罰則である「停止」という処分がなされます。



停止


停止は30日間アドセンスが表示されないという罰則です。

30日の間にどれだけ早く修正を行って再審査の要請をしたとしても、停止と言われたら30日はアドセンス広告が表示されなくなります。
(ときどき、Google側が早く再審査を受理して30日以内に「復活」される場合もあるそうです)


この30日以内にコチラから連絡をしなくても、グーグルは確認にするようですが、そこで修正を確認できなかった場合は最も悪い状況であるアカウントの無効が言い渡されます。



無効


文字通り、アドセンスのアカウントが使用できなくなってしまうということです。
(グーグル自体のアカウントではなく、アドセンスのアカウントのことを指します)

アカウントが無効になってしまうと、復活させることは不可能と考えてもいいでしょう。


こうなってしまった以上、ブラックリストにのってしまうと同じ状況なので自分の名義でアドセンスのアカウントを作ることはできません。
(そうなってしまった場合、別名義や別住所で取得するという方法がありますが、今回はその話は省略します)


しかし、極稀に違反してしまった理由や誠意のある謝罪、これから二度と同じような過ちをしないという気持ちが伝わるような文章・・・を書き何度も再審査をお願いすると奇跡的に無効のアカウントが復活する場合もあるそうです。



ここまでの状態になってしまうのは稀なことでもあるし、グーグルは厳しいと言えど違反の項目を読んでみると当然の内容ばかりです。
AdSense プログラム ポリシー

わからない言葉も多いかと思いますが(カタカナなど)、調べればすぐにわかることばかりですのでアドセンスを使用している方は一度熟読するべきでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ