top3

やってはいけないアドセンスの掲載位置や貼り方の違反例

Pocket

custom-google-adsense-logo

アドセンスを利用するにあたっては守らないければいけないルールというものがあります。

このルールを守らない場合はアドセンスの使用を停止されたり、もっとひどければアカウントを削除され二度と自分の名義でアドセンスを取得できないという自体にもなります。

主な違反例はグーグルアドセンスの広告表示が停止や違反になる理由の一覧で示したとおり、広告主の視点や一般常識やルールを考慮して考えれば当然のことばかりです。

その中の一つにアドセンスの掲載位置や貼り方に関する注意点は多く、こちらに関してもGoogleの社員が直接注意を促している動画あったので、それをまとめてみました。



知っておくべきアドセンスの掲載位置や貼り方について

 
それではさっそく動画をみてみましょう。全部で約38分の動画の中で広告掲載の違反例という箇所に注目してまとめてみます。

時間に余裕のある方は一度動画に目を通すと、今後アドセンスを使うことに対してビクビクしなくなるのでオススメです。

 
  1. メッセージによるクリックの誘導(3分45秒~)
  2. 広告に似せたフォーマット(5分07秒~)
  3. 画像と広告の並列配置(8分01秒~)
  4. 広告の不適切なラベル付け(8分51秒~)
  5. スクロールせずに見える範囲に広告しかない(10分16秒~)
  6. ユーザーをだます広告プレースメント(14分14秒~)
  7. 不自然なアピール(15分54秒~)
  8. ポップアップ内の広告(17分25秒~)
  9. 広告をゲームの前に再生(18分32秒~)
  10. 操作領域に近すぎる広告掲載(19分20秒~)
  11. 動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトで広告掲載(22分44秒~)



 

1,メッセージによるクリックの誘導(3分45秒~)

 
アドセンス広告に対して「ここをクリックしてください」「クリックのご協力を」などクリックを促すような発言をしてはならないということです。

直接的な言い方だけではなく、「こちらのサイトはアドセンスの収益により成り立っています」といった遠回しの表現もアウトです。

 

2,広告に似せたフォーマット(5分07秒~)

 
コンテンツとアドセンス広告がほとんど同じの場合です。リンクユニットという広告タイプを例に話をしていましたね。

リンクユニットと全く同じような文字の大きさやリンクの配置、文字のバランスなどを意図的に作った場合はアウトです。ここまでくると「間違ってやってしまった」というレベルではありませんね。

文字だけの広告、テキスト広告に対しても同じことが言えるでしょう。

 

3,画像と広告の並列配置(8分01秒~)

 
さきほどのリンクユニットの話と似ていますが、今度は画像の広告、イメージ広告についての指摘ですね。

イメージ広告と同じサイズの画像を並べて掲載することはいけません。

086ef40acb3e210e8e356b5070c4d0891
 

4,広告の不適切なラベル付け(8分51秒~)

 
「1」の話と似ていますが、ラベルは広告とわかるように表示ましょう。

ここでGoogleの社員が推奨しているのが「広告」もしくは「スポンサードリンク」という表記ですので、この二つのどちらかを使っていれば問題ないでしょう。

「お気に入りリンク」などはNGのようです。

123334

 

5,スクロールせずに見える範囲に広告しかない(10分16秒~)

 
以前、スマホのファーストビューにアドセンスをドンッは規約違反になる可能性がでお話したように、おもにスマートフォンに多い、ファーストビューにコンテンツがなくアドセンス広告だけ・・・というのがNGだそうです。

12分24分あたりから、かなり具体的に主に問題となるレクタングル広告(正方形に近い広告)について話していますので見ておきましょう。

 

6,ユーザーをだます広告プレースメント(14分14秒~)

 
「こんな人もいるんだなー」と少し驚いてしまったのですが、動画を再生するときに画面の真ん中に表示される「▶」のボタンの上にアドセンス広告を貼るのはNGということです。
(上の動画にも▶マークが真ん中にありますよね?)

っていうか、そんなの当たり前だろと思ってしまいますが、こうやって丁寧に説明しない限り「ダメって言ってなかっただろ」とクレームを言ってくる残念な人がいるんでしょうね。

悪質を通り越して、何も言う言葉がみつかりません。

 

7,不自然なアピール(15分54秒~)

 
画像を使って何気なく広告のあることをアピールすることや、追尾型(自分がスクロールしてもずっとついてくる広告)にしたり、フローティング広告(クリックするとボワッと浮かび上がる広告)などについて言及しています。

 

8,ポップアップ内の広告(17分25秒~)

 
ポップアップアップ内に広告を貼っていけません。フローティング広告がNGと少し似ていますね。

 

9,広告をゲームの前に再生(18分32秒~)

 
ゲームをする前の読み込み時間に、アドセンス広告貼るということです。こんな人もいるんだーとこれも少し驚きましたね。

ユーザーの待ち時間を利用するということで、悪意のあるというかずる賢いというか・・・

 

10,操作領域に近すぎる広告掲載(19分20秒~)

 
「3」の並列配置にも関係あると思いますが、いわゆる誤クリックを促してしまう配置のことでしょう。

故意に広告の近くにリンクを置くことが禁止されていますが、興味深かったのが「具体的にどのくらい離せばいいのか?」という話です。

ここまで離せばOK、ここまで離してないからNGというとそれはちょっと違う…という前置きをしながらも、目安としては150ピクセルと言ってました。

150ピクセルとはセンチに直すと、1.27センチみたいですね。


よくアドセンスを配置している人の中で文中に貼っている人がいます。
(個人的にもオススメしています)

これは誤クリックを促すような行為なのかなという心配がありましたが、この話だと大丈夫らしいですね。その変わりラベルを記入することや、ある程度改行をとることでコンテンツと広告の間を開けたほうがいいのかもしれません。

 

11,動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトで広告掲載(22分44秒~)

 
言葉だけ聞くと難しいかもしれませんが、メールやチャットのある場所(動的なコンテンツ)にアドセンスを置かないでくださいということです。

アドセンスはコンテンツマッチと言われてる、コンテンツに合わせた広告を自動で表示できるようにしているのでそれができない・・・というのも理由の一つだそうです。



以上11の注意点をあげましたが、この他にもアドセンス広告は1つのページに3つまでしか貼れないということも覚えておきましょう。

動画をみての全体的な感想は、よっぽどおかしいことをしない限りは停止やアカウント無効にはならないということです。

ユーザーの視点、広告主の視点を考えればアドセンスを貼る側の視点もわかるし、それはGoogleが望むことでもあります。

万が一、広告表示の停止があった場合は、コチラを参考にアカウントの無効という最悪の自体を逃れるために全力で訂正をすることにしましょう。




コメントを残す

サブコンテンツ