Akismet(アキスメット)の使用方法とAPIキーを料金無料でget!使い回しも可能

Pocket

ワードプレスでブログを運営していてアクセスが増えてくると、同時に厄介なものも増えてきます。それはスパムです。国内だけではなく、海外からもくるので必ず対策することが重要です。


スパム対策として、オススメのプラグインがこのAkismet(アキスメット)。Akismetはスパム対策コメントを自動的に選別してくれるので、たいへん便利なものです。


実はこのAkismetというプラグイン、ワードプレスをインストールすると自動的にAkismetもインストールされていたのをご存知でしょうか?


知らなかったという方も、知っていたけど使ってなかったという人も、設定するのは難しくないので必ず有効化しておきましょう。


Akismetの設定方法



1,すでにワードプレスにインストールされていると思うので、まずは有効化しましょう。

万が一、Akismetを削除してしまったという人は、もう一度インストールしましょう。プラグインのインストール方法がわからない方はワードプレスにプラグインを導入する方法を参考に進めてください。

                  

,有効化ができたら、Akismetの設定画面に移動しましょう。

d86b6ff8c45dc8678ce458369feb2ea3
                  

,「新しいAkismetキーを作成する」をクリックします。

123
                  

,「GET AN AKISMET API KEY」をクリック。

b014129386b3bd3e210bdeab1de2d2ef
                  

,そうすると下のような画面に移動します。

90e28f76020aef9045a8524f60b9da13

①E-mail Address → ここでしか使わないので捨てアドでOK
②Username → ここでしか使わないので自由な名前でOK
③Password → ここでしか使わないので忘れてもOK


記入したら「Sign Up」をクリック

                  

,すると、クレジットカードの目印を見る限り、お金を支払わなければいけない雰囲気になりますがそんなことはありません。右側にある$36という数字をドラッグしながら左側にずらすと$0になります。

【追記】Akismetの登録方法が少し変わったようで、以下の画像が表示されないことがあります。新たな操作方法ははこの記事の最後を御覧ください。


そして、「First name」と「Last name」を入力します。
(あまり大きな声で言えませんが、これも適当でOKです…)

b363506941e25a2863d926c0c783bae3
                

24d90a8c93b858f92dfa9ec94d0f151d
                  

,そうすると、APIキーが無料で取得することができます。

33cb0f1b4128c72eff179090cb4a3c8e
※一度APIキーを取得すれば別のブログにも利用できます。使い回しもOKです。

                  

,APIキーを取得することができたら、3,「新しいAkismetキーを作成する」の画面に戻り、「キーをすでにもっています」をクリックし、キーを入力します。

3e40cb2c9f4093a3d2e8f1414c197e31
                  

,この画像になりましたら、無事設定が完了したことになります。

a79ac41089e60a97592840110df7a862

一度、設定してしまえばあとはOKです。自分のブログにアクセスが集まるようになってくると、知らぬ間にスパムがつきますが、Akismetがあればこれで一安心です。



【追記】

Akismetが仕様が変わったようですが、以前と同じで無料で利用することができます。
(上の手順で言うと「5」の次あたりですね。)

以下の矢印で記した箇所をクリックして、必要事項を記入すればOKです。

9eeb683fea194a2e2126e6d0be662033

2 Responses to “Akismet(アキスメット)の使用方法とAPIキーを料金無料でget!使い回しも可能”

  1. デフォルトのプラグインの設定は? | 『まんぴつ』倉庫 より:

    […] Akismet・・・スパム対策として必要 […]

  2. […] Akismet(アキスメット)の使用方法とAPIキーを料金無料でget!使い回しも可能http://zaitaku-hukugyo-net.com/425.html […]

コメントを残す

サブコンテンツ