top3

【トレンドアフィリエイト】速報系と未来予測系のタイプ比較

Pocket

ereregd
キーワード選定には速報系を狙うか未来予測系を狙うかという2種類があります。


速報系はその名の通り、ニュース速報をネタとして記事を書くことでです。それに対して未来予測系は流行を予想しておくことで、あらかじめ「記事を仕込んでおく」という方法です。


どちらもそれぞれ特徴があるので、分けて考えてみたいと思います。


速報系の特徴

ニュースサイトというとこの速報系のイメージが強いですよね?


素早く新しい情報を届けるということが、ニュースサイトのあり方の一つだと思います。それと同じようにトレンドサイトを作るということですね。


ヤフーニュースなどから速報系のニュースを見つけることができますが、「ニュースになる前の情報」を早めにキャッチすることも大事なことです。


そのために、以下のサイトを一日に何度もチェックしておくのが良いでしょう。

ヤフーリアルタイム
ヤフー急上昇ワード
gooキーワードランキング



また、速報系にはいくつかの特徴があるのでまとめてみたいと思います。


  1. インデックスの早さが重要
  2. サイトの強さが必要
  3. 単発で終わる可能性がある
  4. 焦る・・・



1,インデックスの早さが重要

速報系を書くためにはインデックスの早さが必要になります。

「今まさに注目されているニュースを書く」わけですから、記事を投稿してから2~3日経ってからインデックスされるようでは意味がありません。

新しくサイトを開設したばかりだと、遅ければ1週間たってからインデックスされるということもよくあります。

そのため、自分のサイトのインデックスがどれぐらいの早さなのか、ということをいつも把握しておくことは大事なことです。



2,サイトの強さが必要

これも「1」と関係があることですが、サイトの強くなるためには、アクセスが集まっている状態、インデックスが早くなっている状態のことです。

速報系のニュースは多くの人が注目しているので、どうしてもライバルが多すぎたりずらしの能力がないと大手サイトと同じキーワードで勝てることができません。

芸能人の結婚の情報が流れたとしても「芸能人名 結婚」で大手サイトよりもの上位表示できる可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

また、ずらしの能力に自信がない人は速報系はオススメできません



3,単発で終わる可能性がある

速報系の一番のデメリットはこれでしょう。

上手くハマれば確かに大きなアクセスを得ることができますが、それは単発で終わってしまう可能性が非常に高いです。

単発でアクセスが来たキーワードがのちに、関連ワード(虫眼鏡キーワード)に変わる場合もありますが、それはあまり保証できることではないです。

爆発を狙い一時的な底上げするために、単発のネタを狙うという戦略がある場合はいいかもしれません。

ただ、いつも速報系ばかりを狙ってしまうと、作業がラクになりません。つまり、アクセスの安定を求めるならば速報系ばかりを狙うのは得策ではないと言えるでしょう。

トレンドアフィリエイトでアクセス増やしながら安定を同時に得る方法



4,焦る・・・

これはオマケみたいなものですが(笑)

速報系は「早く記事を書いてインデックスさせないと、ライバルに先にアップされてしまう」という焦りがあります(笑)

そうすると、どうしても記事を書くのが雑になってしまうんですよね。(僕だけなのかもしれませんが)

Googleはコンテンツが重要視しているということは間違いのないことなので、雑になりすぎるのだけは気をつけましょう。

(必要であれば、あとから追記などをしましょう)



未来予測系の特徴


  1. インデックスの早さが関係ない
  2. ビッグキーワードを狙いやすい
  3. ジャンルが幅広い
  4. ハズレることがある


1,インデックスの早さが関係ない

これはスピードが命の速報系とは違い、未来にヒットする記事をあらかじめ準備しておくということなのでインデックスの早さはあまり関係がありません。

早めに準備をしておくということができるので、サイトを開設したばかりの人はまず未来予測系からはじめるべきです。



2,ビッグキーワードを狙いやすい

これはどういうことかというと、例えば新人の女優さんがいたとします。

今はあまり出演している作品がないけれども、のちのち注目を浴びるであろうことを見越してビッグキーワードを使い記事を書いておきます。

タイトルはビッグキーワードとスモールキーワードとで分けて考えよう

「今はあまり人気がない」というのがポイントで、つまりライバルがほとんどいないためにビッグキーワードで上位表示しやすいということです。

これは検索件数が少ない人であればあるほどに、自分のサイトが弱くても上位表示できます。ということでイト開設したばかりのサイトには有効であるといえますよね。



3,ジャンルが幅広い

未来予測系というのは、「今後ヒットするであろう記事を書くこと」です。トレンドになる可能性の高いネタがたくさんある=ジャンルが幅広いということになります。

それだけ早く、これから流行るであろうネタをみつけることができれば、ライバルゼロのジャンルを見つけ出すことができます。



4,ハズレることがある

これだけ紹介すると未来予測系のほうが絶対に良いと思ってしまいますが、やはり欠点もあります。

それは予想がハズレる場合があるいうことです。

特にトレンドを始めたばかりのころは、せっかく前もって準備をしておいたのにハズレてしまった・・・ということが多々あります。

(これがあるからこそ、どんなものが流行るのかがわかるようになるんですけれどもね)

しかし、宝くじは買わないと当たらないように、やはり記事を書いてみないとわかりません。宝くじよりも良いのは、「失敗の原因がわかる」ということです。

失敗こそが自分のスキルアップに大きく役立つという考えをもって、どんどんと未来予想系を書いてほしいなと思います。




ざっと、速報系と未来予測系を説明してみましたが、やはり基本的には未来予測系を狙っていく、そして徐々に速報系もチャレンジしていく…という流れをとるのがいいかと思います。


また、人によって速報系に向いている人、未来予測系に向いている人とタイプもあるので、どちらでも大きなアクセスを得る経験を一度はしておくべきでしょう。



コメントを残す

サブコンテンツ