【トレンドアフィリエイト】速報系と未来予測系のタイプ比較

Pocket

ereregd
トレンドアフィリエイトで狙うネタには、速報系と未来予測系があります。

簡単にいうと、

  • 速報系は、話題になったばかりの最新ニュースをネタとするやり方。
  • 未来予測系は、近い将来注目されるネタをあらかじめを仕込んでおくというやり方。
ということになります。

どちらもそれぞれ特徴があるので分けて考えてみましょう。


速報系ネタの特徴

基本的にヤフーニュースのようなニュースサイトって、新しい情報をいかに早くユーザーに届けることができるのかが役割です。

古い情報を「最新ニュースです!」なんて取り扱ったりはしません。

トレンドアフィリエイトで扱う速報系のネタも同じ。

新しい情報をネタとして使い記事を書いて、早くユーザーに情報を届ける、ということがポイントとなるわけです。

また、ニュースサイトで速報系のネタをその場で見つけることができますが、「ニュースになる前の情報」を早めにキャッチすることも大事なことです。

例えばヤフーニュースを例にあげても、
  • SNSで話題になっていたからヤフーニュースで取り上げた
  • スポーツサイトで話題になっていたからヤフーニュースで取り上げた

のように、今後話題になる火元をできるだけ早く押さえておくことも、速報系ネタを扱う際の大切な考え方です。

そのために以下のようなサイトを一日に何度もチェックしておくも重要です。

そんな速報ネタですが、どんな特長があるのかまとめてみます。

  1. インデックスの早さが重要になる
  2. ブログが強いと有利
  3. アクセスの上昇が一瞬で終わる可能性
  4. とにかく焦る・・・

インデックスの早さが重要になる


速報系ネタを書くなら

インデックスの早さ(自分のブログが検索エンジンに掲載される早さ)が絶対条件

です。

「今まさに注目されているニュースを書く」わけなので。

記事を投稿してから2~3日経ってからインデックスされるようでは意味がありません。

新しくブログを開設したばかりだと、遅ければ1週間経ってからインデックスされるということもよくあります。

そのため自分のサイトのインデックスがどれぐらいの早さなのか、ということをいつも把握しておくことは大事なことです。

自分のブログのインデックスが遅い場合は、まずはコンスタントに記事更新を続けること。

それによってインデックスが3日かかっていたのが、1日になり、数時間になり、数十分になるので。

またインデックスが遅いけど速報系を狙いたいという場合は、

「この速報ネタが話題になったということは、数日後、どんなことが注目されるのか」

ということを予想しながら記事を書くといいと思います。

これは訓練次第で誰でもできるようになるので、まずは意識することから、です。



ブログが強いと有利


速報系のネタは多くのトレンドアフィリエイターはもちろん、企業や大手サイトが記事として取り上げることが多いです。

そうすると必然的に「彼ら」よりも上位表示しないと、大きなアクセスを集めることは難しくなります。

同じネタで、同じキーワードを使って、開設して1週間しか経ってないブログと、3年以上運営してるブログがあったら、後者のブログのほうが上位表示しやすくなるんですよね。

だからこそブログが強いに越したことはありません。

ブログを強くするためには、

  • 定期的に記事を更新する
  • 常に一定のアクセスが集まってるようにする
  • 離脱率が下げ、滞在時間の伸ばす工夫をする
・・・など、もっといろいろありますが、簡単に言うとGoogleから良い評価を受ける必要があるということです。

あ、ブログが強くなくとも速報系は全然狙えますよ。
  • キーワードをずらす
  • ネタの先読み
  • 記事の濃さ
  • 記事更新のスピード
などで、ブログの弱さをカバーすることができるので。



アクセスの上昇が一瞬で終わる可能性


速報系の一番のデメリットかなと思います。

速報系のネタって注目度が抜群に高いので、大きなアクセスを得ることができます。

その半面、一気にアクセスが集まったら、一気にアクセスが下がることが多いんですよね。

そのため速報系ばかりを狙ってしまうと、作業がラクになりません。

それは稼ぎ続けるためには、毎日毎日記事を書き続けないといけないわけですから。

つまり、アクセスの安定を求めるならば速報系ばかりを狙うのは得策ではないと言えるでしょう。

どうせトレンドアフィリエイトをやるなら、作業をすればするほどラクになるようなやり方を意識していったほうがいいです。

そのため僕は大きなアクセスを集めるよりも、少しづつ右肩上がりにアクセスを伸ばして安定させるブログ作りをオススメしています。

トレンドアフィリエイトでアクセス増やしながら安定を同時に得る方法

ただ、一時的にアクセスを集めるというのは悪いことばかりじゃありません。

瞬間的にでも大きなアクセスを集めたあとは、ブログが強くなってることが多いので。

たぶん大きなアクセスを集めれば

「お、このブログは良い記事を書いてユーザーに評価されてるんだな」


とGoogleが評価するんでしょうね。

ブログ全体のアクセス底上げするために、速報系を狙うという戦略がアリです。



とにかく焦る・・・


速報系は「早く記事を書いてインデックスさせないと、ライバルに先を越されてしまう」という焦りがあります。

少しでも記事更新が遅れてしまうと、大きな損失をしてしまうんじゃないか・・・

そんな強迫観念が常にあるような気がします。

するとどうなるかというと、完成した記事の質がものすごく低くなります。

かろうじて日本語として読めるけど、何を伝えたい内容なのかわからない、知りたい情報がどこにも書かれていない文章に仕上がります。

速報系は記事更新のスピードが大切になってくるので、多少仕方のない部分はあります。

ですので、速報系を書く場合は、
  1. できるだけ早く更新する
  2. あとから記事修正(追記)をする
という2段階に分けて作業することにしましょう。

そうすれば早く投稿することもできるし、あとからゆっくり記事修正をして良い記事を仕上げることができるので。



未来予測系ネタの特徴

速報系ネタは鮮度の高いネタを使って素早く記事を書くというスタイルですが、未来予測系ネタはその反対。

近い将来話題になる出来事をネタとして使って記事を書くというスタイルです。

例えば、お正月のネタって毎年アクセスを集めることができます。

そういうネタを夏まっさかりの8月に記事を書いてしまうとか。

速報系ネタだとせかせかしてる印象ですが、未来予測系ネタだとそういったことはありません。

いくつか特長があると思うので、こちらもまとめてみます。

  1. インデックスの早さが関係ない
  2. ビッグキーワードを狙いやすい
  3. 狙えるネタが幅広い
  4. ハズレることがある


インデックスの早さが関係ない


未来予測系ネタは、スピード命の速報系とは違い、未来にヒットする記事をあらかじめ準備しておくスタイルです。

そのためインデックスの早さはあまり関係がありません。

それはインデックスのスピードが遅い開設したばかりブログに向いてるということになりますね。

インデックスのスピードを早めたいという人は、開設したばかりでも速報系ネタを狙っていっても良いでしょう。

その際は「インデックスのスピードが遅いという前提で速報系ネタを狙っていく」ということを考える必要がありますが。



ビッグキーワードを狙いやすい


上位表示できれば安定して大きなアクセスを集めることができる「ビックキーワード」というものがあります。

ビックキーワードはライバルの多くが狙っているので、競争率が激しいんですよね。

でも未来予測系ネタを使う&ビックキーワードを使う、だったらけっこう上位表示することができちゃいます。

どういうことかというと、例えば新人の女優さんがいたとします。

今はあまりテレビや映画に出演してないけど、今後必ず注目されるという情報を知ることができた。

(例えば、注目ドラマに出演することが決まった、「今年注目の女優」にランクインされた、など)

その女優さんをネタとして使い、ビックキーワードを使って記事を書いておくという戦略です。

タイトルはビッグキーワードとスモールキーワードとで分けて考えよう

今はあまり注目されていないということがポイントです。

それは今はまだライバルがほとんどいないという状態なので。

検索需要の少ない人(ネタ)であればあるほどに、自分のブログが弱くても上位表示できます。



狙えるネタが幅広い


未来予測系ネタは、今後ヒットするであろう記事を書くことです。つまり、

注目される可能性の高いネタを事前に見つけられる=狙えるネタが幅広い

ということになります。

できるだけ早く、今後流行るであろうネタをみつけることができれば、ライバルのまったくいないネタを見つけることができます。



ハズレることがある


未来予測系ネタはけっこうメリットがたくさんあるんじゃないのかなと思ってしまいますが欠点もあります。

それは自分の読みがハズレたことを知るまで時間がかかるということ。

せっかく前もって準備をして記事を書いておいたのにハズレてしまった・・・ということが多々あるんですよね。

もちろん速報系ネタでも書いてハズレることはあります。

でも速報系ネタの場合は記事を書いてインデックスがされれば、すぐに自分が狙ったネタ&キーワードが正しかったのか、間違っていのかという判断がしやすい。

正しい、間違いの判断がしやすければ、正しい部分は伸ばして、間違いの部分は正せるように修正して・・・ということができます。

未来予測系ネタの場合はそれをするのに、どうしても時間がかかってしまうということですね。

しかし、宝くじは買わないと当たらないように、やはり記事を書いてみないとわかりません。

そしれ宝くじよりもだいぶマシなことは失敗の原因がわかるということ。

失敗こそが自分のスキルアップに大きく役立つんだぐらいの気持ちで、未来予想系ネタも積極的に書いてほしいなと思います。



さいごに

簡単に速報系ネタと未来予測系ネタを説明してみました。

ぶっちゃけ速報系ネタを中心に狙っていったり、未来予測系ネタを中心に狙っていったり、そのあたりはどっちでも構いません。

僕は未来予測系を狙っていき、ときどき速報系もチャレンジしていくのがいいかなって思ってますが、そのやり方が万人に当てはまるわけじゃないですし。

どちらにせよ、速報系に向いているか、未来予測系に向いているか、というのは一度チャレンジしてみないとわからないと思います。

だからこそまずはどんどん記事を書いてみる。

そして失敗もたくさんしてみる。

こういった姿勢が大事なんじゃないかなって思います。

やらなきゃわからないし、やったからこそわかることがある。

だからこそ難しく考えずにまずは積極的に稼ぐための行動をしていきましょう。


コメントを残す

サブコンテンツ