フリーでおすすめftpソフトであるffftpの使い方

Pocket

ftp-logo-it

ワードプレスをはじめたら、アクセス解析やウェブマスターツールなどと同じように、なるべく早く導入していただきたいのがFFFTPです。

これはFTP(ファイル転送プロトコル)というができるソフトで、多くのアフィリエイターが導入しているソフトです。


ワードプレスというブログは、サーバーにあるためPC画面(プラウザ)から操作をすることが基本ですが、FFFTPを導入することで、そこからもサーバーにアクセスができるようになり、サーバー上にある大切ファイルを書き換えたり、cコピーすることができるようになります。

そんなに大切なもの?


まったくの初心者はどんなことをするのか、さっぱりイメージがつかないし、なるべくわけのわからなものに関してさわりたくもないですよね?

僕ははじめこのソフトを使うとき、「すごく重要な場所をいじるし、難しそうだから触りたくない」と思ってました。


しかし、使い方を覚えておいて良かったと思ったのは、テーマ編集を自由にいじりすぎてプラウザでワードプレスの管理画面に入ろうとしたとき画面が真っ白になってしまったことです。

もう、パニックでした・・・


しかし、FFFTPを使いなんとか「元の状態」に戻すことができたため、使い方を知っておいてホント良かった・・・という経験があります。

ワードプレスのバックアップも必ず定期的に行いましょう。


で、実際に使ってみると「難しそうだな」という印象もありますが、ほとんどのことがネットで検索すればわかることばかりですし、それほど敷居が高くないと実感できますので、設定方法を覚えておくことにしましょう。


FFFTPの使い方


まずはこのサイトからFFFTPをダウンロードをしましょう。もちろん無料です!

特に難しい手順を踏まなくとも「次へ」を押し進めていけばインストールができるかと思います。
                  

ソフトのインストールが完了したら、次に自分のサーバーにアクセスできるように設定をしましょう。

当ブログはエックスサーバーの使用をオススメしているので、エックスサーバーにアクセスできるため手順を例に説明したいと思います。


デスクトップのショートカット「FFFTP」をクリックします。

f03c54c66282f46edfcb73c9733b6ea3
                  

そうすると、ホスト一覧の右側に「新規ホスト」がありますので、そこをクリックします。

3dac3ba12660667296432d552afcbbd4
                  

ホストの設定画面に移りました。

62071d89992164ab594

ここで記入が必要になってくるのは4箇所あります。

  • ホストの設定名
  • ホスト名
  • ユーザ名
  • パスワード


この4箇所にそれぞれ必要事項を記入するのですが、準備してもらいたいものがあります。

それはエックスサーバーを契約し終えたときに、送られてきた「Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」です。


このメールを少し下にスクロールすると、「サーバーアカウント情報」があります。

必要なのは3つ。FTPホストFTPユーザーFTPパスワードです。
                  

  • ホストの設定名 ⇒ 好きな名前(覚えやすい名前)
  • ホスト名 ⇒ FTPホスト
  • ユーザ名 ⇒ FTPユーザー
  • パスワード ⇒ FTPパスワード

62071d89992164ab594212c82c028437

このように、ホストの設定で必要事項を入力しましょう。

設定が終わったら「OK」をクリック。
                  

「接続」をクリックします。

296603a7b0861e61d7882ce4a1486714
                  

そうすると以下のような画面になり、ここからサーバーへアクセスができるようになります。

38062f7356ce209b82a4257fb05bb0e8

左側が自分のPC内の情報で、右側がサーバー内(サイト内)の情報です。
                  

下の赤い線の部分が、「/サイト名/public_html/wp-content/plugins」となっている場合、
現在はサイト名public_htmlwp-contentpluginsと進んでいるという意味なので覚えておきましょう。

fc0a60156b75242103d7c9e29d68bc2a


FFFTPは「この設定を行う場合に必ず使うことになる」…というものではありませんが、サイト運営者にとっては必須のソフトとなります。

使い方自体それほど難しいものではありませんが、「間違っていじっていまって元に戻せない」ということを防ぐために、丁寧に行うこととバックアップは忘れないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ