WP-Copyright-Protectionでブログのコピペ対策&リライトも減らせる?

Pocket

ce928dd5c8791ccae0dca51e5cc8957c_s
基本的にアフィリエイトをするためのコンテンツ作りは、文章を書かなければいけません。ですので、それなりの作業量が必要とされるために、誰でもラクをしたいと思ってしまうのが普通です。


そのため他人の文章をコピー(スクレイピング)したり、リライト(元記事を参考に書き直す)をする人がいる必ずいます。


自分のサイトを守るための対策

Googleはコンテンツを重視するのために、他の誰かと似ている文章は「オリジナルじゃない」とみなし、そのサイトに対してペナルティを与えます。


もちろん、自分ではコピーしないつもりでも、自分の文章をやられてしまったら「自分のコンテンツの方がコピーである」とみなされてしまう可能性も十分にあります。
(それを防ぐためには以下のどちらかのプラグインを使用しましょう)

プラグインPubSubHubbubとPuSHPressの比較と使い方。違いはある?


そのため自分のコンテンツをコピーされない対策が必要となるのですが、そんな人にオススメなのがワードプレスのプラグインである WP-Copyright-Protectionです。


Copyright-Protection(著作権保護)というタイトルの通り、このプラグインを導入することで2つの効果が発揮されます。

1.文字をドラッグすることができない
2.右クリックをすることができない


もちろん、これで完璧にコピー対策が出来るということではありません。文章(パクられる人の文章)を見ながら、文章を書く(パクる人)という人もきっといないわけではないと思うので、100%防げるというわけではないかと思います。


しかし、おそらくコピーをする人も思考は「いかに簡単に手っ取り早くコンテンツを作る」ということを第一と考えているので、それすらしない気がします。ですので高確率でコピペを防げるでしょう。


また、リライトする人もほとんどの人は「一度コピーした文章を直す」という作業をするので、リライト防止にも役立つかと思います。



WP-Copyright-Protectionの使い方

ワードプレスのメニューから「プラグイン」→「新規追加」→「WP-Copyright-Protection」と検索をかけ、「いますぐインストール」→「有効化」をしましょう。

d42e30c65016b4ac8bf78923b4def2d6
詳しいプラグインのインストール方法は、ワードプレスにプラグインを導入を参考にしてください。


特に設定を必要とせず、これだけであなたのサイトを右クリックできなくなります。


追加設定

インストールして有効化をするだけで使用することができますが、2箇所設定を変えることができます。


「設定」→「WP-Copyright-Protection」に進みましょう。

0200b23bb06e5453214158d6622384f6
                  


そうすると以下の画面に移ります。

38fe5bcd3dcf7576e777afc499a47ff1

■ Exclude Pages ⇒ ページ除外設定
■ Disable for registered users ⇒ ログインしてるユーザーのコピー可、不可



ページ除外設定をしたい場合は、ページIDを入れ半角コンマ「,」で区切ります。


2つのページID確認方法



  1. 記事作成ページの上でIDを確認
  2. d693ec90f4d4f3d28eb877009ec0a597-e1397704389776
  3. 「投稿一覧」で作成したタイトルをマウスオーバー(マウスをのせる)してIDを確認
6c57343080fa565c33e21b0373d0da7e

どちらかの方法を使いページIDを確認し、半角コンマで区切りましょう。

                  

「Disable for registered users」はチェックをいれるだけで、ログインしているユーザーのみプレビュー画面や投稿画面でコピーやドラッグすることが可能になります。



このサイトは多くの人に参考にしてもらいたいので、このプラグインは使用していません。コピーが必要なときもあるでしょうし。
(でもコンテンツ全部をコピーするということだけは控えてくださいね)


トレンドサイトを運営している方には必須のプラグインだと思いますので、導入してみてください。


また、誰かがコピーしたことをサイト運営者に知らせてくれるというCheck Copy Contentsというプラグインもあります。


誰かがコピーしてくれる=必要とされているコンテンツ、という裏読みもすることができますので、コピー対策以外にもユーザーの気持ちを理解することができる便利なプラグインだと思いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ