アフィリエイトするならメールでお問い合わせし質問を!返信しない人も…

Pocket

5556249000_bc16f0a5bb
アフィリエイトに興味がある人は、またはアフィリエイトを実践しているが大きな壁にぶつかってしまった人。

そんな人はネット上で情報を集めるのもいいですが、実際に稼いでいるアフィリエイターさんに直接サイトから質問をしてみるのも良い方法だと思います。


ほとんどのアフィリエイターのサイトの場合「お問い合わせ」や「メールで質問」などが必ずついているので、そこからお問い合わせをしてみるということです。

例えば僕の場合は、こちらからお問い合わせすることができます。



実は僕自身も他のアフィリエイターさんの記事を読んで疑問に思ったことは聞くようにしています。

ブログの記事を読んでみて疑問に思ったことがある場合、すぐに行動を起こしています。


質問する人というと初心者だけがするものだというイメージがありますが、全くそんなことはなく、質問する人に条件はありません

わからない人が聞く場所でもあるので、質問する人の条件があるとしたら「わからないことがある」ということでしょう。


なかには質問してくださいねと言ったのに、まったく返信をしてこない人もいます。

ただ単に忘れているのか面倒くさいだけなのかわかりませんが、これはこれで「こんな人もいるんだなー」という勉強にもなります。


聞くことによって得すること

実はブログの記事を読んでる最中に、疑問が浮かんでくる人というのは結構多いです。

そして「お問い合わせ」があることに気づくのですが、ほとんどの人はそこから先に進むことはしません。


  • こんな低レベルな質問をしていいのか?
  • 相手に迷惑がかからないか?
  • 冷たくあしらわれたりしないか?


僕も以前はそうでしたが、質問をする前にこのようなことを感じてしまって躊躇してしまうんですよね。


しかし僕がサイトを運営できるようになった今、正直に言わせてもらうと…


質問が来るということはめちゃくちゃ嬉しいことです。


「低レベルな質問とか」「面倒くさいなあとか」こんな気持ちも起こることはなく、逆に、「こんな俺に質問してくれるなんて…(泣)」という気持ちになります。

文章にすると嘘臭いかもしれませんが、本当に嬉しいんです。



また、質問することのメリットにこんなこともあります。

  • 質問しても大丈夫なんだなという、安心感
  • 稼いでいる人とコンタクトが取れたという経験
  • コミニケーションが取れたことにより、自分のマインドが成長できる


これらは単純に疑問が解消できるということ以外の話ですよね。質問することによって得られたことです。

もしかしたらこっちの方が将来的に財産になる可能性は大きいと思います。


アフィリエイターのどんなところを判断するか?

質問をすれば当然ながらそのアフィリエイターがどんな人なのかということも何となくわかります。

最低でもこの2つはチェックしてみましょう。


1,自分の悩みや疑問を解消してくれたか?補足情報はあったか?


自分のモヤモヤが解消されるということは最低条件ですが、それプラス補足情報が書いてあったりすると嬉しいですよね。

イメージとしては1質問したことに対して、10で答えを返す…ような感じです。

必要最低限の返信よりもこっちの方が自分のことを考えてくれてるんだな、と思うのは当然のことです。


2,どれぐらい時間がかかったか


これも結構大事なことです。

質問をして24時間以内に返してくれるのと、1週間もかかってしまうのではその人の印象に雲泥の差があります。

僕の経験で言うと、質問をしてから3日以内で返してくれる人というのは、とりあえず合格ラインかなと思っています(笑)



信用の基準は人それぞれなので、その人と自分との相性もありますが、どの人について行けば自分はレベルアップすることができるのかという視点で質問を沢山すると、ネットビジネス界のメンターに出会える可能性が高くなりますよ。


お礼を言う


ちなみに質問が返ってきたらお礼のメールをすることも忘れずにしたいところです。

お礼を返す人はアフィリエイターも覚えているし、これからも応援してあげたい気持ちになります。

というか、僕は答えてもらったのだからお礼を言うのも当たり前だと思っているのですが。


質問をするという行為でも「相手が質問してもいいと言ったから、勝手に質問しただけだ」と「自分のために時間を割いてくれてありがたい」と思うのか。

どちらの気持ちでいようとその人それぞれの考えで構わないと思いますが、どちらの方がお互い気持ちは良いのかということはいうまでもありませんね。


今後、このアフィリエイターとは関係がないからといって軽くあしらうのではなく、ぜひこの文章読んでるあなたには、「一期一会」「win-win」という気持ちをもって対応してほしいなと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ