top3

トレンドブログのタイトルの付け方には記号や区切りを!SEO的にも問題なし!

Pocket

327122302_bbc4a3935b
ブログを書くに最も注意深く考えなければいけないことの一つにタイトルがあります。


トレンドアフィリエイトでは特にタイトルの良し悪しで(キーワード選定)で、結果が決まってきます。


なるべく検索件数の多いキーワードをタイトルに入れることがポイントですが、トレンドアフィリエイトで効果的なタイトルを決めるコツや文字数に書いたように、いかに自然なタイトルをつけるかです。


タイトルを見ただけでトレンドサイトとわかってしまうと、Google的にも好まれないし何より検索者に関心を持たれなくなってしまいます。


タイトルはビッグキーワードとスモールキーワードとで分けて考えようで書いたように狙うキーワードを入れることは大切ですが、いかにトレンドサイトと Google や読者にに思われないように、タイトルをつけること以外にも記号の使い方にも意識したいところです。


トレンドサイトでよくみられる記号

タイトル作成でよく見られる記号といえば「!」や「?」が挙げられると思います。「!」を使うことによって文書を強調させることができるし、「?」を使うことによって読者にも同じ疑問を持ってもらうことができます。


もちろんこの方法は効果的なのですが、毎回タイトルをつけるときにこの記号が入っているブログだと正直僕はあまり読みたい気持ちになりません。


それにトレンドブログというと、どうしても内容が薄くなり手を抜いてしまいがちになるので、余計に強調されるタイトルと、薄い内容の比較が大きくなり、過剰なタイトル付けという印象がついてしまいます。


ですので僕は記号を使うなとまでは言いませんが、記号の使い方にもっとバリエーションを持って欲しいなと思います。



オススメの記号

では実際に僕がトレンドアフィリエイトで使っていた記号をここで紹介したいと思います。


強調するときは【】を使う

 
「かっこ」という日本語で変換できます。このカッコはよく目にする人も多いかもしれませんね。

特にタイトルの始まりに使っている人をよく見ます。

【注目】 【衝撃スクープ】 【画像】



このカッコは楽天で使われていることが多いです。

32b2ea75056a7471b6e166566b74c7bb

普通の「」と比べると、こっちの方が目立つし自然と目を向けてしまいます。



文章をつなげたり、区切るときは- ・ /  | &を使う



- → ハイフン
・ → 中点(なかてん)
/ → スラッシュ
| → 縦線
& → アンド



効果的なタイトルを決めるコツや文字数では、文章と文章つなげる時に◯では、「や」「で」「と」「は」「が」「の」「を」使いましょうと書きました。


もちろん基本的にはこれを使って欲しいのですが、うまく単語と単語が繋がらなかった場合は、これらの記号が有効に使います。


僕は中点を「・・・」という使い方をしたり、「と」の代わりに&を使うことが多いですね。


少なくとも「芸能人 熱愛 彼女 名前」などのようにキーワードの間に空欄を入れることはあまりオススメできません。

明らかに上位表示をするためのも目的で書かれたタイトルであることを自分から言っているようなものですもんね。



アクセントを付けたいときはwwwを使う


よく2ちゃんなどで見られる記号ですが、すっかり一般的に浸透しているのでwwwを使うことで「何か面白い情報が書いてあるんじゃないか」と興味を誘うことができます。


タイトルが32文字以上だとwwwの文字が検索結果に反映されないので、タイトルの文字数が少ない場合に使うことにしましょう。



SEO的にマイナスになることはない

これらの記号ですが、SEO的に良くないという話も聞きますが正直関係ないと思います。


このことにより大きく検索順位が下がったり、全くインデックスされなくなったりという経験は少なからず僕はありませんし、そいう話も聞いたことはありません。


その証拠に、記号だけで検索をかけてみてください。全く検索エンジンに引っかからないということがわかります。

26e084c9b4195fb432b83cc982a01785
つまりそれだけ検索注意には関係のないことだし、キーワードを装飾する役割でしかありません。
(&とwwwは文字に入るので表示されます)


装飾品ですので重要なパーツではないということですね。


タイトルを引き立てやすく、見やすく、読みやすく、そしてつまらないタイトルにならないためにこれらの記号も使えるということを覚えておきましょう。



One Response to “トレンドブログのタイトルの付け方には記号や区切りを!SEO的にも問題なし!”

  1. […] Googleからペナルティを受ける可能性が高まるので、気をつけましょう。 解決法 ● タイトルで「?」や「!」を使う場合は、原則1回と考える ● その他の使える記号はこちらを参考 […]

コメントを残す

サブコンテンツ