トレンドアフィリエイトのサイト名をつけるコツや考え方

Pocket

scrabble-domain
こんにちは、ジョイです。


トレンドアフィリエイトを実践することを一言で表すと、いかにキーワード選定を上手くやるか、ということでしょう。


これができるようになると、トレンドアフィリエイトで9割成功していると考えて文句をいう人はいないと思います。


意外と重要なサイト名の決定

このようにタイトルを考えるということを学んで欲しいのは大前提としてあります。


それプレス、ブログには記事タイトル以外にもう一つ考えなければいけないのがサイト名(ブログ名)です。


サイト名は直接報酬と直結することはないために、ほとんどの人は適当につけてしまっています。


どんな単語を使う人が多いかというと、

  • ニュース
  • トレンド
  • エンタメ
  • 流行り
  • 速報
  • 最新etc…

これらはブログの記事を読んでいなくても一発でどんな内容なのか想像できるようなタイトルばかりですが、マイナス点があります。



小さなことにも気を配る

「どんな内容なのか想像できてしまう」・・・つまり、多少なりともペナルティを受けやすくなるということです。


手動ペナルティとは、グーグルの担当者が目視で(手動で)判断をしています。トレンドサイトはどちらかと言えばGoogleに嫌われる傾向にありますので。


グーグルの担当者に見つからないように、サイトタイトルを変更しておく。これは確かに、セコいような気もします(笑)


ただ、汗水たらして作った稼ぐ仕組み(トレンドサイト)が壊れてしまう可能性を低くするためにはやはり必要なことだと思います。


トレンドサイトを運営する場合には、こんな小さなことさえも気に留めておく必要があるでしょう。


ちなみに、トレンドの基本原則は「安全策をとる」、「怪しいことはなるべくやらない」です。


ということなので、なるべく一発でトレンドサイトとわかるサイト名はつけないようにしましょう!!



サイトタイトルに関係なく上位表示できてるサイト

でも、実際によーくみてみると、ひと目でトレンドサイトだとわかるようなブログでさえも長く上位表示され生き残っているサイトがたくさんあります。


どうやら、サイト名がありきたりなものでも生き残ることができる方法があるそうですね。


これは、おそらくですがブログの方向性がしっかりしているからだと思います。

  • ニュース ⇒ ある年齢層が興味を持つニュースをまとめる
  • エンタメ ⇒ 特定の芸能人の話題を中心に書く
  • 流行り ⇒ ツイッターで話題になったネタを並べる
  • 最新 ⇒ 最新ニュースが入ったら持論を中心に話を進める


ブログの方向性をもっと簡単に言うと、ジャンルを狭くするということです。


恋愛のこと、新しいイベントのこと、スポーツ選手ことなどごちゃまぜにしないということです。


イメージとしては「ごちゃまぜ系」と「特化」の間くらいと思ってもらえば、いいかと思います。



読者の立場で考える

「このブログは一体どんなブログなのか?」という方向性がわかっているブログは手動ペナルティを受けづらい印象です。


どんな方向性でブログを作るかは、何でもアリだし無限だと思います。


それは何も新しい情報、鋭い視点、斬新なアイディアをブログに混ぜることじゃなく、どんな切り口を作るかという問題です。


「自分だったらどんなブログが読みたいのか?」ということを考えるクセをつけるだけでその答えは案外早く見つかります。



・・・とりあえず、初心者の方はトレンドサイトとわかるようなタイトルをつけない、ということだけ覚えておいてください。



コメントを残す

サブコンテンツ