トレンドアフィリエイト

これから流行るネタやキーワードを先読みして爆発させる方法

トレンドアフィリエイトって、投稿するタイミングを逃してしまうと「書き損」をするというイメージがありますよね。

せっかく記事を書いたのに、
ネタが注目されてるピークが過ぎてしまったらアクセスは集まらないというわけです。

だからこそネタが注目されてるピーク時に素早く記事を書くのがいいと言われています。

・・・ただ、これでもいいのですが、できれば記事はピークの前に書くのがベスト。

ピーク時に記事を書くより、ピークの前に書けば右肩上がりに伸びてきたアクセスも集められます。

そのほうがピーク時に記事を書くよりも、
数倍多くのアクセスを集めることができることもあるんですよね。

速報ネタのような急にニュースが飛び込んでくるようなネタは先読みが難しい場合もあります。

速報ネタは以下の練習をすることによって先読みができるようになりますよ。

関連記事

速報ネタのキーワード選定を上達させる練習方法

こうやってピークの前に記事を書くには、先を読む力が必要になってきます。

その「先を読むためのコツ」はだいたい3つぐらい考えられるので順に紹介してみます。

ネタの次の展開を知る

速報ネタなどはニュースがあった直後~需要のピークまでの間に記事を書かないとアクセスが大量に集まりません。

つまり投稿タイミングを逃したら、記事が無駄になってしまうというわけです。

でもそのネタが発展するとしたらどうでしょう。

ネタが発展するとは、例えば『逃げ恥』ってものすごく流行りましたが、最終回を迎えると「逃げ恥ロス」という現象が起こりました。

「逃げ恥ロス」は、『逃げ恥』の人気が出てきた頃には誰も予想してませんでした。

でも最終回が近づいてくる段階で「逃げ恥 ロス」というキーワードを使って記事を書いていたら・・・。

大量のアクセスを独り占めすることができたと思います。

これがネタが発展する、という意味です。

同じような形でネタが発展することってたくさんあります。

そしてこういうネタだったら、おそらくこういうキーワードが検索されるようになるということも決まっています。

僕はこういう「ネタ+キーワードのアクセスが集まる鉄板のパターン」の存在に気づくことができたので、高い確率で爆発を起こすことが可能になりました。

このお話はメルマガでしてるので、気になる方はチェックしてみてください。

・・・と、話がズレてしまいましたが、

このネタの次の発展を予測することは、トレンドアフィリエイトでよく言われる「ずらし」の応用した形だと思います。

これができるようになるために基本のずらしもしっかり理解しておくことにしましょう。

  

毎年必ず検索される出来事を知る

  • この季節になったらこういうネタが検索される
  • 毎年必ずこの話題が盛り上がる

というものを把握しておくということです。

わかりやすいのは年度ネタ

虫眼鏡のような関連キーワードに「○○ 2018」があったら、来年に「○○ 2019」も検索される可能性が高いということ。

また毎年ある時期に値上げされる商品があるとしたら「○○ 値上げ 2019」で検索される可能性があるわけです。

こういう年度ネタは探すとたくさんあります。先読みのやり方もけっこう簡単なので初心者の方にはオススメ

未来の流行がわかる情報源を知る

これは「2」のように毎年話題になる出来事を知ることではありません。

「このサイトをみれば・・・
「この雑誌をみれば・・・
「このテレビ番組を観れば・・・
 少し先の未来に流行ることが予測できる!

という種類のものです。

例えば芸能記事を書く人ってウィキペディアを参考にする人は多いと思います。

そのほとんどが

  • その芸能人のプロフィールを書くため
  • その人の経歴や趣味を書くときのため

に参考にしていると思います。

これらの情報は「過去の情報」だと思いますが、
ウィキペディアって「未来の情報」も載っているんですよね。

例えばその芸能人が今後出演するドラマや映画の情報を知ることができたりするので。
これって未来の情報ですよね。

今これを書いてるのが2018年1月ですが、広瀬すずさんのウィキペディアを覗いてみましょう。
↓ ↓ ↓

・・・こんな感じで、少し先の未来に注目されるドラマや映画が載っていることがわかります。

ドラマや映画ってだいたい検索されるようなキーワードって決まっています。するとそれらのキーワードを使って早めに投稿することもできますよね。

ドラマや映画によってはまだ名前も聞いたこともない俳優・女優を発掘できたりしますし。

この方法はウィキペディア以外でも使えます。

美容系なら「どこのサイトをチェックすれば未来の情報を手に入れることができるのか」を探してみるとか。

どんなネタでも情報源さえ見つけることができれば、少し先の流行りを知ることができるようになります。

さいごに

  • 1.ネタの次の展開を知る
  • 2.毎年必ず検索される出来事を知る
  • 3.未来の流行がわかる情報源を知る

以上、先を読むためのポイントを3つ紹介しました。

先を読むために考えて予想することはもちろんですが、積極的に手を動かすことも大切です。

自分の頭だけで考えるというのは限界があるんですよね。

例えば「1」は少しばかりの経験をいりますが、「2」「3」については手を動かしてリサーチすれば見つけることができます。

リサーチすればするほど穴場ネタもたくさん見つけることができるはず。

そうすれば自分だけが独り占めできるネタやキーワードが増えていって稼ぎやすくなりますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です