ツイッターのツイートURLを使いブログに引用する方法

Pocket

twitter

あるとき、他のブログの方の記事を読んでいるとツイッターのツイートを記事内に埋め込んでいる人もみつけました。

ツイートを記事内に埋め込むだけで、一気にその記事自体が「まともに」みえるし、それを参考に文章をするということもできるのでやってみたいなーと思っていもどうすればいいのか、わかりませんでした。

そんなときはツイートの文章を引用したり、キャプチャしてました。。。


が、意外と簡単にできることがわかったのでまとめてみます。


調べてたら、なぜか「ワードプレスの進化もこうやって進化するんだなー」というちょっとずれた結論にいたってしまいました。

僕がはじめてツイッターを記事内に貼ることができるとわかったのは、プラグインの存在でした。

oEmbed Tweetというプラグインをインストール、有効化して、記事内に貼り付けたツイートURLを入力するだけで、記事内に貼ることができるという優れものです。


ツイートURLの表示の仕方はこんな感じです。
                  

まずは左下にある「開く」をクリックします。

d85fbd71a26f0b311c1abc6f99248b3e                  

続いて、日時の脇にある「詳細」をクリック。

1bd0662a576117f064160a129db80bd8
                  

そうするとツイートURLを表示されます。

4c959a711d902ce788b407b4a1251e81


これを記事作成画面に貼り付けるだけでOKです。


こんな感じ
↓ ↓ ↓



(ワードプレス記事作成画面)
9db3953172c474047a3735358c7fd0ba



むちゃくちゃ簡単なので、ずっとプラグインを導入して使ってましたが…

実は別にプラグインを導入しなくとも記事内こ貼り付けることってできたんですね・・・



やり方はこうです。

ツイートの左下の「開く」をクリックすると、右下に「その他」があるのでそこをクリックします。

1bd0662a576117f064160a129db
                  

すると「ツイートをサイトに埋め込む」が表示されるので、そこをクリックします。

d202bfbf5eb058e2e1823c245f36de7f
                  

そして、枠の中にあるコードを記事内に貼り付けましょう。

4982a32f894ccff1c0474d0587bbcbb7


そうすると、さきほどのURLを貼り付けたと同じように、ツイートを表示させることができます。


どちらの方法でも「コピペをして貼り付ける」というのは同じですし、どちらでもかまいませんが、プラグインをいれたくないという人は2番目のやり方を使ったほうがいいかもしれませんね。


・・・


しかし、パシさんのサイトを覗いていたらこんなことが書かれていました。

※WordPress3.4以降、プラグインを導入しなくてもツイートのURLを貼り付けるだけで、引用表示できるようになっています。

ということなので、実際にプラグインを停止させてURLを貼り付けてみたところ、あっさりと表示することができました。


こんなにあっさりと貼り付けることができるようになっているとは知らなかったので、嬉しいような、なんだか遠回りしたような感じでセンチメンタルな気分にもちょっとだけなりましたけども・・・


なお、テンプレートやプラグインとの相性もあり、そのままURLを貼り付けても、ちゃんと表示されない場合もあるそうなので、そんな方は他の2つのどちらかの方法を利用してみてくださいね。

2 Responses to “ツイッターのツイートURLを使いブログに引用する方法”

  1. yoji より:

    はじめまして、トレンドアフィリエイト実践者のyojiです。この記事で気になったことがあるのですが、Twitterのツイートを引用として使用することはGoogleアドセンスのペナルティや圏外に飛ばされる危険性はほとんどない状態なのでしょうか?ご教授お願い致します

    • ジョイ より:

      yojiさん、はじめまして。

      僕はこの方法で1年以上トレンドブログを運営していますが
      これが原因でペナルティや飛ばされたという経験はありませし
      そういう話も今のところ聞いたことがないです。

      また、ツイッター側から考えてみても
      「ブログに貼り付ける機能」が付いていることですし、
      引用してはいけないということはないと考えています。

      ただ絶対大丈夫ということは言い切れませんので、
      心配であればツイッターの引用を使用せず、
      画像を使わない、もしくは無料画像で代用するべきだと思います。

      ご参考までに^^

コメントを残す

サブコンテンツ