トレンドアフィリエイトで適切な文字数や文章量は?500文字は少ない?

Pocket

colored-numbers
トレンドアフィリエイトで稼ぐためには、

  • 頭で考えるよりもまずは行動しよう
  • 時間の許す限り手を動かしていこう
ということを耳にします。

具体的にいうと、ここでの「行動」や「手を動かす」というのは、記事を書くという意味です。

記事を書く作業こそが稼ぐ作業に直結する行動なので。

ただ記事を書くと言っても文字数はどのくらい書けばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

今回のそのあたりについての僕の考えをまとめてみます。

トレンドアフィリエイトで500文字は少なすぎ?

僕がトレンドアフィリエイトをはじめた頃(2013年)。

多くの人が「1記事に最低500文字以上は書くことにしましょう」と言ってました。

その教えの通りに僕も1記事最低500文字は書く!と決めてコツコツと更新していきました。

ぶっちゃけ当時はそれで通用しました。
これは僕の予想ですが…

当時はいかに、記事中にグーグルから評価されるキーワードを入れることができるかということが大事でした。

そのため「そのようなキーワードを記事内に盛り込んで、且つ自然な文章を作るには最低500文字程度は必要だった」ということなんじゃないかなって思っています。

しかし2013年の後半ぐらいから多くのサイトが手動ペナルティを受けました。

たぶんこのあたりで、今までの

「トレンドアフィリエイトの文字数は500以上書いておけば大丈夫だろう」

というみたいなものは通用しなくなってきたように思えます。

手動ペナルティを受けたブログのほとんどは「低品質コンテンツ」。

つまり記事の質が低いとグーグルから判断されたことが理由です。

これを前提に考えてみると・・・

500文字以上書いたか、500文字以下しか書かないのかということを議論しただけじゃ、表面的な解決しかできない

ということだと思います。

あくまで
  • 500文字以上書く=充実したコンテンツが書ける可能性が高い
  • 500文字以下の文章=充実したコンテンツが書けない可能性が高い
というだけです。



ユーザーのためのコンテンツを作成する

Googleはどんどん進化を続けています。

以前は、人間とGoogle(機械)の差というのは大きかったで、言ってみれば機械を騙すようなことをすれば上位表示できてたんです。

  • 文章にキーワードを詰め込めばOK
  • 外部からリンクを送っていれば上位表示できる
など。

でもその人間とGoogleの差はかなり縮まってきました。

Googleが人工知能で作った「アルファ碁」が、世界最強棋士を破ってしまったことからもそれはわかります。

これはGoogleが以前より人間的な感情をもつことができるようになったということです。


そのため僕ら記事を書くために考えなくてはいけないことは、

検索ユーザーの気持ちを知る努力をするということです。

Googleが進化するのは、検索ユーザーの利便性を上げるため。

利便性をどんどんあげたら、僕たちはずっと検索エンジンを使い続けると思いますし。

そしてその進化に僕らも合わせることが、SEOを攻略するポイントと思います。

Googleが検索ユーザーの利便性を上げることを目的にしてるなら、僕らもその目的を目指して記事を書いたほうが良いというわけですね。

そうすれば
  • Googleも嬉しいし
  • 僕らにとっても上位表示できる記事ができるし(上位表示されるのはGoogleから評価されてること)
  • 記事を読んでるユーザーも嬉しいし
という感じで、三者にとってメリットがあるというわけですね。

だからこそトレンドアフィリエイトを実践する際に

  • 500文字書けばいいんでしょ?
  • コピペ、リライトでOKでしょ?
  • キーワード詰め込めばいいんでしょ?
という考えだと、Googleから評価されずらいというわけですね。



コンテンツの充実≒文字数

コンテンツを充実させること。

トレンドアフィリエイトで「500文字以上書きましょう」というルールがあったのだとしたら・・・

今後はコンテンツを充実させることを意識したほうが良いでしょう。

コンテンツを充実させるということが、ユーザーの利便性アップに繋がることです。

そのために文字数を多くするということは効果的なことです。

でもここで注意しなければいけないこともあります。

冒頭で文字数は
  • 500文字以上書く=充実したコンテンツが書ける可能性が高い
  • 500文字以下の文章=充実したコンテンツが書けない可能性が高い
ということを言いましたが、これはあくまで可能性の話をしているだけです。

ここを意識できないと「文字数を増やすことが正義」みたいに思ってしまうので。

あくまで、伝えるべきことを伝えるために記事を書く。

そして「結果的に」○○○○文字という文章が完成するという感じです。

逆に言うと、500文字以内でで充実したコンテンツが書けるならそれでもまったく問題ないということ。

でも僕の経験だと、伝えたいことを文字にするなると500文字は余裕で超えてくるんじゃないかな、と思ってます。
コンテンツは「文章」だけじゃない

また、文字が少ないからとって、それはコンテンツが少ないと言い切ることはできません。

コンテンツとは文章の他に、動画、画像、音声、図…などがあります。

ただ基本的にコンテンツと言うと、文章がメインとなる場合が多いですね




無駄な文章はなるべく減らす

また、文章を書いてコンテンツを充実させるということは、余計な文章を無くしましょうという意味でもあります。

1000文字でまとまるコンテンツを、2000文字書く必要はありません。

ですので、
  1. 充実したコンテンツが仕上げるように文章を書く

  2. 必要のない文章を削るようにする
というように2段階に分けて記事を書いていくのが良いと思っています。

トレンドアフィリエイトで重要なのは文字数じゃありません(「ぜんぜん重要じゃない」というわけじゃない)。

どれだけユーザーを満足させる記事を書けるかだと思うので。

そんな記事が上位表示される傾向があり、こういう考えはGoogleの目的にそったものなので、大きな失敗を防ぐ(稼げないとか)こともできるはずです。

コメントを残す

サブコンテンツ