similar postsの設定とアイキャッチやサムネイルなどの画像表示方法

Pocket

自分のサイトに訪れてくれた読者に「読んだページ」だけではなく、「そこ以外のページ」も読んでもらいたいものです。情報を発信しているサイトやブログを運営者にとってみれば誰でもそう思うに違いありません。


SEOの観点からみても、読者が他のページにアクセスしてもらうことによって、自分のブログの滞在時間が増えアクセスの底上げもでき内部リンク対策ができるということで、プラスとなることはたくさんあります。

つまり、記事に「関連記事」という項目を置いておくことによって、より多くのページをみてもらうキッカケを作るということが、自分にとっても読者にとっても好ましいということです。


アマゾンの「この商品を見た後に買っているのは?」というもの関連記事と同じ役割を持っていますよね。

47683db427195d213d019c517747b96a


今回、紹介するのがsimilar postsという関連記事記を表示してくれるプラグインです。

関連記事系のプラグインを導入していない方は是非導入してみましょう。


similar postsをインストールする前に・・・


それではsimilar postsをインストールしてみましょう・・・と言いたいところですが、その前にPost-Plugin Libraryというプラグインを導入しましょう。このプラグインが入っていないとsimilar postsが動きません。


特に設定も何も必要ありませんし、インストール→有効化をすればそれでOKなので、wordpressのプラグインPost-Plugin Libraryの使い方や設定方法を参考にまずはPost-Plugin Libraryを導入することにしましょう。


similar postsの設定


Post-Plugin Libraryがインストールできたら、similar postsをインストールしてみましょう。プラグイン→新規追加から「similar posts」と検索をかけるとすぐにみつかりますので、インストール→有効化しましょう。

プラグインのインストール方法がわからない方はワードプレスにプラグインを導入する方法を参考にしてみてください。



ここから少し設定が必要になってきますが、それほど難しくないので一つ一つゆっくりみていくことにしましょう。


1,「プラグイン」→「設定」でsimilar postsの設定画面に移ります。



35430cbf42f19c56e15d7ed76203becc
                  

2,そうすると【General setting】という画面に移ります。



78e68bed927b497aac34cf0690c719f7

ここで覚えておいてもらいたい箇所は「Number of posts to show」の部分です。ここは関連記事をいくつ表示させますか?という設定箇所です。

投稿画面をみながら、自分の望ましい数を決めるのが良いかと思います。
                  

3,次に【Output】を設定してみましょう。



63e5806f5b7e04edbad5162f652d728b

ここの箇所はどのように関連記事を表示させるか、という設定なんですが「Output template:」の箇所をみてみると「<li>{link}</li>」と表示されています。このままでもちゃんと関連記事が表示されるのですが、画像がなくリンクのみの関連記事の表示なんですよね。


関連記事はアイキャッチのようなサムネイル画像があったほうがクリック率が高くなるので、「Output template:」の箇所を画像付きの関連記事を表示させるという設定に変更しましょう。

「<li>{link}</li>」を削除して、下のコードを入れましょう。



[html]<div class="similar_posts">
<a href="{url}">
{php: echo get_the_post_thumbnail( {postid}, array(80,80), array(‘title’ => ‘ {title}’ )); }</a>
<div class="similar_posts_title">
<a href="{url}">{title} </a></div>
<p class="similar_posts_snippet">{snippet:60}…</p>
</div>
<div style="clear: both"></div>[/html]



コードが挿入できたら「Save Output Settings」を押して完了です。

acc203c12daa4c8c8640d1b56568b334


ちなみに上のコードの「array(80,80)」の数字を90や100にするのことで画像のサイズが変わり、「{snippet:60}」の60の数字を80や100に変えることによって、本文の抜粋文字数が設定できます。
                  

4,次に【Placement】です。


ここでは「Output after post:」の「Activate」という箇所に注目してください。ここはYESかNOに変更できるようになっています。


YES → 本文の下に関連記事を表示したい場合

NO → 任意の場所に表示したい場合


5274ec5310c3bd32925cf8653d2123eb


今回はYESと選択しますが、NOとする場合は<?php similar_posts(); ?>というコードをsingle.phpなどに貼り付けてください

設定を変えたら「Save Placement Settings」をクリック
                  

5,続いては【Other】の設定。


ここでの注目は「Relative importance of:


「content:」 → 本文に関連するリンク

「title:」 → タイトルに関連するリンク

「tags:」 → タグに関連するリンク


この3つが100%になるように、比率を振り分けていきます。(デフォルトのままでも問題ありません)

7c3075aad6c23a1d0bf9944aee63e562
                  

6,そして最後に【Manage the Index 】の設定。


Handle extended characters?」と「Treat as Chinese, Korean, or Japanese?」がNOになっていると思うのでYESに変えましょう。ここがYESになっていないと日本語で正しく表示されないので、必ずYESに直すようにしましょう。

7a02178a526802be6fb5309b7145dc57

これで設定は完了になります。



手っ取り早く設定したい人は・・・


細かく設定することもできますが、以下の3つを設定しておけばとりあえず問題ありません。


1,【Output】でサムネイル表示できるようにする

2,【Placement】で「Active」をYESにする

3,【Manage the Index 】で2箇所YESにする



細かい設定はのちのち変えることにして、まずはここの変更だけすればOKです。



wordpressの関連記事のプラグインとして、YARPP(Yet Another Related Posts Plugin)やWordPress Related Postsがありますので、削除することは簡単なので自分あったプラグインを探す意味でも一度使ってみることをオススメします。

2 Responses to “similar postsの設定とアイキャッチやサムネイルなどの画像表示方法”

  1. 導入プラグインに関するメモ - 楽しい育児実践会 公式サイト楽しい育児実践会 公式サイト より:

    […]  http://zaitaku-hukugyo-net.com/639.html […]

  2. くまみん より:

    導入後、どのように関連記事が表示されるのかが一番知りたいところなのですが、その画像キャプチャがなかったのでどのプラグインにすればいいか分かりませんでした。。。

コメントを残す

サブコンテンツ