彼氏や男に多い?「お金がない」という口癖の心理や実際治るのか?

Pocket

No-Money

「はぁ・・・お金ないなぁ・・・」

知らず知らずのうちに「お金がない」と言ってしまっている人って結構多いんですよね。



お金がないという言葉は、基本的にはネガティブなので、聞いている人からするとしんどくなったりするものです。



お金がないというのは自分でもわかってるはずなのに、なぜこのセリフを言うのか?

このセリフにはいろんな感情がまざっていると思うので、少し考えてみました。



「お金がない」の心理って?


おそらくこの四つのどれかに当てはまると思いますので、自分、もしくはそのセリフを吐く人に当てはめて読んでみてください

  1. 共感してほしい
  2. お金をもっていると思われたくない
  3. 声をだすことでストレスを緩和している
  4. コミュニケーションの1つ


1.共感してほしい


「今現在自分はお金がなくてどれだけ大変なのかをわかって欲しい」
「あなたは理解できてないかもしれないが、本当に心の底から辛いんだ」

という気持ちを共有したいがために吐く場合があります。


まるで世界で一番自分が不幸な人のように、聞こえますが、聞いてるほうはたまったものじゃありません。

幼稚なタイプに多く、自分の事ばかりで相手のことを考えてない性格の可能性があります。



2.お金をもっていると思われたくない


言葉にするとちょっとおかしいですが、相手に自分の現状を知って欲しいという心理からくるものだと思います。

共感とはちょっと違いますが、自分の状況わかってもらうことで、お金を使わない時間を過ごしたいどうかお金のない自分を認めてもらいたいという、気持ちがあるのだと思います。


以前僕の友達にも、飲みに行くことを誘って、相手が乗り気になったとしても「いいけど、お金ないよ」というセリフを最後に必ず言う人がいました。

確かにお金がないというのは理解できるけど、そのセリフを聞いたにテンションがガタ落ちするのは言うまでもありません。



3.声をだすことでストレスを緩和している


自分の辛いことや苦しみなどを声に出すことでストレスを減らすことができる、ということがあります。

おそらく自分の感情をオープンにするということで気持ちが楽になるという事があるのでしょう。

自然とため息をついてしまう、ということと言っているかもしれませんね。


一度自分でやってみてリラックスできるということがわかったので無意識にやるようになってしまったということだと思います。

自分はリラックスできても、相手はストレスがたまる・・・という図式は悲しすぎます。



4.コミュニケーションの1つ


単純に話すネタがないからとりあえず言ってみよう、ということだと思います。

だからと言ってお金がないことを面白おかしく話すのではなく、会話中に間ができてしまうことが嫌で、ついつい言ってしまう、言うことがあります。


その人にとっては良いのかもしれませんが聞いてる側からすると、迷惑以外の何物でもありません。




これって治るの?


もちろんこれは病気ではないので治るとは思うのですが、自分で気づかなければ治らないものです。

一歩踏み込んで考えてみると、その人の心の成長が伴えばこんなセリフを吐くわけがないのです。



だって、すべてに共通するのは、その行動をしたからという何一つ問題は解決できないからです。

問題を解決できれば一番いいと思うのですが、おそらくこの人たちは解決方法を知らないのでしょう。



今はパソコンとインターネットさえあれば、まったくリスクを負うことなく、自分でお金を稼ぐことができるです。
(つまり、自分が頑張ればそれだけ結果がだせるというジャンルだということです。)



しかし残念なことにも知らない人は余りにも多すぎます

多すぎるのでほとんどの方が問題解決できず、お金がないお金がない・・・と繰り返し自分に暗示のようにかけています。



正直4以外は、ネットビジネスをすることによって問題はすべて解決できます。

(4も考え方によってはネットビジネスで解決できるんですけどね。)



もしも周りにお金がないと言って困ってる方がいたら是非ともこの事実を教えて欲しいなと思います。

情報を知るか知らないかによって、自分の人生が大きく左右されてしまうというのは、ちょっぴりせつない感じもしますが、事実だから仕方ないですよね…。

コメントを残す

サブコンテンツ