マインドマップで情報整理を!アフィリエイトでのキーワード探しにも便利

Pocket

xmind_new_logo_256
人が一日に何回思考するか?ということには、いくつかの説がありますが、およそ6万回思考していると言われています。



「なんかチョコレート食べたくなってきたな」で1回思考した、という考えると、ホントにそんなに多く考えているのかな、と思ってしまいますが^^;

実際には意識的に考えていることと、無意識に考えることの2つがあるので、おそらく無意識に考えている物事って相当多いのでしょう。



まぁ、無意識的に考えているって「考えている」に含まれれるかどうかは置いておくとして、頭をフル回転させて物事を捉えてようと、自分の脳みそが頑張ってくれてることは間違いなさそうです。



で、現代は、ネット環境が整っているために、自分から簡単に情報にアクセスできるようになったばかりではなく、知らず知らずに情報を受信していたなんてこともあります。
(ネットサーフィンなんてまさにソレですよね)


こんな社会でやりたいことを決めて、シンプルにやる、ということは簡単なようで凄く難しかったりするんですよね。



やりたいこをやるためには、2つの方法しかありません。


  1. やらないことを最初に決めてしまう
  2. やりたいこを決める



「やらないことを最初に決めてしまう」のは、自分が目的に向かう上で阻害されるものに関わらないようにしよう、ということです。

やっぱり誰もがラクな方向に流れようとするので、意志の力を使って「これは絶対やらない!」ということを決めてしまうということですね。



で、2つ目の「やりたいこを決める」なんですが、これは自分の頭であれやこれやと、こねくり回しても考えはまとまりません。

これだと、たくさん考えているうちに、「あれ、何を考えているだっけ?」など問題提起さえ忘れることだってあるんですよね。



そこで、是非、上手に活用してもらいたいのですが、それはマインドマップというツールです。



マインドマップとは、トニー・ブザンという方が開発した、自分の考えを視覚化する方法です。

マインドマップ参考画像



どうですか?

自分の考えたい主題を中心におき、そこから枝が伸びるようにニョキニョキと放射状に伸びていってますよね。

この放射状の枝分かれが、人の思考した回路に似ていることから、記憶したり自分に植え付けりするに有効的と言われています。



ベストは最低でもA4サイズ以上の紙の大きさを使い、カラフルな色を使い、手書きでまとめることで、より身につくのだと思います。

ですが、それだと特定の場所でしか整理することができなかたり、机の上を毎回整理したり、修正を加えるということも難しいです。



ですので、僕はXMind(エックスマインド)というフリーソフトを使うのがとても便利だと思いますよ。

⇒ XMind


無料と有料がありますが、無料ので全然問題ありません



僕は普段からこのツールを利用することで、「どんなブログを作りたいのか?」「どんな読者を増やしたいのか?」という案を練っています。

5d74922b3aab8f7abbba6af8d168aeea

さきほども言ったように、PC上でマインドマップを作るとなると何度も修正を加えることができるので、定期的に書き直すのがいいいでしょう。

作業を続けてくうちに良いアイディアもポンっと生まれるので、そのときはすぐにこのツールに書き加えてください。



また、これはアフィリエイトでキーワードを考える際にも有効に使えます。



僕のマインドマップをみてみると、「理由」と「解決策」しか書いていませんが、もう一歩進んで「解決策」から「キーワード」を考えだすのです。



例えば、解決策が「ネットビジネスがお金を稼ぐのに効率的なことを説明」の場合のキーワードだと・・・


稼ぐ 仕組み
稼ぐ 最短
稼ぐ 初心者
仕事 比較
仕事 労働時間
図解 説明 etc・・・


ぱっと考えるだけでも、これだけキーワードが思いつきます。



このキーワードを使いタイトルを組み立てることで、より自分が望んでいる読者を自分のサイトに呼びこむことができます。

ここまで、細かくやると効率的にアクセスを集めることができるので、やってみましょう!



また、マインドマップを作るということは作業をスムーズに行うツールであるので、作ったから終わりというものでは決してありません。

本を読んで知識得たから、行動もせず満足しているのと同じように、マインドマップを作ってからが本当のスタートなので、そこは履き違えないようにしましょうね!

コメントを残す

サブコンテンツ