top3

ツイッターでボットをするならmakebotがおすすめ!登録方法を解説

Pocket

「bot」という言葉を初めて聞いた時は、なんのこっちゃ意味がわかりませんでしたが、ロボット(ROBOT)を短くした言い方なんだと分かったときは、妙に納得してしまった記憶があります。


ツイッターを使い手動でつぶやくのが面倒になったとき、botに登録しておくことによって指定した間隔で自動でつぶやいてくれるので、一度多くのつぶやきをbotに登録してしまった人は、あとは「放置」する人も多いでしょう。



今回はbotでつぶやきを作りたい人のためにオススメのサイト、MAKEBOTを紹介したいと思います。

もちろん無料で使えますので、気軽にはじめることができます。



では、さっそく使い方の説明をしていきましょう。

MAKEBOTの使い方


まずはMAKEBOTにアクセスして「新規登録」をクリックしましょう。

c200be73eeda7f8fcd3fef8c00c793ed                   

d2664952ec65f227a792d2081e5ec803
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

この3つを記入してから、「利用規約に同意して登録」しましょう。

※MAKEBOTもTwitterの登録と同じくGメールを使うとエイリアス機能を使うことができました。
                  

登録したメールアドレスにMAKEBOTからメールが届いているので、その中にあるURLをクリックしましょう。

7dc3098d54bf7607c07cf853cf34eb05                   

認証に成功しました」という文章が出てきたらOKです。

さっそく、画面の右上からログインしてみましょう。

f6a20456f75ec69b12a72b0cc4ca318f                   

新しいボットを追加」をクリック

d0a8fa5ef66eb23165affca3de89b1f2
MAKEBOTは1つのアカウントに1つのbotしか登録できず、botを追加するには有料となるそうですね。
                  

ここでbotを登録させたいツイッターのアカウントでログインします。

6581eeab1617044ffd769e20b8c4cfb1
まだツイッターのアカウントを作っていない方はツイッター登録方法を参考にしてみてください。
                  

自分のツイッターアカウントが表示されたらOKです。

f2d777f254819734e8eb5f18f3e6ad29
チュートリアルをスキップする」をクリック。
                  

そうすると、「つぶやき元の設定」をしないといけない画面に移ります。

2a85bb2e83eb41d90573439a04025323                   

4cba011ce1b493da5ba1ea66f4b20b86
簡単に言ってしまうとbotということを気づかれないようにするために、必要な手順です。

ツイッターを使用していると、「つぶやき元の設定」で必要になってくるAPI keyAPI secret
の2つが必要になることがたまにあるので、まずは下のページを開いて取得してしまいましょう。

APIの取得方法

APIの取得では「callback URL」が必要になります
                  

APIを取得することができましたか?

092db4b1f9c31f49d433e286e86fb5e7
入力できたら、「つぶやき元の変更」をONにして、「変更を保存」をクリックします。
                  

連携アプリの認証」をクリック

5e2f92c62ac167ca8899abb95bb27f2c                   

こちらから」をクリック

ae23045eae1dab832515209697cfb911                   

全ての機能」と「つぶやき機能」をONにしましょう。
(リプライ機能と夜間つぶやきはお好みで)

b3e98c25d6c3d2a3b5ebb252d17dc315

これで、登録は完了です。

では、つぶやき元の設定とAPIの取得に進みましょう。
                  

コメントを残す

サブコンテンツ