画像・動画の使用で圏外に飛ばされるトレンドサイトでの著作権問題

Pocket

4293098263_04d00a5a69
トレンドアフィリエイトは文章をメインに記事を書きながら、適度に画像や動画を入れることが多いです。

そこで避けては通れない問題の一つに著作権があります。

広告:ブログで月収1万円を稼ぐため「だけに」作った資料

「1日90分の作業で月収30万円を安定して稼ぐ仕組み」を作るファーストステップ。月収1万円を上手に稼ぐ資料『One Trend』を無料メルマガ登録後にプレゼントしています。

10代~70代まで幅広い世代の方が結果を出しています\(^o^)/

>>> 1ヶ月で1万円稼ぐ資料『One Trend』の詳細

著作権の捉え方は人それぞれ?

この問題の捉え方って人それぞれなんですよね。けっこう言っていることが人それぞれバラバラなような気がします。

大雑把に分けると、以下の2つの考えに分けれるのかなって思います。
  1. 著作権のある画像・動画は絶対に記事内で使用しちゃダメ!
  2. 常識の範囲内だったら問題ない
トレンドアフィリエイトでの著作権の問題というと、画像と動画の2つのことを指すことが多いです。

それぞれ「越えてはいけないライン」というものがあると思うので、別々に考えてみましょう。



画像の著作権について

画像の著作権と聞いて、真っ先に思い浮かべるジャンルは芸能人です。

やはり芸能事務所等に著作権があるので、勝手に画像を使用されるというのは良く思うはずがありません。

情報拡散時代に著作権の規制が追いつかない


ですが、誰もがTwitterやfacebookなどで情報発信できる時代です。

いくら著作権の問題が大きくなったとしても防ぐことができないという絶対的な事実もあります。

誰かが画像をネット上にアップしてしまったら、アップされた画像を誰かが使用するというパターンはとても多いです。

そうすると画像をアップした本人に注意したとしても、他の人に画像をコピーされたら「時すでに遅し」というわけです。

この流れを辞めさせたいなら、僕たちにネット使用を禁止させるしかありません(笑)

そういった事実もあるので、ある程度の画像の使用は黙認されているんだと思います。



著作権よりアドセンスの規約違反に注意する


ただ、僕の知り合いで芸能人の画像を使ってペナルティを受けたという人もいます。

ただ原因は著作権の問題ではなく、アドセンスの規約に違反したからです。

その人は水着などの肌の露出が多い画像を記事内で使用してしまったんですよね。

これは明らかにアドセンス規約違反です。

これは著作権とは別問題ですね。

そのため画像を使用する場合は、著作権よりもアドセンスの規約を守ることのほうがより大事になってきます。


動画の著作権について


公式動画は問題ない


動画使用でよく言われるのが、使用する場合は「公式」のものを使いましょうということです。

つまり芸能人(歌手も含む)が所属している会社が正式に公表している動画のことです。

この公式動画を使っている人でペナルティを受けたという話は、僕は聞いたことがありません。

ただ個人的に「公式」じゃない動画もブログ内に埋め込んでしまって問題ないと思います。

というのも、例えばYouTubeなどは「他人にシェアされることを前提に」アップロードされてると思うので。



テレビ映像を録画した動画は利用しない!


で、動画の著作権で問題になることと言えば、なんといっても「テレビ映像」。

YouTubeなどの動画サイトには、テレビを録画したものをアップしている人がいます。

こういう動画を自分のサイトに埋め込んでしまうと、ペナルティを受ける可能性というのが高くなります。

「自分が動画サイトにアップしたわけじゃないから問題ないだろ?」とも思うのかもしれません。

しかしアドセンス広告を提供している企業側からすると、テレビの著作権問題とは関わりたくないなんですよね。

グーグル側もそんなトラブルに巻き込まれたくないので、そういうサイトは容赦なくペナルティを与えてアドセンスを使用できなくする、というわけです。



まとめ

僕個人の画像・動画の使用方法をまとめてみると・・・
  • 画像は著作権よりも「アドセンスの規約」をしっかりと守ることを意識する
  • 動画はテレビの映像は使わないようにする
この2つです。

2つともよく考えてみれば当然のことかもしれませんね。

このあたりを抑えておけば、それほど神経質に著作権問題を考える必要はないと思います。

サブコンテンツ