画像・動画の使用で圏外に飛ばされるトレンドサイトでの著作権問題

Pocket

4293098263_04d00a5a69
トレンドアフィリエイトとは流行の記事を書く手段ですが、基本的にコンテンツは文章で構成されます。


しかし、より読みやすいコンテンツにするために画像や動画を使用することがありますよね。そこで、気になるであろう問題が著作権です。



著作権の捉え方は人それぞれ?

ですが、この問題の捉え方は人それぞれで、案外言っていることがバラバラなんですよね。

  • 著作権に関わることは絶対にコンテンツとして使用しないほうがいい!
  • みんな使ってるし、常識の範囲内だったら大丈夫でしょう

だいたい、この2つに分かれるかと思います。


そこで、現在のトレンドアフィリエイト実践している1人として、トレンドアフィリエイト的にはどんなことをするとマズイのか?という理由を少し述べてみたいと思います。


トレンドアフィリエイトでの著作権の問題というと、やはり画像と動画の2つのことを指すのだと思います。それぞれに、越えてはいけないラインというものがあると思うので、別々に考えてみましょう。



画像の著作権について

画像の著作権と聞いて、真っ先に思い浮かべるジャンルは芸能人です。


やはり、芸能事務所等に著作権があるので、勝手に画像を使用されるということは、良くは思ってはいないでしょう。



情報拡散時代に、著作権の規制に全く追いつかない


ですが、誰もがツイッターやフェイスブックなどで情報発信できる時代ですので、いくら著作権の問題を嘆いていたとしても、どうしようもない部分があります。


誰かが画像をネット上にアップしてしまったら、拡散が起こってしまう可能性は高いです。


画像をアップした本人に注意を促したとしても、多くの人に画像をコピーされたら「時すでに遅し」というわけです。これを規制させるには、ネット使用を禁止させるしかないので、もう無理でしょう(笑)


なので、ある程度の画像の使用は認められているのと思います。(もちろんグレーではありますが)



著作権よりGoogleの規約違反に注意する


ただ、僕の知り合いで芸能人の画像を使ってペナルティを受けたという人もいます。


しかし原因は著作権の問題ではなく、グーグルの規約に違反してしまったからでした。


もっと具体的に言うと、その人は水着などの肌の露出が多い画像を使用してしまった、ということですね。


規約に違反してしまうと、ペナルティを受けるという話はよく耳にしますが、著作権の問題とはちょっと話が違ってきますよね。


ですから、画像を使用する場合に著作権よりも、グーグルの規約を守ることのほうがより大事になってくるだろうと思います。

グーグルアドセンスの広告表示が停止や違反になる理由の一覧


今後のトレンドサイトでの画像利用については、以下で詳しくお話します。

著作権で手動ペナルティは?トレンドアフィリエイトでの画像使用について



動画の著作権について


公式動画を利用する


動画使用でよく言われるのが、使用する場合は「公式」のもを使いましょうということです。


つまり、芸能人(歌手も含む)が所属している会社が正式に公表している動画のことです。


この公式動画を使っている人でペナルティを受けたという話は、僕は聞いたことがありません。


公式動画なら大丈夫かと思いますが、個人的には動画をサイトに埋め込むのではなく、リンクで動画サイトに飛ばしたほうがいいかなーとは考えています。



テレビ映像を録画した動画は利用しない!


で、動画の著作権で問題になることと言えば、なんといってもテレビ映像です。


YouTubeなどの動画サイトにアップしている人のなかでは、テレビを録画したものを動画サイトに投稿している人がいるんですよね。


こういう動画を自分のサイトに埋め込んでしまうと、ペナルティを受ける可能性というのが高くなります


「自分が動画サイトにアップしたわけじゃないから問題ないだろ?」とも思うのかもしれません。


しかし、自分のサイトにアドセンスを貼っている場合、アドセンス広告を提供している企業側からすると、テレビの著作権問題とは関わりたくないなんですよね。


グーグル側もそんなトラブルに巻き込まれたくないので、そういうサイトは容赦なくはじきだします・・・



個人的な考えのまとめ

僕個人の画像・動画の使用方法をまとめてみると・・・

  • 画像は著作権よりもグーグルの規約をしっかりと守ったほうがいい
  • 動画はテレビの映像を使わない、動画を使う場合は、リンクを飛ばす


この2つです。


しかし、トレンドサイトでの著作権問題は数カ月前は大丈夫と言われていたことが、今では取り締まりが厳しくなってきている・・・ということもよくあります。


そのために「最新の動向」は常に把握しておくことは大事なことだと思います。


僕も現役トレンドアフィリターとして、メルマガなどで最新情報を伝えていきますね!

コメントを残す

サブコンテンツ