トレンドアフィリエイトで効果的なタイトルを決めるコツや文字数

Pocket

9068306766_b3a6e62698
タイトルを考えるときには文字数を考える必要があります。


一般的に言われているのが、長くても30~34文字ぐらいにしておきましょう、ということです。


あまりタイトルが長すぎてしまうと検索エンジンに表示されたときに「…」と表示されてしまうためです。


また、あまりタイトルが長すぎてもSEO的に良くないとも言われています。

トレンドではどうすればいい?


これらのルールを踏まえてみると、やはりトレンドアフィリエイトをする場合にも基本的にはこのルールを守ったほうが良いだろうと思います。


ただ、ここからは個人的な意見ですが、タイトルが50字以上となるとさすがに長過ぎるかと思いますが、40文字未満なら大丈夫かなーと考えています


たしかに、34~40字の間は検索エンジンには表示されませんが、34~40字の間にある単語でも十分に上位表示することができます。

また、検索エンジンが自動的にタイトルを短くして表示してくれることもあるんですよね。


例えば、AはBとCでD、E、Fという噂がある!Gは?というタイトルの場合、通常はFまでしか表示されないとします。

しかし、Gという単語で上位表示ができている場合は「D、E、Fという噂がある!Gは?」というように、タイトルが自動的に短くなっている場合があります。

また、Gで上位表示している場合でも「AはBとCでD、E、Fという噂が・・・」と表示される場合がありますが、正直なところ、なせこうなるかは不明ですが…


どちらにせよ、タイトルがある程度長くても検索エンジンに引っかかるので、覚えておきましょう。


タイトルをつける上で重要視したいこと


また、検索エンジンはより左側にあるキーワードを重要視するという傾向があります。

そのため「上位表示させたいキーワードの優先順位が高いほう」を左から並べることが基本です。

タイトルはビッグキーワードとスモールキーワードとで分けて考えよう


ただ、それだけ不自然なタイトルになってしまうので、上位表示させたいキーワードを考えつつ、自然なタイトルになることを考えてタイトルをつけましょう。


自然なタイトル・・・


どうしてもキーワードばかり集めただけで、無理やりつなげようとすると不自然なタイトルになってしまいますよね。

SEOを狙っている場合は多少、不自然になってしまうのは仕方ありませんが。


キーワードとキーワードが上手く繋がる言葉、しかも一言で繋げられる言葉、「や」「で」「と」「は」「が」「の」「を」…などを上手く使えるようになりたいですね。

例 AとBはCがDでE、Fか?

「、。!?」は区切り文字となるので、この記号も使えますよ。


SNS向けのタイトル


これらのタイトル付け方は主にSEOを考えた上で、ということになります。

ですので、そのタイトルの付け方だとSNSではなかなか拡散がされにくいんですよね。

SNSで拡散を狙う場合には、それにあったタイトルを考えなければいけません。


簡単に言ってしまえば、「読んでみたくなるタイトル」なんですが、これはちょっとコツを掴むまでは難しいかもしれませんね。


SNS向けのタイトル作成で、よく言われていることは、タイトルの前半に煽り文句(感情的な文字)を使うということです。

  • 知らなきゃマズイ!
  • 賢い人は皆やってる!
  • 知らなきゃヤバイ!

タイトルを読んだ読者が「んんん??」と興味を抱いてしまう言葉ですね。


興味を引くようなタイトルをどうつければいいかわからない人は、はてなブックマークで人気のある記事のタイトルを真似してみたり、ホッテントリメーカーなんていう、キーワードを入れることによってタイトルを自動で考えてくれるサイトもあります。


また、SEO目線タイトルを考えるとSNS向きのタイトルを作れない、SNS目線でタイトルを考えるとSEO向きのタイトルを作れない、というジレンマがどうしても出てきてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

SEO目線で考えたタイトルのほうが、それほど能力やセンスも必要ないですし、続けていれば必ずアクセスを多く増やすことができるので、はじめはSEO目線でタイトルを考えたほうが無難でしょう。


また、タイトルの前半に「煽り文句」、後半に「SEO目線のキーワードを入れる」という考え方もあります。

SEO目線のタイトルで徐々に結果が出始めてきたら、「煽り文句」をいれるタイトルを徐々に考えてみるのが、ステップアップとしては自然なのかもしれませんね。


僕は煽り文句代わりにビッグキーワードを使っていました。

「熱愛」がビッグキーワードの場合は、「ついに熱愛発覚?」「熱愛ってホント?」「熱愛ってマジ?」という感じです。

このほうが多くのトレンドアフィリエイターとの差別化ができるし、キーワードもしっかり狙っている、そして煽り文句にもなっている(少しは)。

あくまで、「自然なタイトル」これを忘れないようにしましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ