top3

ワードプレスの投稿記事でパスワード保護をするやり方・設定方法

Pocket

8612788428_f6caf7222a

記事を書くということは情報を発信するということですが、それはつまり、書いた記事を不特定多数にみられるということを意味しています。

しかし、なかにはインデックスはしているけれども、「ある条件をクリアした人だけ読んでもらいたい」ということがあります。


その条件とは、例えばメルマガに登録してくれた人だったり、感想を送ってくれた人だったり、と主にサイト管理者とコンタクトをとってくれた人に対して、そのお礼に「特定の記事を読む権利を与える・・」という人が多いかもしれませんね。

そんなやりとりを簡単にできる方法は、ずばりパスワードをかけることです。


たまにあるリンクにアクセスするとこんな感じで表示されるサイトをみつけませんか?

4e9c4ab5da4e40825a4af2cb423ea2e6

パスワードを記入する箇所があり、そこに管理者が設定した暗号を入れるとコンテンツをみることができるというシステムですね。

試しに、下のサイトに訪れて「test」と入力して送信をクリックしてみてください。

http://zaitaku-hukugyo-net.com/1971.html


・・・


僕もこういうのやってみたいなぁ、でも難しいんだろうなぁ、なんてことを思っていたのですが、特別プラグインが必要なわけじゃないし、関数をいじるとかでもなく、ワードプレスをやってる人なら誰でもできたんですね

すごく簡単なので、覚えておいて損はしないかと思います。


記事にパスワード設定する方法


やり方は簡単です。

通常記事を書き終えたら、「下書きとして保存」するか、「公開」をポチッと押すかと思いますが、「公開情報:公開」の右脇にある編集をクリックしてください。

d76cf0d8091ca7673ce259799ffa5198
                  
bf04c575ece98a70e5bc27ba8e2b4788

で、パスワード保護にチェックを入れ、任意のパスワードを入力し「OK」をクリックすれば、あとは公開するだけでOKです。



パスワードをつけて公開した後も、通常通りに記事をインデックスさせる「公開」や「非公開」にも変更することができます。

e93c3477b8d0a44f4c1fd12e205de964

とりあえず、不特定多数にみられるような記事を書きたくないな、と思ったらパスワードかけるのがいいかもしれませんね。

もちろん、パスワードをかけるからといって18禁や暴力的な違反するコンテンツを作成するのはやめてくださいね(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ