グーグルアナリティクスの利用方法【基礎的な使い方】

Pocket

google-analytics1 (1)
グーグルアナリティクスは無料にも関わらず高度な機能が備わっているということで、多くの人が利用しています。しかしながら、その高度な機能が備わっているがゆえに「使い方がよくわからない」と思う人も多いでしょう。


そこでここでは、アナリティクスの基礎的な使い方をいくつか紹介してみたいと思います。


グーグルアナリティクスの基礎的な使い方


  1. リアルタイム
  2. ユーザー
  3. 集客


  4. これらはすべてアナリティクスにログインした後、「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックすると解析ができるようになります。

    a10e8fc9725658b0034c5c627df16544-e1397556134125

    1,リアルタイム


    今現在、自分のブログに何人の人が訪れているかがわかります。


    「リアルタイム」→「サマリー」をクリックしてみましょう。

    2503e8fd42828d50e829435ece272dc0-e1397556184942
    こちらはトレンドサイトなのですが、現在「83人」が自分のサイトに訪れているということになります。


    それはどのページからアクセスがあるのか?

    3855931d06bd488f2271af5409a7a0bd-e1397556235558

    どんなキーワードから、日本のどのあたりからアクセスがあるのか?

    0ff16b8a26b65db7a6f8772fc8244531-e1397556253433

    まさにリアルタイムのブログ状況を知ることができます。トレンドアフィリエイトで一気にアクセスが集まる爆発という状態だと、数字が4ケタになることもあります。



    2,ユーザー


    読者の数を数値化、グラフ化することができます。


    「ユーザー」→「サマリー」をクリックしてみましょう。

    195a000a37600d65379c2af35c3cd863-e1397556295494

    まず、右上の年月日に注目してみてください。現在は2014/03/15-2014/04/14となっていますが、この期間を広めたり、狭めたりすることができます。


    長くてブログを運営している人はブログの成長ぶりが一目で知ることが出来ますね。



    少し下にスクロールすると以下のような画面があります。

    c9f8ffc37a60e2a20ea53421bd037df1-e1397556344566
    ユーザー数
    訪れた人の数。測定期間内に何度も訪れたとしても「一人1回」としてカウントされない。UU数。

    訪問数
    30分以上過ぎてから、もう一度ブログに訪れた人の数。30分未満に一人のユーザーが何回もブログに訪れたとしても「訪れた数は一人」と計算される。ユーザー数も含むので、ユーザー数よりは数が多くなる

    ページビュー数:
    ページを見られた数。一人が10ページ見たとしたら、「10」とカウントされる。PV数

    訪問別ページビュー数: 
    ブログに訪れた人が平均何ページ読んでくれているのか

    訪問時の平均滞在時間: 
    ブログに訪れた人が平均どのくらいの時間滞在してくれたか

    直帰率: 
    1ページしか読んでくれなかった人の割合。直で帰ってしまった人。

    新規訪問の割合: 
    初めてブログに訪れた人とリピーターの割合。円グラフの「New Visitor」という青い部分

                    

    もう少し下をスクロールしますと・・・こんな表示あります。

    0df38a0345ae01f3eb16fe165a05b7e4-e1397556386704
    ここではどこの国や地域から、どんなOSから、プラウザから・・・などアクセスの元をたどることができます。台湾からのアクスが3番目とはやはり親日家が多いからなのでしょうか。



    3,集客


    集客ではなんといっても「どのキーワードからブログに訪れたのか?」を知ることが出来るのが利点ですね。

    「集客」→「キャンペーン」→「オーガニック検索」に移動すると以下の画面になります。

    db7408ef4edf197fa881621981c5ed68

    bace484a0eef32211726abdc6be06771
    画像ではトップ10までしか表示されないようになっていますが、最大トップ5000まで表示させることができます。


    しかし、ここで気になるのがキーワード検索1位の
    (not provided)」ですよね。


    圧倒的にここからの数が多いのに、肝心のどんなキーワードで訪れたのかがわかりません。


    これはグーグルがSSLという方式を使って、検索結果を暗号化してしまうためにアナリティクスもデータを取得することができない状態であるということです。


    SSL方式が使われているかどうかは、鍵マークで判断することができます。


    yahoo検索の場合、鍵マークはありませんが・・・
    f1906c2c369c57226749095b68d069ae

    グーグル検索の場合に鍵マークがついている
    3dde5e4c5f2e671ddc62ea9b803f1984-e1397556483657
    しかし「(not provided)」は特定のキーワードがあるという意味ではないので、2位以降のデータをみれば問題ないでしょう。



    まとめ

    以上の3つを抑えておけば基本的なデータは取れるんじゃないかなと思います。


    大事なことは「アクセスがあった、なかった」という表面的なデータがわかることではなく、「なぜこの時間にこのキーワードでアクセスがったのか」というユーザーの動きを把握することです。


    この「なぜ?」を考え続けることによって、自分のブログを良い方向に導いていくことができるかと思うので、定期的にチェックする習慣をつけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ