top3

WordPress Ping Optimizerでスパム回避&オススメ送信先

Pocket

記事を書いて「公開」というボタンをクリックする「Ping」(ピングでもピンでもどちらの読み方でも構わないそうです)というものがサーバーに送信されます。


Pingを送信することによて、クローラーに「記事を公開しました」という情報を伝えることができるので、インデックスが早くなると言われています。


Ping送信が増えるとデメリットがある?

しかし、1度送信すれば良いものの、ワードプレスの場合記事を更新するたびにPingを送信してしまうんですね。


以前のワードプレスは下書きをしただけでPingが送信されていたのですが、それは改善されたものの「更新」に関してはいまだに改善が行われていなく、そのたびにPingを送信してしまっているのが現状です。


やはり何度も送信してしまうことで、スパム認定される可能性が否定出来ないので、記事を公開したとき一度だけPingを送信するという設定が必要になってきます。


そこで、このWordPress Ping Optimizerというプラグインの出番なわけです。


スパム認定を避けるためにプラグインを導入するのはもちろんですが、ブログを開設したばかりのころは、なるべく早くインデックスさせたいのでこの機会にいれておきことにしましょう。



WordPress Ping Optimizerのインストールと設定

まずはインストールをすることからはじめます。


ワードプレスの「プラグイン」→「新規追加」→「WordPress Ping Optimizer」で検索→「いますぐインストール」→「有効化」。


インストール方法がよくわからない方はワードプレスにプラグインを導入する方法

577c620933b8d7c87b3810c7d1a6406a
                  

「設定」→「WordPress Ping Optimizer」と進みます。

d5e9b4e22c315d5603bc7bcdaaaa50ca
                  

6223c42bf629033fd7ef9d3152dd5ebf

上の赤い枠の中に、下のリンク先にある「ping送信先一覧」をコピペしましょう。
         

24c2d19f03200a532d2aeacb9c88c757
ping送信先一覧



  • Enable pinging ⇒ ping送信したくない場合はこの✔を外します。
  • Limit excessive pinging in short time ⇒ pingを送信する時間の間隔を設定することができます。


設定は終わったら「save setting」をクリックします。「ping now」をクリックすることで、いますぐ送信することができます。


これだけで記事を更新するときに自動でpingを送信してくれるようになります。pingを送信しすぎることスパム認定されるという話を聞きますが、実際のところ僕はそれでダメージを受けた人がいるという人を聞いたことはありません。


確かにこのプラグインを使わないで30分のうちに100回も更新した・・・といったらさすがに怪しまれるのかもしれませんが、普通に使う分にはまずそんなことしませんもんね。


しかし、短時間のうちに何度も記事を更新する場面もあるかもしれないので、とりあえずこのプラグインを導入しておいたほうが良いでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ