GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)の設定方法

Pocket

自分のブログ(記事)には

  • 「どんなキーワードで訪れてくるのか?」
  • 「一日にどれぐらいアクセスがあるのか?」
  • 「何時頃の時間帯にアクセスがあるのか?」
ということを把握しておくことはブログ運営者にとって大事なことです。

それらを知るためにブログにアクセス解析ツールを導入するのが手っ取り早いです。

アクセス解析ツールはいろいろありますが、オススメはGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)。

「こんな細かい分析、無料でできちゃっていいの!?」

と思ってしまうぐらい高性能なので是非設定してみましょう。


グーグルアナリティクスの設定方法

アナリティクスにログイン


グーグルアナリティクスにGoogleアカウントでログインしましょう。

Googleアカウントを持ってない方は「アカウントを作成」をクリックし作成しましょう。

Googleアカウントの取得方法

eb9145d863d080b274a0dd8e231dab23-e1397531175829


「お申込み」をクリック


b938349e398ae96d51f081e3319c618f


必要事項を入力


104b77c38768b0acb8abd404a4960f1d
  • トラッキングの対象
  • → 「ウェブサイト」

  • トラッキング方法を選択
  • → 「ユニバーサル アナリティクス」「標準のアナリティクス」どちらでもOK


0353f1cdaf442104fd74e60238daff73
  • アカウント名
  • →アナリティクスに登録するアカウント名。覚えやすい名前にしましょう。

  • ウェブサイト名
  • → ブログのタイトルを入力

  • ウェブサイトのURL
  • → ブログURL

  • 業種
  • → ビジネスやインターネットなどなんでも構いません。

  • レポートのタイムゾー
  • → 「日本」を選択しましょう。


217dd2247aca7e84cdc32e7e0006009f
  • データの共有設定
  • → このままでOKです。

以上を記入したら、「トラッキング情報を取得」をクリックします。



規約の同意


「日本」に直してから、「同意する」をクリックします。

40977cb88c9f0ec1d7bc9620de74115a


登録完了&トラッキングID、トラッキングコードの表示


次に、
  • トラッキングID
  • トラッキングコード
というものを使い、自分のブログと関連付ける作業に移ります。

62451771336fbbf1ef59de59c-e1397531393123


アナリティクスとブログを関連付ける

アナリティクスとブログを関連付ける方法として「</head>タグ」の直前に貼り付けるという方法があります。

caa8de116ca40aff1cae7bf71cb1f544-e1397531428716
設定自体は簡単です。

ですが、初心者の方には訳の分からないコードが並んで画面を操作するのは少し抵抗があるかもしれません。

そこで今回は「Ultimate Google Analytics」というプラグインを使って簡単に関連付ける方法を説明します。

「All in One SEO Pack」というプラグインでも同じような方法で関連付けさせることができます。


まずは、プラグインのインストールから。

ダッシュボード画面から「プラグイン」>「新規追加」>「Ultimate Google Analytics」と検索>「いますぐインストール」>「有効化」しましょう。

※下の画面は「有効化」をする直前です。

045d08ed47ac4f036750e1b6c49dbae9


設定画面に進む


ダッシュボードの「設定」>「Ultimate GA」をクリックします。

710489943919c53c7db80df7072aa2c9


トラッキングIDを入力


「Account ID」の箇所にトラッキングIDを入力します。

(トラッキングIDはアナリティクスの画面で簡単に確認することができます)

32b8fc356e55476cbf35cdc8f42e1c6a-e1397531521523
入力したら「Update options」をクリックしてデータを更新してください。

これで設定は完了です。

正しくインストールされるまでは数時間~1日程度かかる場合があります。

次の日あたりに確認してみるのがいいかもしれませんね。

アナリティクスを導入することができたら基本的な使い方も覚えておきましょう。

高度な解析もできますが、必要最低限の使い方のみ覚えておけば問題ないです。

コメントを残す

サブコンテンツ