top3

Google XML Sitemapsを作成しクローラビリティをアップ

Pocket

読者に対して「このサイトはどんな内容が書かれているのか?」というページを作ることができるPS Auto Sitemapというプラグインがあります。


ですが、実際はサイトマップを眺めながら調べたい項目を探す人ってほとんどないと思います。なので、必ずしも入れる必要はないのかなと思うのです。


しかし、Google XML Sitemapsとなると、同じサイトマップを作るプラグインでもちょっと話が違ってきます。こちらは、同じサイトマップでもこちらのほうは、Googleのクローラー用に設置するものです。


Google用のサイトマップはあったほうが、クローラビリティがアップしますし、ウェブマスターツールを使う場合においても、サイトマップが形成されていることが必要になってきますのでブログをはじめたら導入することにしましょう。


Google XML Sitemapsの設置方法

設置方法といってもプラグインをインストールして、設定にてワンクリックすれば完了です。


まずは、「プラグイン」→「新規追加」から「Google XML Sitemaps」と検索をかけて、「インストール」→「有効化」を行いましょう。


詳しいプラグインのインストール方法はワードプレスにプラグインを導入する方法を参考にしてください。 

                

「設定」→「XML-Sitemaps」と進みます。

b69fa9a84844d614428b7c706dbaaff7
                

そうすると、「サイトマップはまだ構築されていません。こちらをクリックしてまず構築してください。」と書かれている、「こちらをクリック」をクリックします。

df368b30bf6a0759ee51dba5f5827d9f
そのあと「あなたのサイトマップが最後に構築されたのは◯◯です」という文字が表示されたら完了となります。



Google XML Sitemapsはウェブマスターツールを導入する前に設定する

こちらのプラグインはウェブマスターツールに登録する前にサイトマップを設定してしまったのほうが、スムーズに行くかと思います。


また同様に、ウェブマスターツールに登録する前にGoogleアナリティクスに登録しておきましょう。アナリティクスもブログを運営する上で必須です!

コメントを残す

サブコンテンツ