top3

アフィリエイトのドメイン名のオススメと名前の決め方のコツ

Pocket

choosing-the-right-domain-name
自分の書いた記事がなるべく多くの人に見てもらえるように、なるべく上位表示されるようにサイト運営者は工夫を凝らすと思います。それを有効的に行う方法として、ドメインにこだわることが挙げられます。


具体的に言うと、どんなドメインを使ったらいいのかどんな形式にしたらよいのかということです。


ここではSEO的にドメインはどう設定すればいいのか、「名前」と「形式」、二つの視点から考えてみたいと思います。

最適な名前は何か?

まず、ドメインの名前を決定するときに考えたほうがいいことは2つあります。

一つ目はサイトのキーワードやジャンルを狙う

自分のサイトの方向性がだいたい決まっている方はサイトのキーワードやジャンルに関わる名前を付けたほうが良いでしょう。


ヨーロッパサッカーというキーワードを狙う場合
 → europa-soccer、ヨーロッパサッカーなど

AKB48メンバーの趣味を扱うサイトの場合
 → AKB48-shumi、AKB48-hobbyなど



名前に関連性を持たせるということです。


ユーザーは検索結果のタイトルをみて「この記事を読んでみようかな」と思うばかりではなく、ドメインを確認して訪れてくる人もいます。まったく関連性ないドメインよりも、あるサイトのほうが一目でどんなサイトなのかわかってもらえることでしょう。


ただ、トレンドアフィリエイトを実践する方は正直この条件は省いたほうが良いと思います。


というのも、グーグルは以前と比べてトレンドサイトに対するチェックが厳しくなってきています。デザインや文章構成も同じですが、すぐにトレンドサイトとわかってしまうようにドメインをつけることは避けるようにしましょう。

トレンドアフィリエイトで使うURLやドメインはどんな名前がいい?


二つ目は自分の名前にする

これは特定にキーワードやジャンルを狙うということをせずに自分をブランディングするために…という目的があります。


多くのページで自分の名前のURLが上位表示されることで、「自分の名前」自体がブランド化することになります。何かを特化するサイトというより、自分の考えを中心に情報発信する人には向いているでしょう。



最適な形式は何か?

次にドメイン名の形式の問題です。ここで形式というのは「日本語」か「ローマ字」か「英数字」か、どれがいいのか?ということです。


まず結論から言うと、絶対的な答えはない、ということです。


以前は日本語ドメインが圧倒的に有利だったので、日本語ドメインを推奨しているサイトが多かったと思います。


やはり日本語ドメインのほうが、私達日本人にとってみればひと目でどんなサイトなのかというのが、一瞬で判別することができるために読者の注目を引きやすいです。


しかし、現在はそれほど日本語ドメインが圧倒的に有利という声はあまり聞こえません。


「ちょっとだけ有利になる」とか「まったく関係ない」という声が多いので、それだけで軽々と上位表示ができることはないようです。というか、普通に考えて当たり前ですね。


なぜなら、どれだけSEO的に良いドメインでもグーグルに怪しまれるようなサイト作りをしていたり、有益なコンテンツを作らない限りは、グーグルから評価を上げてもらうことはできないからです。


ですから、個人的にもドメインの形式はそれほどこだわる必要はないと思います。どうすればいいのかわからない初心者の方は「ローマ字」や「英数字」にするのが無難かと思います。



まとめ

名前と形式を上手く組み合わせて、自分なりのドメインを考えてみましょう。


結局のところ、ドメイン名を決めることはコンテンツの重要さと比べると、それほど重要度が高いというわけではありませんので、難しく考えなくてもいいかもしれませんね。



コメントを残す

サブコンテンツ