top3

アバター画像を設定!Gravatar(グラバター)の登録方法と使い方

Pocket

howto_butter_02_mainpic01

コメント欄に画像を入れたい方にオススメなのがGravatar(グラバター)です。


僕はワードプレスを利用しているのですが、自分のプロフィールなどを掲載するプラグインでは画像が必要になるのですが、どう設定すればわかりませんでした。

しかし、このGravatarを登録することにより、任意の画像を設定することができます。

simple local avatarsというプラグインでも同じ設定をすることができますが、「あまりプラグインを入れて重くしたくない!」と思っている人にはいいのかもしれませんね。

Gravatar(グラバター)の登録方法と使い方


手順はいくつかあるのですが、どれも簡単です。まずはGravatarにアクセスしましょう。

1,Create Your Own Gravatarをクリック



b135ff4b6b97ae0196f2201868fc3066


2,E-mail、Address 、Username、Passwordの3つを入力



98582499dbb2252f651ed1af7bb20633

ここで注意するのがワードプレスに登録しているメールアドレスを使うということです。「ユーザー」→「あなたのプロフィール」でアドレスを確認することができます。

また、ユーザーネームは自動でメールアドレスに指定されますが、変更することも可能です。

入力が終わったら「Sign Up」をクリック



3,メールを確認


送信されたメールを開いて、「Active Account」をクリックしましょう。

936b19a24725f4c68372154d4ac8d9bd



4,「Sign in to Gravatar」をクリック



640e99eab714167323badbcc72a3f910



5,「Add one by clicking here!」をクリック



8cffe69b51fadac82ca085428daeabd8



6,My computer’s hard driveをクリック



e46f628fb79992d69b48a9591021307b



7,ファイルを選択する


ファイルを選択」からアバターに設定したい画像を選択 その後「NEXT」をクリック

b9c1da64b4bdf8042972b411ce7c9fc5



8,画像のサイズを決める


選択した画像をトリミングできます。ここではトリミングなしにします。トリミングが終わったら、「Crop&finish!」をクリック

2acfe89ed96cc40127e5bb55399e4613



9,「G」を選択する



a1edf95b1f2be0f8763e68c03923c0a7

これはダッシュボードの「設定」→「ディスカッション」の「アバター」をみるとわかるのですが、画像の制限をするか?ということです。何も問題ないと思うので、G( G — あらゆる人に適切)を選択でOKというわけです。

ec0acdfb0042b72d750bf5b02ebcb09a


10,この画面が表示されたら設定完了。



cbba043d997e176a3fe7d293d5ff7677


設定」→「ディスカッション」でGravatar ロゴを選択すれば、右上の管理画面の画像も変更できますので、ついでにやってしまいましょう。

a7f39e57a9bfe5cfb60b95c60df67113


自分のアバター画像を設定することで、読者には自分の存在は大いにアピールすることができますし、一回設定すればOKなので、時間のあるときにやってしまいましょう。



3 Responses to “アバター画像を設定!Gravatar(グラバター)の登録方法と使い方”

  1. […] <007> ワードプレスのプロフィール写真(アバターの画像)の変更は、ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)からはできない。一度、外部の専用サーバに画像をアップロードして、それをご自分のワードプレスサイトに表示されるという手順になる。【参照】https://ja.gravatar.com/【参照】http://zaitaku-hukugyo-net.com/1132.html […]

  2. […] アバター画像を設定!Gravatar(グラバター)の登録方法と使い方 […]

  3. […] 私は横文字が苦手なので、ジョイさんが書かれた アバター画像を設定!Gravatar(グラバター)の登録方法と使い方を 読みながら設定しました。ジョイさん、ありがとうございました! […]

コメントを残す

サブコンテンツ