キーワード選定はYahoo!とGoogleどっちの検索エンジンがいい?

Pocket

yahoo-google-e1394861108465
タイトルを作るときにキーワード選定行うわけですが、検索エンジンは何を使っているでしょうか?検索エンジンとはYahoo!とかGoogleとかgooとかエキサイトとか・・・のことですね。


おそらく、多くの人はYahoo!Googleに別れるのかと思います。世界的にはGoogleを使う人が多いようですが、日本ではどちらかと言えばYahoo!を使っている人が多いようですね。


あるデータをみると、日本人はスマートフォンとタブレットではGoogleを使う人が多いようですが、PCではYahoo!を使う人が多いようです。


しかし、最近はPCユーザーよりもスマホユーザーのほうが多いですから、現在はGoogleを使っている人が多いのかもしれません。


それに、ご存知の方もいるかと思いますが、Yahoo!は2010年11月よりGoogleの検索技術を導入しました。そのため、Yahoo!で検索しようが、Googleで検索しようが、検索結果はほぼ同じくなっています。


そのためどちらの検索エンジンを使うのか判断される理由は、使いやすさがポイントになってくるのでしょう。



Yahoo!とGoogleはどっちのほうが使いやすい?

ここでは「使いやすい」という意味を、それぞれの検索エンジンの特徴から考えてみたいと思います。


検索の特徴は複合ワードで知ることができます。


Yahoo! → 比較的短期間のデータをもとに、複合ワードが作られる

Google → ユーザーの検索数をもとに、複合ワードが作られる



【Yahoo!】
8c224151b41cc4c650e1c79469c6a681-e1394860534788

【Google】
1d7aa1cb198e54beab10d223fd698cc0-e1394860553743


Yahoo!の短期間のデータとは?

Yahoo!の複合ワードの特徴は、短期間のデータをもとに作られています。


これはYahoo!で独自の集計をしているのだと思いますが、Yahoo!リアルタイムYahoo!の急上昇ワードのランキングやツイッターなどの検索数によって、表示されるデータなのではないかと予想しています。


個人的にはトレンドアフィリエイトをしている方は、Yahoo!の検索エンジンを使うことが望ましいのではないかと思います。



Googleの複合ワードとは?


Googleの複合ワードは、検索される数によって影響を受けると言われています。つまり、Yahoo!のように短期間で一気に注目される話題があったとしても、Yahoo!よりはワンテンポ遅れるということです。


Yahoo!と比べて複合ワードの変化というのは少ないと思うので、比較的長く検索されるワード(ビッグキーワード)を探すのには向いているでしょう。


ただ、Yahoo!の場合も虫眼鏡キーワードというものありますので、そこをみると長く検索されるワードを見つけることができます。

37c8ad7f1e8c6710af74ef28a9cfa0b8-e1394860643758


結局、どちらを使ってもOK

Yahoo!とGoogleの検索結果はほぼ同じですが、表示されてる関連キーワードは少しだけ違います。


ただ、日本ではYahoo!でもGoogleでも同じぐらい利用者がいることから、この2つの検索エンジンで表示された関連キーワードは共に需要のあるキーワードということになります。


キーワード選定は両方の特徴を知りながら利用するのが望ましいですが、個人的な意見をいうとはじめはYahoo!の検索エンジンで調べてその後にGoogleの検索を利用する…という順序がいいかと思います。


複合ワード(関連ワード)を検索するにはgoodkeywordでトレンドアフィリエイトでキーワードを探そう!使い方の説明で説明した通り、ツールを使うのも便利なので、自分の目的にあったキーワード選びを心がけるようにしましょう。


コメントを残す

サブコンテンツ