top3

特化型ブログはネタやジャンルによっては稼げない場合がある?

Pocket

特化型ブログはごちゃまぜブログと違いジャンル幅が狭いという特徴があります。

そのためにネタ選びジャンル選びが間違ってしまうと全く稼げないという状況に陥ることもあります。



いくら愛情をこめて自分の書きたいジャンルを書き続けても、少しも結果に結びつかないというのはとても辛いですよね。

そんなサイトを見かけると思わずアドバイスもしたくなってしまいます・・・。



とにかくそんな間違いがないように、どんなことをを意識してネタやジャンルを決めればいいのか説明してみたいと思います。



特化型ブログを作成するヒント



  1. 自分で切り口を作る 
  2. 去年の傾向を調べてみる


1,自分で切り口を作る


たとえば、アニメやアイドルのネタがあるとします。



これらのジャンルは2ちゃんねる系のサイトや「根強いファン」が多いことで知られています。

つまりライバルとなるサイトも非常に多いということを意味しています。



それらのサイトと同じようなブログを作ったとしても差別化することは難しいです。


・AKB48まとめ
・ももクロまとめ
・妖怪ウォッチ特集



すでにこのようなサイトはネット上に溢れかえっています。

そのため自分が新たにサイトを作っても、すぐに埋もれてしまいます。



ではこれらのネタは使えないのかと言ったらそんなことはありません。

自分で切り口を作ることによって、オリジナリルなブログを作ることが可能です。



・AKB48まとめ
 ⇒メンバーの髪型。髪型遍歴

・ももクロまとめ
 ⇒1人のアイドルについて徹底的に調べる

・妖怪ウォッチ特集
 ⇒声優や性格などキャラクターに焦点をあてる



こんな感じで切り口を作ってしまえば、魅力的なブログを作ることができます。

しかも人気のあるネタなら、関連キーワードも数え切れないほどあるので、自分にとって書きやすいジャンルを絞ることも簡単だと思います。

goodkeywordでトレンドアフィリエイトでキーワードを探そう!使い方の説明



2,去年の傾向を調べてみる 


先程の自分で切り口を考えるというよりも、こっちの方が簡単かもしれませんね。



どういうことかというと毎年必ず開催されるイベント、行事、大会などの特化を作るということです。



もっと具体的に言うと、関連キーワードの最後に「2014」や「2013」がつくネタやジャンルをねらいましょうということです。



たとえばこの記事を書いている現在は2014年11月なので、2015年に備えたネタを探した場合、「◯◯ 2014」という関連キーワードがでた場合は、2015年も関連キーワードになる確率が非常に高いです。

たとえばこんなものがあります・・


・初詣 2014
・箱根駅伝 2014
・初日の出 2014
・節分 2014
・東京マラソン 2014


このように「2014」がつく関連キーワードが会った場合は、ほとんどの場合「2015」年も注目されることになります。

なるべく早くこのようなネタを見つけて特化ブログを作ることで、後に大きなアクセスを集めることができます。



また、毎年このような特化ブログを作っているトレンドアフィリエイターもいます。

そのため、「2015」の特化ブログを作りたい場合は「2014」のキーワードを使った特化ブログは必ずあるので、どんなサイトなのかチェックしておくことにしましょう。



そのサイトを参考に「2015」というキーワードで記事を作成すれば、簡単にアクセスを集めることもできるでしょう…。

コメントを残す

サブコンテンツ