top3

ノウハウコレクターを脱出して稼ぐには行動を第一に考えるって本当か?

Pocket

Stop-Thinking

「ノウハウコレクター」という言葉を知ったのは、ネットビジネスをするようになってからのことでした。おそらく普通に暮らしているほとんどの方にはこの言葉を聞くという機会もおそらくないので、ネットビジネス業界特有の言葉なのかもしれません。


意味を説明しなくとも、なんとなくどんな意味のことを言っているのかというのは想像することができるでしょうが、簡単に言えば「頭でっかち」なことです。

知識や情報ばかりを集めてなにも行動を起こさない人のことです。


ネットビジネスでよくあるような甘い言葉に騙されてしまって、まったく稼げるようになっていないのにも関わらずノウハウを買いあさってしまって、気づいた時には多くの借金が残ってしまった・・・というのをたまに耳にすることもあります。


そうならないように「とにかく行動するんだ」と煽る人も多いかと思いますが、よく考えてみるとその考えもノウハウコレクターの思考と全く変わりがないんですよね。ちょっとそのことについてまとめてみようと思います。



行動至上主義の頭の中

 
アフィリエイトでも何でも、目標があって何かを達成するためには行動することは、言わずもがなです。しかし、ノウハウコレクターはそれをすることができません。

  1. 知識や情報を得ることで自分が成長していると思っている
  2. 知識や情報が自分の中に揃ってないと、整理されてないからまだ行動しない

おそらく、この二つのどちらかの状態にいるのだと思います。


この状態を一発で抜け出すのが行動です。一ミリでもいいから前に進むことができれば、徐々にノウハウコレクターを抜け出すことができるでしょう。

つまり、行動さえすれば自分の状況がかわり、結果を出すことができて、それが報酬につながるからまずは全力で行動することにしましょう!!

・・・という話ではありません。


行動してもノウハウコレクターと同じ状態になる場合があります。


ノウハウコレクターというのは知識や情報に縛られている状態でもあります。「知る」ことや「得る」ことが目的にとなってしまっています。

反対に、行動至上主義は行動することが目的になってしまっています。進むべき青写真はあるもののアップデートしないために、次第に目標にたどり着くということが二の次になってしまいます。

猪突猛進のほうが目標があるだけでまだマシです。


二つに共通するのは思考の硬直化です。ノウハウコレクターは一見考えているようにもみえますが、「知る」「得る」は考えるの一つ前のステップになります。


ちょっと自転車に乗ってみることにしましょう。


行き先を決めること、ペダルをこぐこと


自転車に乗ってみたことってありますか?・・・というのはもしかしたらふざけた質問かもしれませんね。

自転車は目的地へ行くための便利な乗り物です。
(目的なんか関係なくフラフラもできるよ、という考えはとりあえず置いといて…)


目的地に行くためにはどこの道を通るかというのは、あらかじめ、もしくはペダルをこぎながら考えます。コッチのほうが近いかな?アッチは多分混んでるしな、あそこの犬が怖いから通らないようにしよう…みたな。

ルートが決まったら、ペダルをこいで進みます。はじめから全速力でこいで目的地につくまで疲れてしまってはアレなのでマイペースで向かうことにします。


目的地までルートを考える(ノウハウを知る)、ペダルをこぐ(行動する)、この二つがあって目的につくことができます(目標を達成することができます)

どちらかが欠けていると、目的地につくことができないとは言えませんが、効率的とは決して言うことが出来ません。


要はバランスが大事だと思います・・・って言いたかっただけですが、一言で言ってしまうと「あ、そう」で終わってしまうので、面倒な言い方をしてみました。
(これでも「あ、そう」って思ってしまったらスミマセン)



ネットビジネスをする方は近道はしないと心に決めておいたほうが良いかと思います。近道をしようとする心はラクをしようという気持ちとつながるので、どうしてもボロが出てしまいます。

大きなビルは基礎がものすごくしっかりしているように、「遠回りしても構わない」という覚悟を持ち、知識と行動を繰り返していけば、それが意外と自分にとっては近道と感じたり「通るべき道だった」と思うことが必ずきます。


知識を得て考えること、行動すること、そしてそれを続けること。

ものすごくシンプルですが、やはり何かを成し得るには、どうやらコレしかないようですよ。僕自信も忘れないようにしたいことでもあります。


コメントを残す

サブコンテンツ