アフィリエイトやネットビジネスで使うサーバーって何?

Pocket

Server-room6
自分でブログやサイトを作って情報発信するにはドメインドメインとサーバーが必須となります。


ドメインは購入し、サーバーをレンタルするのがネットビジネスをする人の一般的なあり方です。


ここではサーバーって何なのか、簡単に説明してみたいと思います。


サーバー??

サーバー、英語で書くとserver。


サービス(Service)をする人、提供する人、モノという意味があります。サービスの反対がクライアントで、こちらはサービスを受ける人ですね。ビールサーバー、コーヒーサーバー、バレーボールでもサーバーという言葉を聞いたことがあるかと思います。

ClientServer
インターネットの世界だと情報を発信する「場所」としてサーバーが必要になります。例えば、いつも私達が使っているメールにもメールサーバーというものがあり、この「場所」を使わせてもらってるおかげでメールの送信、受信を行うことができます。


以前、ガラケーで「センター問い合わせ」がありましたが、そのセンターがサーバーのことだと思います。今でも「センター問い合わせ」ってあるんですかね…


無料ブログと呼ばれる、ブログを始める上でまったくお金がかからない会社は、もちろん無料でサーバーを使わせてもらっているわけです。


ただ、無料の場合は使える容量が決まっており、「それ以上」を望む場合は「月額いくらでバージョンアップ」的なところがほとんどです。


このように人が生活する「場所(土地)」があるように、情報発信するためにも「場所(サーバー)」が必要であることは覚えておきましょう。



アフィリエイトで使うサーバーは?

アフィリエイトをする場合はレンタルサーバーを使う必要があります。


レンタルサーバーというくらいですから、「場所」をレンタルするということになります。反対に自社サーバーなんてものもありますが、大きな会社をもたない限りはレンタルで十分です。


それに自社サーバーだと、セキュリティ面のことも考えて、専門スタッフを用意し、24時間365日監視してないといけないため、ちょっと個人では対応することは難しいです。


レンタルのなかでも「共有サーバー」と「専門サーバー」がありますが、値段の安い「共有サーバー」で問題ありません。


このブログでオススメしているサーバーはエックスサーバーです。個人を運営するぶんには多少の大きなアクセスが来たとしても十分に耐えることができます。

xserver
エックスサーバーよりも安いサーバーはたくさんありますが、「安かろう悪かろう」です。

【画像で説明】エックスサーバーの申し込み方法


サーバーをレンタルし、実際に使ったことない人にとってはどういうものなのかイメージしにくいかもしれませんね。


しかし、サーバーレンタルをするといっても特に難しい設定は何もありませんし、エックスサーバーはサポートも充実しているので安心して使うことができますよ。

アフィリエイトのレンタルサーバーは信頼感のおけるエックスサーバーで


コメントを残す

サブコンテンツ