グーグルアドセンスの停止期間から再開する再審査の方法

Pocket

custom-google-adsense-logo

グーグルの規約に反することをしてしまった場合、アフィリエイターに対して罰則が加えられるわけですが、広告表示をしている以上なるべく早く問題を解決しておきたいところです。

なるべく早く解決しておくことは、最悪の事態であるアカウントの無効を防ぐためでもあります。

グーグルアドセンスの違反には警告、停止、アカウントの無効の3種類がある


警告、停止の期間はいわば「無効になってしまうまでの猶予期間」ということなので、さっそくサイトの修正にとりかかることにしましょう。



違反を受けてしまった時の処置

 
アドセンスの違反を犯してしまった場合はアドセンスの管理画面やメールという形で知らされることになります。

その際、どんな行動を取っていけばいいのかグーグル社員の方が話している動画あるので、37分12秒あたりからご覧になってください。


動画でもは大きくわけて5つのことに話していました。

  1. 指摘された箇所以外に違反が残っていないかサイト全体を確認
  2. 広告コードは掲載したまま審査
  3. 何を修正しましたか
  4. 再審査お申込み立てフォームリンクは通知の末尾に記載
  5. 再審査は順次処理されるため、重複して送付しない


1,指摘された箇所以外に違反が残っていないかサイト全体を確認


警告メールには違反と思われるページURLが記載されていますが、これはサイトの一部と捉えるべきです。

もちろん、指摘された箇所だけが問題であるという場合もありますが、「指摘された箇所と似ている箇所がさらにある」という場合もあります。


ページ数が多いサイトは大変かもしれませんが、今一度サイト全体を確かめてみましょう。



2,広告コードは掲載したまま審査


これは広告の掲載位置に問題があった場合のことを言っています。

「広告外したからOkでしょ?」と申し立てるアフィリエイターも多いためなのでしょうが。



3,何を修正しましたか


ここは大事なところですね。

指摘された箇所に対して、自分はどのような修正を行ったのかを文章で記載するということです。

修正をした箇所をグーグルが確認するのは、おそらく人間です。

そのため、ちゃんと指摘することで審査もスムーズに進むと思いますし、そのほうが親切でもありますよね。


もちろん、修正箇所を指摘する以外にも謝罪の言葉今後二度と違反を犯さないように努力する等のメッセージを一緒に添えましょう。



4,再審査お申込み立てフォームリンクは通知の末尾に記載


再審査を申請するには、グーグルからくるメールにリンクがあるそうなので、そこからお願いするようですね。

またポリシー違反の審査からも申請することができるそうです。


その際に、自分のサイトURLと修正箇所を書く以外に、アドセンスIDとメールに記載されている発行ID番号が必要になってきます。

なんども再審査のメールをすることがないよう、確実に一発で終わらせましょう。



5,再審査は順次処理されるため、重複して送付しない


これは簡単にいうと「ちゃんと順番に審査するから、いちいち催促しないで」ということです。

どうしてもグーグルは対応が冷たいという印象がありますが、アドセンス違反のメールについてはほぼ100%返信が返ってきますのでご安心ください。



上にあるグーグルの動画は前編で実は後編もあります。


一度みるだけでもアドセンスに対しての理解は大きくなるので、時間のあるときに閲覧することをオススメします。


コメントを残す

サブコンテンツ