【コピペ用】アドセンスブログで必須のプライバシーポリシーの雛形テンプレート

Pocket



アドセンスを利用する人は(トレンドアフィリエイトをする人は)プライバシポリシーを自分のブログに設置しなければいけません。

どんな内容を書けばいいかは、アドセンスの必須コンテンツという箇所に載っています。

正直に言うと、僕は5年ぐらいアドセンスを利用していますが、ずっとプライバシーポリシーを設置してませんでした・・・

それでも問題なくアドセンスの審査には合格したし、プライバシーポリシーを設置してなくても特にGoogleから指摘されることはありませんでした。

運が良かっただけか、たまたまなのかわかりませんが、この調子だと今後も指摘されることはないのかな~なんて思ってしまいますが。

でもやはりルールはルールですから。

「ちゃんとこういう内容のプライバシーポリシーを載せてくださいよ」と言われてる以上、 ちゃんとルールを守らないとなぁと思ったわけです。

アドセンス審査のときだって、プライバシーポリシーを設置してないから通らないということはないと思います。

でも設置することで「これから真面目に運営していきます!」っていう印象が伝わるはずなので、とりあえず設置しておいたほうがいいですね。


広告:無料ブログチェックのご案内

メルマガ登録後から10日間限定で無料ブログチェックを始めてみました。チェックを受けたその日のうちに1万円以上稼げた人もいるので、お気軽に申し込んでみてください。

実験的に始めただけなので数日後には終了してるという可能性もあります。 そのときはすみませんm(_ _)m

>>> 無料ブログチェック申込みの詳細

プライバシーポリシーって何?

そもそもそのプライバシーポリシーって何ってことですが「個人情報保護方針」って呼ばれるものです。

ざっくり言うと、

「私のブログに集まったあなたの個人情報はちゃんと扱います。決してあなたに迷惑をかけません!」

ってことを宣言することです。

ここで気になるのは「個人情報」。ブログに訪れるだけで個人情報バレるのかってことですね。

答えを言うとバレてしまうわけです。・・・が、それは本名とか電話番号とか住所がバレるっていうわけではありません。

PCに残ってる履歴がバレてしまう(知られてしまう)って考えていいと思います。

アドセンスで考えるとわかりやすいですよ。

アドセンスってその人の履歴にもあった広告が表示されるときがあります(パーソナライズ広告)。

なんで自分の履歴がアドセンス広告に反映されるんだろうって不思議に思ったことありませんか?

あれがパーソナライズ広告。

例えば、少し前に北海道旅行のサイトを眺めていたらその履歴がPCに残ります。で、次に音楽サイトを訪れると「北海道旅行に関するアドセンス広告」が表示されるときがあります。

楽天市場でブラブラと欲しいものを探してた後も、別のページで楽天の履歴が表示されたりしますよね。

ついさっきまで楽天アフィリをリサーチしてても、『いらすとや』にこうやって個人情報(履歴)が広告に反映されてしまいます。


こうやって個人情報が反映されてアドセンスが表示されてしまいます。

そんなことがあるのでアドセンス側としては、

「ユーザーの個人情報から表示される広告を選んでるけど、悪用しないからね~」っていうことをあなたのブログで伝えておいて!

っていうわけですね。

これがプライバシーポリシーを設置してほしいという理由です。



どんなことを書けばいいわけ?

じゃあプライバシーポリシーとしてどんな文章を載せておけばいいのかってことですが、これはさっきの必須コンテンツの以下の部分に書かれています。


簡単にまとめると、
  1. Cookie(クッキー)を使って個人情報を集めてます。
  2. 集めた情報は最適なアドセンス広告を表示するために使います。
  3. あなたがCookieを無効にすることも可能です。
という3つ。

これをプライバシーポリシーとしてユーザーに伝えてあげればいいわけです。

この3つのことが伝わるならどんな文章でもOKです。



「アナリティクスのプライバシーポリシー」と「免責事項」も一緒に!

アドセンスを利用してる人は、アナリティクスも利用してる人が多いでしょう。

実は、このアナリティクスを利用する際もプライバシーポリシーを書かないといけません。

ここのページの「7.プライバシー』」ってところに書いてあります。

アドセンスのプライバシーポリシーを設置するついでに、アナリティクスのプライバシーポリシーも設定しちゃいましょう。

あともう一つ書いておいたほうがいいのが免責事項

免責事項を簡単に言うと、

「このブログに掲載されている情報によって、あなたが損害を受けたり、被害を受けたりしても責任は取れないですから」

ということを宣言しておくことです。

ブログを運営する側からすれば、価値ある情報を届けたいと思うのは当然のことです。

でもなかには、間違った情報を届けてしまったり、古い情報を届けてしまったりすることがあります。

そのことによってあなたに問題が起きても自己責任でお願いしますね、ということを伝えておくわけです。

というわけで
  • アドセンスのプライバシーポリシー
  • アナリティクスのプライバシーポリシー
  • 免責事項
と、この3つを設置していきましょう。



コピペOK!雛形テンプレートを作ってみました

これから

  • アドセンスのプライバシーポリシー
  • アナリティクスのプライバシーポリシー
  • 免責事項
の3つの雛形テンプレートを紹介しますが、それをコピペしてあなたのブログに張りつけてしまってOKです。

なかにはコピペするのは重複コンテンツになるから良くないって人もいるようですが、個人的にはそこまで気にしなくても大丈夫じゃないかなって思います。

心配な方は引用タグを使用すればOKです。

ちなみに「プライバシーポリシーを画像化すれば大丈夫じゃない?」って思うかもしれませんが、グーグルは画像化した文字もちゃんと認識できます(OCR機能)。

というわけで、画像化しても意味ないことだけ覚えておきましょう^^;

ではでは、プライバシーポリシーの雛形テンプレートです。

・・・といってもまったくのゼロから文章を作ることは難しいので、以下の2記事を参考に作ってみました(ありがとうございます!)。

広告の配信について

当サイトは「Google AdSense」の広告を設置しています。

Googleを含む第三者配信事業者はCookieを通じた情報を使い、ユーザーの興味に応じた広告を配信しています。

Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。


アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。

このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。


免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。



さいごに

いろんなブログやサイトをみてると、まだまだプライバシーポリシーを設置してない人は多いように思います。

おそらく僕と同じように、設置しなければいけないってわかってるけど面倒に思ってる人が多いのかもしれませんね。

でも、設置だけなら5分でできます。

やらなければいけないことは即行動したほうがいいので、ぜひぜひ今すぐ設置してみてみてください!

サブコンテンツ