速報ネタの記事作成は6割完成を目標にすればOK

Pocket



速報系の記事はできるだけ早く投稿することが大事です。

アクセスを集めることができるピークが短いぶん、早く投稿しなければいけないということですね。

投稿するまでにもっとも時間がかかるのが記事作成。

ここに時間をかけてはいけません。

速報ネタを狙うときは、記事作成はできるだけ早く終わらせましょう。

ネタによって時間の目安は多少変わりますが、30分以内で記事作成を終わらせて投稿するイメージです。

「そんなに早く記事書けない!」

と思った人もいるかもしれませんが、おそらくそれは記事の完成度を高く求めすぎてることが原因かもしれません。

広告:無料ブログチェックやってます!

メルマガ登録後から10日間限定で無料ブログチェックを始めてみました。チェックを受けたその日のうちに1万円以上稼げた人もいるので、お気軽に申し込んでみてください。

実験的に始めただけなので数日後には終了してるという可能性もあります。 そのときはすみませんm(_ _)m

>>> 無料ブログチェック申込みの詳細

速報記事は6割の完成で投稿する

基本的に速報ネタを投稿するときは、記事の完成度は6割程度でOK

このように考えてみてください。

6割程度の目安とは「最低限の情報が書かれてればいい」と解釈しましょう。

記事を書くときは狙うキーワードを決めてから、そのキーワードで検索する人はどんなことが知りたいだろうか、ということ予想して記事を書きます。

そのとき
  • 最低限の情報
  • プラスアルファの情報
  • 関連情報
  • 実体験
  • etc…
などを書くことが多いですが、「最低限の情報」だけを書いて投稿するということですね。

画像や装飾は、最低限の情報に含まれません。

画像や装飾はあったほうが読みやすく、わかりやすいコンテンツに仕上がります。

でもそれは投稿するのに必須項目じゃないんですよね。

まずは「最低限の情報」だけを書いて投稿する。これが早めに投稿するコツです。



2段階に分けて投稿する

「でもそれだと低品質の記事ができあがってしまうのでは?」

と思ってしまうかもしれませんが、あくまでこれは早く投稿するという目的を第一に考えたやり方です。

まずはそれをクリアすることが大事。そして完成度を目指すのは次の段階です。

すでに投稿した記事に修正や追記を行うことによって、濃い記事に仕上げていきます。

関連記事
ブログ記事投稿後に行う「追記」と「修正」の違い

こうやって
  • 第1段階:記事投稿を優先する(6割の完成)
  • 第2段階:濃い記事に仕上げる(10割の完成)
という感じで段階を踏んだほうが効率的だと思うんですよね。

はじめから濃い記事を書かなければいけないと思ってしまうと、

「早く投稿しないと!!」

という焦りが邪魔をして良い記事が書けなくなってしまいます。

良い記事は、余裕がないと書けないものです。

でも一度投稿してから濃い記事に仕上げるようにすれば焦ることってないと思うので。



「完璧な記事」は書こうとしちゃダメ!

ただここで気をつけてほしいことがあります。

「10割の完成」とは、完璧な記事を書くことじゃないです。

記事を仕上げる、ということ。

問題はどの程度を仕上げるかということなのですが、これは
  • 自分の書いた記事の検索順位を参考にしたり
  • ライバルブログの多さを参考にして
決めるといいと思います。

自分の記事の検索順位をもっと上げたいならば、さらに少し情報を加えて濃い記事に仕上げる。

そうすることでGoogleからも評価されやすくなります。

ライバルブログが多いときもそう。

ライバルよりも良い記事を書くという意識で、修正&追記をすれば上位表示される可能性が高くなります。

記事を仕上げるというのは自己満足で決めるものじゃありません。

「なんか自分の記事しょぼいな…もっとレベルの高い記事を書かないと」

って思ってはダメです。

もちろん日記ブログとかだったらそれでも全然アリ。

でも稼ぐために記事を書いてるのだとしたら、記事を書く目的を考える必要があります。

その目的は、上位表示して稼げるようになること。

そう考えるならば自己満足ではなく、

どの程度まで仕上げればさらに上位表示できるか

という視点で考えていきましょう。

補足

どんな情報を、どこまで詳しく書けば、どのくらい上位表示されるのか。

どんな情報を修正&追記すれば、ライバルブログに勝てるか。

これは実際に書いてみないとわからない部分があります。

でもここは「投稿した後の自分の記事内容」と「その他のブログの記事内容」を比較してみればなんとなく見えてくるはずです。




「ダメ記事作成した…」←捨てましょう!

一方、6割の完成で記事を書いて、
  • もう上位表示目指さなくてもいいかな
  • ライバルブログが多くて勝ち目がないかな
  • もうこのネタで濃く書くのは難しいかな
と思ったり、
  • 自分のブログが圏外で飛ばされてしまった
  • 検索結果の4ページ以上に表示されている
という場合は、その記事は放置してしまいましょう。

なんなら思い切って削除してしまっても構いません。ここで気をつけたいことは、

せっかく書いたのに削除するなんてもったいないなって思うこと。

速報系をガンガン狙っていく場合は、

10記事~20記事ぐらい書いて1記事大きい爆発を起こせればそれでOK!

ぐらいに楽に考えるのがいいと思います。

19記事アクセスの集まらない記事を書いたとしても、1記事で爆発を起こしたことがキッカケで3万円とか稼げることもあります。

そしてその爆発によってブログ全体の評価が高まるので、今後さらに稼ぎやすくなります。

だからこそ速報ネタは、狙えるネタやキーワードを見つけたら積極的にガンガン狙ってきましょう。

記事を投稿する前もそうですね。

「この記事を書いてアクセスが集まらなかったらどうしよう」という考えはやめたほうがいいです。

トレンド記事は書いてみないとわからないという性質があります。

迷う時間があるなら手を動かして試しに書いてみたほうが絶対いいです!




1記事当たれば儲けもんですが、
なにより爆発することができれば「本当に稼げるんだ!」という自信にも繋がります。

こういう成功体験があると「もっと作業したい!」と思えるようになりますよ。

決して、一記事入魂で記事を書かなくてもいいです。

良いネタを見つけたら積極的に狙っていく、という姿勢だけ忘れないようにしましょう。



ダメな原因は必ずある

もし20記事ぐらい書いて爆発が起こせない場合。

それはあなたの今のやり方が間違ってるのかもしれません。
  • ネタか
  • キーワードか
  • 記事の質か
  • ネタの需要か
  • 投稿するタイミングか
  • etc…
確かなことは、なにか変える必要があるってことです。

その答えを知るためには、自分のブログを分析してもいいし、稼いでそうなブログを分析するのもいいと思います。

なにか対策を決めて、新たな気持ちで再度取り組んでいきましょう。

もしもどんな対策をしたらいいのかわからないという方は僕に相談してもらっても構いません。

現在、メルマガ登録してから10日間限定ですが、ブログチェックをやっています。詳しくは以下のリンク先に書いてあります。

関連記事
10日間限定の無料ブログチェック始めてみました

気軽に活用してみてください!



さいごに

速報型の記事を書く場合は
  • まずは6割完成を目標
  • 次に投稿してから10割完成を目標
という感じで進んでいきましょう。

また投稿後、どの程度まで完成度を高めるか、もしくはその記事を放置するか。

それは投稿後の「自分の記事」と「ライバルブログ」を比較して決めてみましょう

まずは6割完成の記事をガンガン書いていくことからですね!

ガンガン書けるネタやキーワードの見つけ方がわからないなら、普段から勉強してみると良いですよ。

以下の練習をすれば、ネタ選びやキーワード選定が上手くなるので。

関連記事
速報ネタのキーワード選定を上達させる練習方法


戻る >>>『【記事作成編】トレンドアフィリエイト完全攻略』

サブコンテンツ