記事作成では上位表示させるために「真似」&「超える」を意識する

Pocket



「タイトルに沿った内容を書く」ということが記事作成において忘れてはいけないことです。

あなたの記事に訪れるユーザーは、検索結果に表示されたあなたのタイトルを見て「タイトルリンク」をクリックします。

そのときユーザーは

「この記事なら私の知りたい情報が書かれてるかも?」

ということを無意識に期待します。

この気持ちに僕らは応えるべき、というわけですね。

じゃあ具体的にどんなことを書けばいいのかという話ですが、それを一言で説明するのは難しいかもしれません。

あなたの作ったタイトル(=あなたの狙ったキーワード) によって、何を書けばいいのか変わってきますから・・・と、それじゃ投げやり感が強いので。

ということでこの記事では
誰でもタイトルに沿った内容を書けるようになるためのポイントをご紹介します。

またそのことは上位表示させるためのコツにも繋がります。

上位表示させるためにタイトルに添った内容を書く以外に、どんなことを意識するか。

このあたりもまとめてみます。

広告:無料ブログチェックのご案内

メルマガ登録後から10日間限定で無料ブログチェックを始めてみました。チェックを受けたその日のうちに1万円以上稼げた人もいるので、お気軽に申し込んでみてください。

実験的に始めただけなので数日後には終了してるという可能性もあります。 そのときはすみませんm(_ _)m

>>> 無料ブログチェック申込みの詳細

ユーザーの欲を満たしてあげる

記事タイトルを別の言い方で表すと「狙うキーワードの集合体」と言い換えることができます。
例えば・・・

『AのBはどれぐらい?CによりDらしい!』というタイトルを作ったとすると、

  1. A+B
  2. A+C
  3. A+D
3つが狙うキーワードということになります。

ちなみに、Aが「メインキーワード」で、B、C、Dが「複合キーワード」ですね。

「A+B」が「お盆玉 相場」というキーワードだったとしましょう。

ユーザーは「お盆玉 相場」というキーワードで検索したときに、あなたの記事タイトルをクリックする可能性があります。

そのときあなたの記事に
どんなことが書かれていればユーザーの欲を満たせるか

この欲を満たしてあげることが、タイトルに添って書くということです。



「ユーザーの欲を満たす」記事の書き方

ユーザーの欲を満たすためにどんなことを書けばいいのか。それが簡単にわかる方法があります。

それは実際に「お盆玉 相場」というキーワードで検索をかけてみるということ。

検索をかけて表示された1ページ目に注目してみましょう。

そうするといろんなブログ、サイトが表示されます。

ここにある1位~10位までの記事内容。
 ↑ ↑ ↑
これらがタイトルに添った内容です。

言い方を変えると、「お盆玉 相場」で検索したときに、

「ユーザーが求めてる答えが書かれているな!」

とGoogleさんが判断した結果だ、ということになりますね。

「Googleの判断基準 ≒ ユーザーの欲を満たせる答え」と、解釈してもとりあえずいいと思います。

今回の「お盆玉 相場」のように、すでにこのキーワードを使って記事を書いてる人が多い場合は、タイトルに沿った内容が推測しやすいです。

でも自分が狙いたいキーワードで、記事を書いてるブログ・サイトが少ないとき(速報系ネタなど)。

そのときは自分でユーザーの欲(気持ち)を予測して、記事を書かなければいけません。

大丈夫です。自分の予想する欲と、実際にユーザーが抱えてる欲が多少ズレていてもかまいません。

なぜならライバルブログが少ないということは、書くべき内容が多少ズレていても簡単に上位表示できるということですから。


ここに表示された1位~10位までの記事をチェックしてみましょう。

簡単にチェックするだけもいいし、もし面倒だったら上位3位とか5位ぐらいまででもいいので。

上位表示されてる記事は、どんな内容が書かれているのか?

それ探し出しましょう。

見出し(目次)をチェックすると、どんなことが書かれてるのか簡単に推測できますよ。

これらを参考にしながら自分も記事を書いていけば、自然とタイトルに添った内容を書けるというわけです。

いわば、ライバルブログの内容を「真似する」ってことですね。

真似するとはコピペのように丸パクリすることじゃありません。書かれてる情報を参考にするってことです。

情報は誰ものでもありませんので、これはまったく問題ありません。



ライバルブログを「超える」考え方

「書かれてる情報を真似する」というの間違いじゃないし、ここから

  • 読みやすい構成を作る
  • 見やすい画像や装飾を入れる
  • すらすら読んでしまう文章に変える…etc
などを意識すれば、同じ情報でもまったく印象の違う記事に仕上げることができます。

・・・でもこれは初心者の方からすると、難しいんじゃないかなって思うんですよね。

まだ知識も経験も少ないと、1記事完成させるのもやっと…という人も少なくないはずです。

そんな人はライバルブログに書かれてる情報を「真似する」以外に、
「超える」ということを意識してみてください。

ライバルブログが
  • 「お盆玉の相場」しか書いてないなら、「お年玉の相場」も書いて比較してみる
  • お盆玉の相場を「親目線」でしか書いてないなら、「祖父母目線」でも書いてあげる
のように、ライバルブログの内容を超えるための情報を加えると、差別化しやすくなります。



実体験を入れるのもオススメ


他に、実体験を入れることもオススメです。

ネタを変えて別の例で說明してみます。

「洗濯機 カビ」についての記事を書こうと思ったならば、
  • 洗濯機についたカビの取り方
  • 洗濯機に発生するカビの原因
  • 洗濯機を綺麗に保つカビの予防法
・・・のようなことを書こうとする人が多いと思います。

それプラス、自分の体験を加えてみるということです。
実体験を入れた例

梅雨の時期のことなのですが、この洗濯機についた同じ種類のカビが、寝室の部屋の壁にくっついていたことがありました。

その部屋はとても湿気が多く、壁に水滴ができることが多いんです。

どうやら洗濯機に発生する種類のカビは、湿気が多い場所ならどこでも発生するようです。

一度あなたの住んでるお部屋で「湿気が高い場所」を隅々まで調査してみましょう

みたいな(この例文はテキトーですからねw)。

ただこういう体験を入れるときは、
ユーザーにとって参考にならない情報を入れちゃダメです。

体験談を語ることによって

  • 「そんなこともあるんだな」と共感してもらえるか?
  • 役立ててもらえるような情報なのか?
このあたりを確認することにしましょう。



さいごに

タイトルに添った内容を書くにはどんなことを意識すれば良いのか說明しました。
  • 自分が狙うキーワードを検索してみる
  •  ↓
  • 検索結果に表示された1位~10位の記事内容をチェックする
  •  ↓
  • そこに書かれていた情報を参考に記事を書く(真似をする
この流れが基本です。

でもこれだけじゃ他のブログと似たような内容になるから「超える」ということを意識する。
  • ライバルブログが書いてない情報を書く
  • 実体験を入れてみる…etc
などを意識するということです。

他のブログよりも良い記事を作るための「超え方」はもっとありますが、ここでは基本的な2つだけをまとめました。

この「超え方」を探すには
「さらにユーザーに役立つ内容にするにはどうすればいいか?」ということを考え続けることです。

もちろん完璧を目指してしまうとキリがないので、常に全力で考える必要はありません。

ただいつもの記事作成のなかで1%でもその意識を持っていれば。

たぶん記事更新を重ねるについれて、少しづつ「良い記事」の完成度が上がってくはずです。

戻る >>>『【記事作成編】トレンドアフィリエイト完全攻略』

サブコンテンツ