アフィリエイトでブログ記事投稿後に行う「追記」と「修正」の違い

Pocket


だいたいは一度、記事を投稿してしまったらあとは放置するという人は多いかもしれません。

ただ労力やリターンにもよりますが、追記・修正は行なったほうが良いと思います。

この追記・修正は似ているようで、役割は違います。

追記は増築で、修正は改築・・・みたいな感じ?(新しい記事は新築?)

それぞれどんな役割があり、そしてどのように使っていけばいいのかまとめてみたいと思います。

(追記・修正の定義は人それぞれ違うかもしれませんが僕はこう考えています、というものです!)

追記とは?

追記は、記事の最下部に情報を付け加えていくことが基本となります。

追記を書く場所には、【追記】とか【最新情報】とか【○月△日更新】のような見出しを付けてる人が多いような気がします。

例えばトレンドブログで、8月に行われる花火大会ネタを、その年の3月に書いたとします。

5ヶ月後の情報を3月に書くということなので、まだ詳しい情報を書くことができない可能性もあるでしょう。

その場合、
  1. 今現在(3月現在)わかることだけを書いて一度投稿してしまう。

  2. その後(5月とか6月とか)に詳しい情報がわかってきたら、追記として情報を記事の最下部に書き足す。
イメージとしてはこんな流れとなります。

また、「記事にしていたスポーツ選手が金メダルを取ることになった」のように、記事作成後に新しい情報が入ってきた時も追記として書き足すとか。

このように、すでに投稿した記事が枝分かれのように広がった場合は追記を行なっていきましょう。



修正とは?

修正は、全体の構成や流れを変えたりすることが基本です。

(誤字脱字を正すのも修正ですが、意味としては「訂正」に近いかも)

追記は記事の最下部に情報を付け足しましたが、修正は記事のどの部分を直しても問題ありません。

1年前に投稿した記事を読み直した時に「なんか微妙だな~」とか「わかりにくい書き方してんな~」とか気づいたらどんどん直していきましょう。

また記事の流れに関しても

A→B→C→D→E

が変だったら、

A→C→D→B→E

のように変えてしまってもいいと思うし。

A→B→B1→C→C1→D→E

みたいにボリュームアップさせても良いと思うし。

当時、自分が記事を書いた感覚と、今この記事を見た感覚って全然違ったりします。

たぶん時間が経ったことで、冷静に自分の記事を客観視できるようになったということなんでしょうね。

普通に考えると、昔の自分よりも今の自分のほうが成長しているわけです。

それなら今の自分の感覚を信じたほうが良い記事に仕上がるんじゃないかなって思います。

記事の構成をガラッと変えてしまうと現在の検索順位に影響が出る場合もあります。このリスクを考慮したうえで、修正するかしないか考えてみたほうが良いと思います。

個人的には「今の自分」を信じるので積極的に修正してしまうことが多いです。




速報記事に追記・修正した事例と効果


トレンドアフィリエイトをしてる人は、速報記事に対しては追記・修正を積極的に行なっていったほうが良いと思います。


追記をした場合と効果


速報記事に追記をするのは、

  • 詳しい情報がわかったときとか
  • 新しい情報が入ってきたとか
  • わからなかった情報がわかったときとか
このようなときに追記をします。

速報記事って新しい情報を知りたい人が多いと思うので、できるだけ古い情報をアップデートする必要があります。


修正をした場合と効果


速報記事はできるだけ早く投稿してしまうことが大切になります。

速報記事は比較的、情報を求められる期間が短いので素早く記事を書き投稿して多くの人に読んでもらう、というわけですね。

ただそのようなスピードを意識して書いた記事って、完成記事がけっこう雑になる場合があります。

そんな時は一度投稿してしまってから、あとでゆっくりと修正する。

そうすれば投稿時は雑さが残る記事でも、それから数時間後にはユーザーに求められる記事を完成させることができます。

スピードを意識した投稿をするなら、6割程度の完成でいいかなって思います。

あとの4割は投稿後に修正を加えていくようなイメージですね。

関連記事

速報記事に追記・修正した事例と効果については、実際に僕が文章を作ってお見せしたほうが直感的にわかってもらいやすいはずなので、別記事にて説明してみます。

こちらの記事はメルマガ登録後にもらえるパスワードを使って読んでください。

速報ネタを書くなら必ず知るべき「仮投稿」&「追記・修正」の具体例



おわりに

記事を完成して投稿したらそれで終わりじゃ勿体ないです!

新しい情報が入ってきたら書き直す必要が出てくるかもしれないし、古い情報ばかりが書かれてる記事ならユーザーは読む気が無くなるかもしれません。

また、追記・修正をすることは、SEOの観点から考えても記事評価が高まると言われますし、それは僕自身も感じています。

ということを考えると、やはり追記・修正は定期的に行なっていくことが良いのかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ