オートレンダーを実践してみての感想(キーワード選定やリライト機能など)

Pocket

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s
トレンドキーワードを自動的に捻出してくれるというツール、オートレンダー。このツールを使うことによってトレンドアフィリエイトがだれでも簡単にできる…と。


実際にこのツールを使うことによって稼ぐことができたという人もネット上では確認することができます。ただ、僕はそれらの人とはちょっと違う感想を書きたいと思います。


こちらで説明したように、僕は下克上を実践していまもなくこのツールを使い始めたのですが、購入してからわずか3ヶ月で使用するのを辞めてしまいました。その理由を述べてみたいと思います。

キーワードの取得方法の疑問


なんといってもこのツールの魅力はキーワード自動的に拾ってくれるということです。ある芸能人の名前を入力すると、その人の関連キーワードが表示されます。

それもただ出てくるのではなく、上位表示できそうな関連キーワード(虫眼鏡)が表示されます。こう聞くとものすごく便利なツールだなと思ってしまいます。


ただ僕は、このことが非常にきにかかっていました。それは、このトレンドキーワードって何を元に捻出されるの?ということです。


例えば下克上の場合なら、上位に無料ブログが入っているとか、狙うキーワードが入っているライバルはいないか?、などのチェック項目があります。それを確かめながらキーワード選定をしましょう、と。


しかし、オートレンダーの場合は「何でそのキーワードが上位表示できるのか?」という基準がわかりません。わかるのは、キーワードを入力してボタンをぽちっとすると、「上位表示されるであろうキーワード」が表示されるだけです。


オートレンダー実践者のブログをいくつか拝見させてもらいましたが、誰一人そこを気にかけている人はいません。言っていることは、このツールを便利ですよーという内容だけです。



キーワード捻出方法は秘密?


どうやら何を基準に関連キーワードが表示されるのか?は、非公開のようです。オートレンダーの販売サイトにはこのように書かれていました。

オートレンダーは、ワンクリックで
●トレンドを先読みできるキーワード
●検索数が急上昇中のキーワード
●これから話題になりそうなキーワード
●翌日に比べて検索数が増えたキーワード
などを、70件ほど一瞬で収集することができます。この各々特色がある4つのソースから、最新のトレンドキーワードを収集できるので、幅広いトレンドに対応できますし、ネタには困りません。
情報ソースは非公開とさせて頂きます


情報ソースは非公開。つまり、キーワード捻出方法は秘密ということです。僕は、ここに疑問を覚えました。


例えばトレンドアフィリエイトで100人が10万円を達成できたとすると、100人がそれぞれ「自分の教科書」を持っています。核となる部分は同じでもそれぞれに得意分野があったり方法があるんです。


ですので、オートレンダーに頼ってしまうということは、やまひろさん(オートレンダーの販売者)の思考を押し付けられていることになります。


「どんな方法を使っても稼げるんだったら何でもいい」と考える人はいいかもしれません。ただ、ツールに頼ってキーワード選定を行っては自分の教科書を作ることは、まずできないでしょう。

  • なぜ、このキーワードで上位表示ができたのか?
  • なぜできなかったのか?
  • このキーワードだったらいけるんじゃないか?ほら、やっぱりできた!


こんな試行錯誤があるからこそ、キーワード選定能力がつくんです。ツールを使っているからといって100%上位表示できるかといったら、決してそうじゃありません。


やまひろさんのプログラムがこのツールにインプットされているので、このツールは「やまひろさんならこう選定する」というデータが入っているだけだと思います。



トレンドキーワードは関連キーワード(虫眼鏡)だけじゃない


68b1535ea2bf2185acb7b7a82d58834e_s
オートレンダーはおもに関連キーワード(虫眼鏡)を拾って、狙えるキーワードを教えてくれます。つまり関連キーワードから狙える上位表示できそうなものを拾ってくるということですね。


しかし、これだと「数週間後に必ず表示される関連キーワード」は拾ってくれません。


例えば、この時期になると各地でマラソン大会が行われます。すでに日程も決まっているので予定は決まっているし、去年の大会の関連キーワードをみても、確実に今年も注目されるのは間違いない。


でも、オートレンダーだと「まだ関連キーワードになっていないから」という理由で、表示してくれません。つまり、現在流行っているものだけで、これから流行るキーワードは無視する、というわけです。


速報系には対応しているが、未来予測系には対応してくれないということですね。
【トレンドアフィリエイト】速報系と未来予測系のタイプ比較


これは非常に勿体ないと思うし、このツールだけに頼っていたら、未来予測系の記事は一切書くことはできません。自分の頭で考えないと流行りを予想することはできないということですね。



その他にも・・


オートレンダーには拾ったキーワードに対して、自動でコンテンツを集めてくれて、さらにリライトをすることができる機能がついています。


この機能に関しては、正直なところ全く…でした。ペラサイトやサテライトを量産させるなら使えるかもしれません。ただ、今のトレンドアフィリエイト業界はそれじゃ、すぐに飛ばされます。


検索ユーザーが自分のサイトに「タイトルに惹かれて」訪れてくるのです。なので、その訪れてくれる人の気持ちに応えることが記事を書くということです。


ツールは人の気持ちまで知ることはできません。ツールに頼ってしまうと、全くつまらないコンテンツになります。ここは絶対自分の頭で考えて情報を集め、記事を書かなくていけません。

自分の気持ちをこのツールに教えることができたら問題ありませんが。



ツールに頼らなくてもできるんです。


僕は何度も月収10万以上達成しています。ただ、それなりに自分の頭で考えて努力を続けていたからです。なにも難しいことなんてやってません(笑)

⇒ もちろんツールは一切使っていません!



トレンド(流行)は人の動きである社会現象のことです。つまり人の心が作り出しているものです。それをツールに頼ってしまうのは無理があるというのが僕の考えです。


ただ…オートレンダーの販売者である「やまひろさん」はとても好感の持てる方です。ブログやメルマガを読んでいるのですが、文章からその人柄が伝わってきます。僕の好きなアフィリエイターの1人でもあります。

それだけにこのツールに愛着を持てなかったのが残念だな、という気持ちです。また、このツールだけで大きな金額を稼いでいる人がいるなら、普通に尊敬します。僕はできなかったことなので。(皮肉で言っているわけじゃないですよ笑)

One Response to “オートレンダーを実践してみての感想(キーワード選定やリライト機能など)”

  1. オートレンダーを実践してみての感想(キーワード選定やリライト機能など) | ネットを使い在宅で仕事・副業をしてお金を安定して稼ぐ30代ジョイのブログ | 今速☆ニュース! より:

    […] もしれません。 [引用元] オートレンダーを実践してみての感想(キーワード選定やリライト機能など) | ネットを使い在宅で仕事・副業をしてお金を安定して稼ぐ30代ジョイのブログ […]

コメントを残す

サブコンテンツ