怪しいし危険?SNS・tsuの仕組みはネズミ講やネットワークビジネスと同じマルチ?

Pocket

unnamed
tsuはコミュニケーションツールとして普通に使うだけで、広告収入が得られるという側面が特徴であり、フェイスブックに変わるSNSになるのでは?とも言われています。

個人的にはtsuには人間関係を壊しかねない側面があるので、多くの人に受け入れられるか微妙部分があると思うのですが。。。

SNS・tsuの口コミや感想、評判!問題点や不具合はある?



収入が得る形は2つ



1つ目は自分のページに訪れたユーザーが広告をクリックしてくれると収入が入る仕組み。

その広告収入の45%が自分に入ります。
(広告収入100%=tsu10%+自分45%+親ユーザー45%)



2つ目は自分が招待した人から広告収入をもらえる仕組み

例えば、僕は「佐藤さん」に招待されてtsuに登録したとします。

「佐藤さん」は「田中さん」に招待されました。「田中さん」は「渡辺さん」に招待されました。

さきほど、僕が広告収入を得た場合、親ユーザーに45%渡るという話をしました。



その具体的な配分はこのようになります。

親ユーザーが45%得る場合

佐藤さん ⇒ 30%
田中さん ⇒ 11%
渡辺さん ⇒ 3.3%


この3人は自分のページから広告収入得たのではなく、招待した人から分配されて得ています。



一番得するのが佐藤さんですね。

この佐藤さんのように、自分のリンクから招待した人が多ければ多いほど、自動的に広告収入が多く入る仕組みを作れます。

【画像で解説】SNS、tsuの招待方法と使い方。投稿や削除のやり方。
SNS・tsuの稼ぎ方は子ユーザーや孫ユーザーを増やすこと?芸能人に招待する?


・・・でもこの形って、アレにそっくりじゃないですか?


tsuはMLMなの?


マルチ商法(マルチレベルマーケティング)

マルチ商法とは、口コミや代理店によって自分の代わりに販売を行うビジネスのことを指しています。

「マルチ」という言葉を聞いてしまうと抵抗感を示してしまう人もいるかもしれませんが、マルチ自体は悪いものではありません。



例えばネットワークビジネス。

これは自分が勧誘した人が、入会金を払い、ある「ネットワーク」に入ります。

そして、ある商品を購入することで、自分に収入が入るという仕組みです。

このネットワークビジネスは合法とされています。



悪徳マルチの反対はネズミ講です。

ネズミ講はネットワークビジネスと仕組みは似ていますが、決定的に違うのが「商品」がないということです。

第三者に「ネットワーク」に勧誘するだけで報酬がもらえます。(微々たるもの?)



一人でも多くの人に勧誘して「ネットワーク」に入ってもらうことで、商品もなく成り立っているビジネスで、これは無限連鎖講にあたります。

第5条 無限連鎖を開設し、または運営したものは3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に処し、またはこれを併科する。
第6条 業として無限連鎖講に加入する事を勧誘した者は、1年以下の懲役または30万円以下の罰金に処す。
第7条 無限連鎖講に加入する事を勧誘したものは、20万円以下の罰金に処す。


  • 商品がなくお金のやりとりのみ
  • 入会金や会費が高額
  • 会社のビジョンがない

これらに当てはまるのがネズミ講です。

ただ、ネットワークビジネスの商品も粗悪品が多いという話もあるので、ネズミ講と同じという解釈をしている人も多いです。



これらのマルチ商法とtsuが共通している点は、第三者を勧誘することで、自分に収入が入るということです。



この仕組み自体を悪い言い方で語れば、自分の利益のために相手は利用する、ということです。

アメリカでは、すでにtsuが完全に成り立っているようですが、日本人は毛嫌いする人が多いように思えますね。


だったら、tsuよりも別な方法を使って同じようにお小遣い稼ぎをしたほうが良いと思うのですが。

結局、SNSのTSUは儲かるか儲からないのか?他に稼げる方法は?


そもそもSNSは、インターネットという媒体を使って、多くの人とコミュニケーションを円滑に図れるのが素晴らしい特徴だと思います。

そこに「お金稼ぎ」という考えが入ってきてしまうと、純粋に人と気持ちのやりとりをするのが難しくなってしまうでしょう



人を勧誘して、自分に収入が入るという絶対的な形がtsuにはあるので、「ネズミ講と一緒だ!」と解釈する人いても全く不思議なことではないと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ