top3

ランサーズの依頼(システム)手数料が高い?比較すると?

Pocket

6aa7a6d771aef617d8b6fdf63e9f4420
クラウドソーシングのおかげで、私たちのような記事作成を依頼する人と手軽に自宅で仕事をしたい人を結びつける場所ができました。

つまりクライアント(依頼する側)とランサー(仕事を請け負う側)の間を取り持ってくれるわけですが、そこには手数料が発生し、それがクラウドソーシングの利益となるわけですよね。

やはり利用する側としてもこの手数料がどれぐらいかかるのかということは事前に知っておきたいことでしょう。


手数料は安いのか?高いのか?

まずは依頼するときにどれくらい手数料がかかるのか?

ランサーズのサイトにはこのように書かれていました。

0b77539dab7a20227a6e7d6ca760e77a
  • 10万以下 ⇒ 20%
  • 10万~20万 ⇒ 10%
  • 20万以上 ⇒ 5%


アフィリエイトで記事作成をお願いする場合、10万円以上かかるということはあまりないと思うので、20%かかってしまうと考えていれば良いでしょう。

20%かかってしまうというと、かなり手数料を取られるな、という印象がありますよね。

100円と120円の自動販売機があったら、何がなんでも100円のほう利用したいと思いますし。



ただこの20%という手数料は、クラウドソーシング的には高いものなのか安いものなのか、他と比較してみないとわからない部分ではあります。

そこで利用者からランサーズ並みの人気を誇るクラウドワークスと比較してみましょう。

クラウドワークスのサイトを見るとこのようになっています。

13ff2a1983608b0e827aeb0b5ea0e9a8
・・・全く同じですね。トップ画面も似たような感じなら、システム利用料もまったくもって同じなわけです。

以前、クラウドワークスは20万以上の依頼の場合は無料でしたが、最近は変わったようですね。


もっともシュフティのようなクラウドソーシングを例にだすと、すべての手数料が10%ということなので、それらと比べるとちょっと高いと思いますが。

ただ、それなりに質の高い外注さんがランサーズやクラウドワークスには揃っていますので、20%支払う価値はある…と個人的には思っています。



というわけで、ランサーズのシステム手数料は20%ということになります・・・と、結論したいところですが、ちょっとおかしいことがあるんです

実はランサーズの手数料は20%となっていますが、どうやら実質手数料25%でとられてしまうんです。

ランサーズを使用して間もない頃は「俺の計算が間違っているのかな」なんて思っていたのですが、やっぱり計算は間違っていなかったようです。


具体的なことは、こちらのページで紹介してますので参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ