日本語ドメインのトレンドアフィリエイトブログでエイジングフィルターにかかりやすい?

Pocket

wired up
基本的にトレンドアフィリエイトは3ヶ月ほどで月収10万円を稼げると言われています。


書けば書くほどアクセスが増えることもあるし、ある時急に爆発的に増えることもあります。


しかし逆に、アクセスがなくなってしまうこともあります。


Googleからペナルティーを受けてしまうと、このような現象に陥いることがあります。


また、それ以外にもエイジングフィルターというものにかかり一時的にアクセスが低下してしまうことがあるんですよね。

エイジングフィルターとは?

エイジングフィルターとは新規ドメインを立ち上げてしばらくすると不意にGoogleから課せられる現象と言われています。


現象としては自動ペナルティーと似ていますが、決定的な違いが一つだけあります。


自動ペナルティーはいつ復帰するのか見当は付きません。


ですが、エイジングフィルターにかかった場合は一定期間を過ぎたら必ずアクセスが復活するということです。


しかし実際には、Googleはエイジングフィルターがあるということを正式には発表していません。


そのため「エイジングフィルターなど存在しない」という人もいます。ですが「エイジングフィルターのような現象」が起こるということは間違いありません。


僕も「エイジングフィルターのような現象」はあると思っていますが、誰でも必ず受けるわけではないと思っています。



トレンドアフィリエイトでも起こりえる?

では、エイジングフィルターを受ける人と受けない人の違いは何なのでしょうか?


僕は一時的にアクセスが伸びたり、その結果被リンクが増えたりするとエイジングフィルターにかかりやすいのではないかと思っています。


つまりトレンドアフィリエイトでいうと、アクセスが伸びてきた頃や爆発することができた頃に訪れやすいということです。


しかし、Google の社員がいちいちチェックするわけでもありません。


アルゴリズムには、エイジングフィルターがないと言われているので、どんなタイミングでアクセスがなくなるのかは謎の部分が多いです。


正直、どんなシステムでチェックしているのかは誰にもわかりません。


しかし逆に一つの記事が大きく注目されたり、アクセスが急上昇することがなければ、実際にエイジングフィルターを感じることはないと言われています。



日本語ドメインはエイジングフィルターの原因にはならない

ちなみに日本語ドメインはエイジングフィルターにかかりやすいと言われています。


ですが、はっきりとした根拠がないので信憑性に欠けるのかなと僕は思っています。


ドメインを日本語にする(ピュニコードを使う)というのと、アクセスが一時的に下がるということの繋がりがいまいち不明だからです。


どちらにせよ、エイジングフィルターにかかってしまったものは仕方がないと思います。


その時は、そのブログは放置して新しいブログを立ち上げることがベターでしょう。


コメントを残す

サブコンテンツ