賢威使用でトレンドブログでのアドセンス広告の貼り方と関連記事タグの設置場所

Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
賢威はリアルビジネスの人にとっても、ネットビジネスの人にとっても、人気のあるテンプレートです。

それはトレンドアフィリエイトをやっている人にとっても同じことであって、賢威を使うようになってから上位表示されやすくなった、と実感される人も少なくないようです。


トレンアフィリエイトですので、アドセンスを貼ることが多いですが、基本的には記事上と、記事下に貼ることが多いかもしれませんね。

記事上にアドセンスを貼る場合


記事上、もしくはなるべくページの上のほうにアドセンスを貼ることはクリック率を高くするためには有効なことです。

ということで、ここでは賢威を使った際の記事上に貼る場所を説明したいと思います。

※スマホ画面のファーストビューにレクタングルのアドセンス広告を貼ることは違反ですので、記事上に貼る場合は横長のバナー広告を貼ることにしましょう。



「外観」→「テーマ編集」→「単一記事の投稿」と進みます。

296b5fa3fe65989b13a3776a6ce4bc7a-e1413274516838                   

少し下にスクロールすると、目印としてわかりやすいのが「social-button」や「本文」という文字です。

70889cd64bc9b5f6aab75e6eaf893907

この間にアドセンス広告を貼り付けて保存すればOKです。アドセンスを貼る場合は必ずラベルも貼ることにしましょう。

スポンサードリンクは違反?アドセンスのラベルは正しく表示させることが必要



記事下に貼る場合

では、続いては記事下に貼る場所です。

この場合も、さきほどと同じく「social-button」を目印として、その下に貼り付けましょう。
(上でも問題ありませんよ)

99e7bce2f8c74584c08160b133cb4042


そして、記事下というと関連記事を表示させることも多いですよね。

例えばwordpress related postsというプラグインを使用するためには、<?php wp_related_posts()?>というタグを特定の場所に貼り付ける必要があります。


まず考えなくていけないことは、関連記事をアドセンスの上に置くのか?下に置くのか?ということです。


なるべく滞在時間を増やしたり、内部リンクを充実させたいときはアドセンスの上に置くのがいいし、なるべく多くの報酬を得たい場合は、アドセンスの下に関連記事タグを置くのが良いでしょう。


僕はなるべく報酬を上げたいと思っているので、関連記事タグの上にアドセンスを置いています。


これは好みの問題なので、自分のブログをどうしたいのか?ということを考えて答えを出すことにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ