top3

アフィリエイトでお金を稼ぐ意味を考えてみる

Pocket

alphabet-140054_640
アフィリエイトなどのネットビジネスをはじめる大半の人の目的というとお金を稼ぐことです。

普通では考えられないような、金額を稼ぎたいがために、必死に作業を続けることになります。


その結果、ネットビジネスをはじめてからわずか半年で100万、1年で1000万稼げる人が時々でてきます。

この金額をみると、とんでもないセンスを持っている人がいるものだな、と感じる人は多いですよね。


しかし、ネットビジネスは才能がなくても、自分の見せ方お金を使うことで、案外できてしまうことがあるようです。

自分の見せ方とは、「自分を良く魅せる見せ方」であり、お金を使うとは「お金を使って広告をだし集客をする」ことです。


センスがある人、自分の見せ方、お金を使う人。


2つはまったく別ですが、稼いだという金額が同じという場合があります。


ただ、双方には決定的な違いがあります。

それが底力です。


影響力は、本物の武器にもなり、おもちゃの武器にもなる

たしかに、結果はそうだけど、よく考えてみると「それってどうなの?」という見せ方がネットビジネス界には非常に多いと思います。


  • 月収100万円稼いだ → 毎月100万稼いでいるわけではない
  • たった30分でできる → 作業は30分だけど、その前に準備したり考えることが前提
  • メール1通で300万 → セールスしたのが1通だけで、その前には長い「教育」の期間がある


間違ったことは言ってないけれども、深く突っ込んでみると、読者としては腑に落ちない。

良い、悪いは置いておくとして、こんな見せ方は非常に多いです。


ただ逆に言ってしまうと、この見せ方を上手くやることができれば、稼げてしまうことがあります。

またお金を持っていれば、ネット上に広告を出すことができ、集客を簡単に行うこともできます。


集客が簡単にできてしまい、見せ方を工夫すれば、あとは自然と自分から商材を買ってくれるようになる、というわけですね。



問題はその先です。



自分から商材を買ってくれるようになりました。

しかし・・・

  • その教材には何一つ特別なことが書かれていない
  • 今ではその方法で稼ぐことが難しくなっている
  • 販売前と販売後の態度がまったく違う
  • サポートをしても迷惑そうにあしらわれる
  • 根性や精神論だけのアドバイス
  • 稼げないのは「あなたのせい」と遠回しに伝えてくる


こんな意見が多くなってくると、その人の評価が一気に下がることになります。

下がった評価は、後にネット上で口コミや悪い噂を立てられ、「コイツはダメだ」という評価をくだされることになります。

上がった評価を下げることは簡単ですが、下がった評価を上げることは、とても難しいことです。



一方、センスの良い人というのは、

  • 見せ方だけじゃなく、教え方も上手い
  • どうすれば人が成長できるのか知っている
  • 相手の問題点に対して、自分がアドバイスできることを考える
  • 自分と相手が成長できる道を選ぶ


単純に指導者に適した人と言ってしまえはそれまでですが、それよりもネットビジネスを始める前に十分に、一定期間何か1つのことを取り組む訓練をして成果を出したことのある人、なんだと思います。

センスの良いと言われる人は、このネットビジネスを始める前に、すでに底力を蓄えてきた人です。


こう考えてみると、大きな実績を残して評価が下がってしまう人は、ネットビジネスを始める前に「そういうこと」をしてきた人であり、「そういう考え」を持っていた人ということになりますね。


良い影響を与えている人か、悪い影響を与えている人か。



時間が経てば必ずバレてしまうものだし、後者の人は「アク抜き期間」として心を改める期間というのが必ず訪れると思います。


弱者の戦い方

僕はといえば、センスがあるわけではなく、ネットビジネスを始める前に一定期間、何かに打ち込んできたタイプでもないと思います。

だからといって、見せかけだけで自分をブランディングするつもりもありません。

どうせバレてしまうし、僕の情報を受け取ってくれている人はガッカリもさせたくないですし。


こんなタイプは、底力を地道に貯めるしかないと思っています。


やはり石の上にも三年と言われるように、一定期間1つのことに集中して勉強をする期間は大切だと思っています。
(ネットビジネスの場合、一定レベルになるまでは三年も必要ないと思いますが)

だから、僕は現在の状況を修業の場として捉えるようにしています。



しかし、何も僕の方法が絶対正しいわけではありません。



大きな結果をだし、自分に圧を加えることで成長をするタイプもあるでしょう。

どちらにせよ、自分の底力が必要になるときが必ずくると思うので、日々の作業で確実に学び、自分の血肉としていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ