top3

低所得の男性と結婚できたり子供は産める?幸せになれるか、諦めたほうがいいか。

Pocket

piggy-bank
やはり恋愛の先には結婚を見据えてしまいます。

普通につき合っていくのとは違い、一緒に生活をすることなので、彼氏に対して金銭面が気になることは仕方がないことです。



一緒に住んだら生活にはどれぐらいかかり、子供ができたら幾ら貯金しなくちゃいけないのか。

これらを考えることは当然のことであり、相手の経済力に頼る部分が必ず出てきます。



しかし彼氏の仕事があまり給料がもらえない。

そういった場合、将来のことを考えると結婚を踏み込むのをとどまってしまうことがあります



ネット上でこのことを考えてる人は実に多く、個人の問題ではなく社会問題になってきてるのかなという感じがします。



というのも、給与が低いというのは、その人のせいではなく日本社会全体が低所得になってきているということです。

もっと具体的に言うと、格差が広がりつつありお金を持っている人とお金があまりない人にはっきりとわかれているということですね。



ですので、給与が低くて仕方がないと考えるのか、或いは探すのは大変だけれどもしっかりと給与をもらっている人を探すのか。

二つに分かれるということになります。



どちらに決めなければいけない。

このことを考えてみると、実は男性の問題ではなく、女性側の問題であるということに気が付きます。


  • 彼氏の給与が低い、だから自分も頑張る。

  • 彼氏の給与が低い、だから結婚をすることはできない。



どちらがいいとかどちらが悪いという問題ではありません。



そもそも結婚とは、契約ではなく結婚「生活」のことです。

養ってもらうのが結婚生活と考えるのか、苦労したから一緒に入るのが結婚生活と考えるのか。

これは2人の関係によって、正解が決まります。



正解が決まらないうちは、お互いに考え方が違うということなので多少なりとも関係がぎくしゃくしてしまうこともあります。

ただこれは、2人が正解を見つけるまでの過程であって、結婚を決めるまではとても大事なステップになります。



ここで関係がだめになってしまえば、2人の信頼関係はそれまでの話だし、その問題を乗り越えることができれば、さらに一層、絆というものは強くなるでしょう。



2人にとって正解が決まれば、あとはお金を作ることですよね。

彼氏が転職をするのか、自分が仕事を変えるか・・・考え方は様々です。



僕はネットビジネスをしているので、本気でやってみるのも、副業程度でやってみるのも、お小遣い稼ぎでやってみるのもすべて賛成します。

(自分でやるのも、彼氏さんに勧めてみるのも、どちらでもOK)



月収あたり、プラス数万円稼ぐことにより生活の質が全く違ってきますので、僕としたら多くの人にチャレンジして欲しいなと思ってます。


現在僕は1人でも多くの人にネットビジネスの素晴らしさを広めたいと思ってるで、お金のことで不安を抱いている方は、僕のメルマガを読んでみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ