top3

コツは?アフィリエイトブログで文章が書けないストレスを解消しよう!

Pocket

3086674683_4696abc23a

アフィリエイトをするには、文章書かないということから逃れることはできません。

自分の言葉を使い、読んでくれる人に対してメッセージを伝えることが基本的な目的だからです。



ただ中には文章を書くのが苦手な人もいて、それが苦痛でアフィリエイトを辞めてしまうという人もいます。

特に普段から文章を書くことに慣れていない人は、「アフィリエイトが稼げる!」という期待とともに始めますが、イヤになってしまう人もいます。



僕はやっぱり文章を書くなら、自分が楽しいと思って書くことが一番だと思います。

その方が長続きすると思うし何よりも文章力が上達しますし。



アフィリエイトをするという目的で記事を書くということは、正直それほど楽しい記憶がありませんでした。

僕が始めに行ったのはトレンドアフィリエイトというジャンルは、とにかく記事を書くことが多い作業が続きます。



良い文章を書くというより、一つでも多く文章を書くことが目的でした。

ただそれだけでは正直辛いんですよね。



アフィリエイトとして成果が出てくるのは嬉しいことでした。

ですが、「書くのが面倒だなー」という気持ちはつねに持っていたような気がします。



あまり大きな声で言えないのですが、自分の心にもない文章を書くというのは、地味だし文章を書く面白さはあまり感じませんでした。
(ただ、その時期があったからこそすごく勉強できたことは確かです)



それはモチベーションの低下にも繋がることになるし、何よりも自分書いて楽しくないと思っている文章は、必ず読み手にも伝わるようです。

いくつか批判的なコメントをもらったこともあるので。



しかし、記事のネタによってはすごく楽しく書くこともできました

ネタを調べることも苦痛じゃないし、何文字書いても集中している状態です。



集中して書いているので疲れることもあるのですが、書いた後に心地良さが残る充実した気持です。

やはり記事を書くなら、ここを目指すべきだなということを何度も感じさせられました。



しかし、なかには「楽しい記事を書くよりも、まずは稼げるようになりたい!」と思う人もいるでしょう。

それは、それでアリだと思います。



ネットビジネスをしてお金を稼げるようになることが、ほとんどの人の第一目標だったりするので、そのために文章を一生懸命書くという行為はまともなことです。



まずは稼げるために頑張る・・・と思うことは大事なことです。

稼げるようになった自分を想像してワクワクしながら、作業を続けるということはモチベーション維持には大事なことですし。



ただ、そこで「楽をして書く」というクセをつけてしまうと、自分の言葉に強さを持てなくなってしまいます。

はじめについたクセを無くすのはけっこう難しいことなので。



力を抜いてサラッと書く文章によって自分のビジネスが成り立つなら、それでもいいですが必ずそこには限界がやってきます。

その壁にぶつかったことに気付いたら、少しずつでいいので文章を書く楽しさをみつける努力をすればいいのでは、と思います。



僕の場合は、本を読んでいると色んなことを自然と考えてしまうので、そうすると「この考えていることを記事にしたい!」と思うことがあります。

それに素晴らしい文章を読んでしまうと感動するので、真似したくなるんですよね(笑)

これが僕の記事を書く原動力の1つだったりします。



この気持って「誰かに知ってほしい!」という共感を求める人間のまっとうな感情だと思います。

あなたも必ず誰かと共感したいスイッチがあると思うので、自分をよく観察してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ