top3

ズルすぎる?男性より女性のほうが圧倒的に簡単に円満退職できる理由

Pocket

Checklist-When-an-Employee-Resigns_image

仕事を辞めるには、本音はいろいろあっても、なるべくそれを隠して円満に退社をすることが基本です。

しかし、「一身上の都合で・・・」とか「夢を追いかけたいので・・・」などと言ってしまうと、具体的な説明を必ず求められることになります。



そこでハッキリと説明出来たらいいのですが、なかなか答えられないですよね。

だって、ほとんどの場合その理由は完全なる建前ですから(笑)

会社の不満がほとんどですが、それを隠して、建前の理由を述べているのがほとんどですよね。



だからこそ、なるべく建前の理由を並べるときも説得力があるセリフが欲しいわけです。

そんなことを考えてみると、男性よりも女性のほうが圧倒的に辞めやすい立場であることがわかりました。



女性のほうが簡単に仕事を辞めることができる理由


以前の日本では男性が仕事にでて、女性は家を守るという形が一般的でした。

それが、女性の社会進出が増えてきて、なかには「専業主夫」という言葉も生まれてきたように、男女の立場が逆転してしまう現象もよく耳にするようになってきました。



それでも、現在会社の上司というと、50,60代が多いために、「古い考え」を持っている人が非常に多いです。

さすがに男尊女卑とまではいいませんが、会社内で差別的なことをされた方もいるでしょう。



・・・実は、女性がやめやすい理由というのはここにあります。

女性は家にいて家庭を守るべきだ。これを逆手に取ります。


1,既婚者の場合


女性の中でも最も辞めやすいのが既婚女性です。

では、どんな理由を言えば良いのかというと、以下の通りです…。


  1. 家事に専念しろと言われる
  2. 自分ではこれからも仕事を続けたいと思っているが、家族が反対するので、どうしても辞めざるを得ない。さすがに、上司が家族に説得するということはあり得ないので、仕方なく首を縦に振ってくれる可能性が高い。

  3. 旦那の転勤
  4. もしも、旦那が転勤が嘘だということがバレてしまったら、ちょっと面倒なことになってしまうかもしれなません。ただ、会社に仲の良い人がいなく今後は付き合いがない、もしくはバレてしまっても構わない、と思っている方にはいいかも(笑)

  5. 育児に専念したい
  6. お子さんがまだ小さく、家族や旦那と話し合った結果、自分が会社を辞めて子どもと一緒にる時間を優先しようという話しになった…ということを伝える。「子供が大きくなったら職場に復帰したい」ことを、根拠がない場合でも伝えておけば好感度も高いですね。



2、独身女性の場合


結婚をしていなくても、以下の理由なら、納得してもらう可能性が高いです。

  1. 親の介護をすることになった。
  2. 思い病気にかかってしまった、物忘れが激しくなって面倒をみることが必要になった。仕事よりもやはり家庭の事情を優先するのは当然のことです。ただこの場合、嘘で言ってしまうと余計に上司に心配されることになってしまうので、何かしら根拠がある場合のも使えるセリフでしょう。

  3. 実家に帰らないと行けなくなった。
  4. 例えば自営業をしているなど、引き継ぐまでは言わなくても手伝うことになった、までのことを言えばOKです。実家に帰らない理由というのは、「家庭の問題」なので、たとえ上司でもそこに他人が介在する理由はありません。



また、これ以外にも女性でも男性でも正当な理由として認められるものがあります。

それは、病気になったからという理由。

何も大きな病気にならなくても、例えばうつ病などの精神的なもの場合は仕方のないことですよね。



また、本当に人間関係に疲れてしまった場合にもこの理由が使えます

その場合は、口頭で伝えても「もっと頑張れ」とか「仕事とはそういうものだ」と言われるパターンがほとんどなので、証拠が必要になってきます。



この場合、証拠とは「診断書」のことですよね。

実はこの診療内科系の診断書はあっさりもらえます(笑)



精神の病気は調べてもわからないことなので、自分の病状を細かく説明して、病院の先生に診断書を作ってもらいたいということを書けば問題ありません。



・・・



仕事が辞めたいというのは、職場に問題があることがほとんどですが、やはり一番の原因は「やりたくもないことを、やっている」からです。

やりたいことができているとしたら、仕事を辞めたいという気持すたおきません(笑)

自分で自ら就職したくて、その職場を選んだのにも関わらず、「やりたくもないことを、やっている」から「やりたくもないことを、やらされている」に変化してしまったとしたら、ちょっと仕事に対して、もう一度素直に考えなおす時期かもしれません。



例えば、僕はネットビジネスをしていますが、人間関係のストレスは皆無です。



自分の好きな人だけとか変わって、自分のやりたいことをやって、平均的なサラリーマンよりも大きな金額を稼ぐことができる。

これは、不公平なことでもなんでもなく、れっきとした事実なんですが、そんな人こそネットビジネスを始めてみたらいいのになぁ、なんてことを素直に思ってしまいます。



ちなみに、僕のメルマガではネットビジネスがどういうものであるので、わかりやすく語っているんで良かったら登録してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ