フォローマティックのエラー「リストなし」は標準モード、再起動で解決できることも

Pocket

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-330x208

フォローマティックはツイッターのフォロワーを集めるのに大変役に立つツールですが、時々エラーも出てくることもあります。

大抵はマニュアルを見ていると解決できるのですが、どうしてもわからないこともあります。



例えば「リストなし」が表示される場合。

2ce6f967d50b01d7e630d90b8ff446ce

通常だとこの場合は、フォローする対象がいなくなった場合、またはフォロー条件を厳しくすることで表示されることがあります。

ですが時々、作ったばかりのアカウントにもかかわらず、また属性の枯渇するような単語でもない場合にも、「リストなし」と表示される時があります。



これにはとても悩んだのですが、ある時単純な方法を試してみたところ気が付いたらこの現象がなくなっていたので、今回はそれを紹介してみたいと思います。


「リストなし」が表示さえる原因



僕が行った対策は以下の通りです。

  1. 標準モードに変える
  2. ツールを再起動
  3. 登録解除する
  4. アクティベーションを解除する



1.標準モードに変える


まずアカウント作ったばかりの頃やフォロワーが2000人を達成していないときは、自動的にフォローマティックモードでフォロワーを増やすかと思います。



ですがこのフォローマティックモード時にリストなしという表示が出てしまった場合、一度標準モードに戻してみることをおすすめします。

標準モードに変えると、フォロー人数などが少なくなりますがそれをフォローマティックモードと同じ人数に直します。



そうすることで形としてはフォローマティックもその時にフォローする状態と同じようになります。

標準モードに変えると、何も問題なくスムーズにツールが動くということがあるので試してみましょう。



2,ツールを再起動


一度フォローマティックを終了させます。

終了というのは停止という意味ではなく、フォローマティック自体を一度消すということですね。

11e1275cf8ec2844c5f64e235c5ff65a

パソコンでも調子がおかしくなったときに再起動すれば元通りになるということはありますが、要はそれと同じです。

おかしい状態になったら再起動させるというのは、よく耳にすることですが、これはフォローマティックにも通用するようですね。



3.登録から外す


ツールを再起動しても変わりがない場合は、一度登録から外してみましょう

dcb2c9519b848f6c1c69e4e675b07c7d

一度登録を解除してしまうと「フォローしていたデータ」が消えてしまうので、もったいない感じもしますが、これでツールの動きが正常に戻るならよしとしましょう(笑)



4.アクティベーション解除


最終手段はアクティベーション解除です。

12ea5d8355698e7c3d293efa0db86400

つまりフォローマティックを初期化するということなので、最終手段ですね。

ここまでしてしまった場合は、もしかしたらダウンロードをツール自体に問題があるかもしれないので、もう一度新しいフォローマティックをダウンロードすることをおすすめします



質問は積極的にしましょう


いろんな方法を試してみたけれども問題が解決されない、という場合はお問い合わせをしてみましょう



お問い合わせすることに最初はちょっとと抵抗があったのですが、一度聞いてみるととても親切に対応してくれるし、返信も2日もたたず返ってきたので、とても好感を持ちました。

ですので、ヘルプを見ても問題が解決できなかった場合は具体的な悩みをまとめてから聞いてみましょう。



ツールですので使っていると不具合が出てくるのは仕方のないことでもあります。

わからないことをわからないままにしておくのではなく問題はなるべく早く核解決した方が良いと思うので、
フォローマティックにかかわらずお問い合わせは説教をした方が良いかと思います。



実はお問い合わせをしていると自分にとっても利点があって、それは質問が来た場合にどのように対応すればいいのかがわかるということです。

実際に、自分のサイトに質問や相談を寄せられた場合はどのように対応すれば良いか?という視点を頭に入れておくと、勉強になることがたくさんありますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ